2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

2017年12月31日 (日)

No.333 2017年 私の15大ニュース(その2)

 続いて、第9位~第15位である。 【第9位】大阪憲法ミュージカル「無音のレクイエム」の再演に協力したこと  昨年6月に行われた大阪憲法ミュージカル「無音のレクイエム」が、今年10月6日~9日に再演されることになった。随所に前年からバージョンアップした箇所が見られたが、前年の再演ということでチケット...

» 続きを読む

2017年12月30日 (土)

No.332 2017年 私の15大ニュース(その1)

 一昨年、昨年に続いて、私にとって大きな出来事だったことを整理しておきたい。今回も、前半(第1位~第8位)と後半(第9位~第15位)に分けて書くことにする。 【第1位】弁護士登録30年目を迎えたこと  私は1988年に弁護士登録したので、今年は30年目の節目の年であり、9月30日には、司法研修所第4...

» 続きを読む

2017年12月10日 (日)

No.331 過労死・過労自殺の正当な認定のために、認定基準の改正を

 現在、過労死・過労自殺(自死)が労働災害に当たるかどうかは、厚労省が定めたそれぞれの認定基準に基づいて、労働基準監督署が判断している。この認定基準の内容と運用が適切でなければ、過労死・過労自殺の遺族が切り捨てられるばかりか、労基署による是正勧告や刑事訴追、企業名公表といった措置も執られず、過労死・...

» 続きを読む

2017年11月12日 (日)

No.330 マー君の詩「ぼくの夢」が歌になりました

 皆さんは「ぼくの夢」という詩をご存じだろうか。  この詩は、2000年3月にお父さんを過労自死で亡くした、当時6歳(小学1年生)の「マー君」が書いた詩である。お父さんの命をどうすれば救うことができたのか、小さな胸を痛めながら考えたこの詩は、読む者の心を打つ。  2011年11月から始まった過労死防...

» 続きを読む

2017年11月 4日 (土)

No.329 過労死防止啓発シンポ大阪会場、参加者・内容とも充実

 連休前日の11月2日、大阪・梅田にあるコングレコンベンションセンターで「過労死等防止対策シンポジウム大阪会場」が開かれた。  2014年に成立・施行された過労死等防止対策推進法(過労死防止法)は、毎年11月を過労死等防止対策推進月間と定め、毎年11月を中心に国(厚労省)主催で各地でシンポジウムが行...

» 続きを読む

2017年10月 9日 (月)

No.328 昨年よりバージョンアップした「無音のレクイエム」に感動

 No.323で紹介した、大阪憲法ミュージカル「無音のレクイエム」が10月6日~9日の4日間の日程(1日2公演で8公演)で始まっている。  私は、3日目の10月8日(日)15:00からの夜の部を観てきた。  昨年に続いて2年連続ということで、来場者数が心配されたが、座席は9割方が埋まっている感じだっ...

» 続きを読む

2017年10月 2日 (月)

No.327 30年前の修習時代に一気にタイムスリップ──司法研修所第40期30周年記念大会に参加して

◆9月30日、博多にある「ヒルトン福岡シーホーク」で「司法研修第40年30周年記念大会」が開かれた。  司法試験の合格者(私たちの頃は約500人)は、司法研修所に入所し、2年間(現在は1年間に短縮)司法修習を受ける。修習は①「前期修習」、②各地に配属されて行う「実務修習」、③「後期修習」の3段階であ...

» 続きを読む

2017年9月17日 (日)

No.326 5年ぶりの「君と歩いた青春2017」

 昨日9月17日(土)、大阪城ホールで開かれたコンサート「君と歩いた青春2017」に行ってきた。  このコンサートは2009年から始まり、今年で9回目とのことである。  私は2012年に一度行ったことがあったが(No.92 同世代の観客のなごみ感──LIVE「君と歩いた青春」(大阪城ホール))、今回...

» 続きを読む

2017年9月11日 (月)

No.325 42年後に観た「タワーリング・インフェルノ」

▼8月19日にBSで放映された映画「タワーリング・インフェルノ」の録画を、この週末に観た(表題の意味は、「そびえ立つ地獄」とのことである)。  この映画は、1974年のアメリカ映画で、私が大学受験浪人中だった1975年に日本で公開され、当時の洋画ヒット作の最高を記録したという作品である。 ▼舞台は、...

» 続きを読む

2017年8月31日 (木)

No.324 「孫はなぜかわいいか」についての一考察

 7月16日、長男夫婦に、私たち夫婦にとっては初孫にあたる男の子(たっくん)が生まれ、お母さん(お嫁さん)と一緒に1週間後の7月22日から我が家で過ごしてくれた。妻は、これまで事実上使っていなかった和室をきれいにし、私も小さなベッドを組み立てるのを手伝ったりして迎えた。  この間、授乳、入浴、あやし...

» 続きを読む

«No.323 今年もやります!大阪憲法ミュージカル2017「無音のレクイエム」にご来場を!

無料ブログはココログ