2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

« No.3 「就活とブラック企業」についての、私たちの本ができました | トップページ | No.5 「元祖 マンガ・アニメ世代」 »

2011年3月18日 (金)

No.4 まず自分を励ますこと

 連日、新聞もテレビも大震災と福島原発事故関連の一色である。
たくさんの悲しすぎる出来事が生まれている。懸命に救助・支援をしている人がいる。自らの命を危険にさらして原発への放水・冷却作業に挑んでいる人がいる。
そんな中で、自分は何もできないのに、何か落ちつかない、イライラする、元気が出ない、と感じている人は多いのではないだろうか。

私自身そのように感じていたところに、北海道新聞に掲載された香山リカさんの寄稿のことを、知人から教えていただいた。

(以下、引用)
「あなたの力が必要」その日のために

 これを読んでいるあなたは、とりあえず今は安全な場所にいるのだろうか。

 だとしたら、どういう状況であるかにかかわらず、まずは「私は、大丈夫」と自分に声をかけ、安心させてあげてほしい。

 もちろん、親族や友人と連絡が取れなかったり避難所や病院にいると聞かされたりして、「とても、自分を安心させるなんて無理だ」と思う人もいるだろう。懸命の救援活動の映像を見ながら、「自分のことなんて、今はとても考えられない」と憤りにも似た気持ちを抱く人もいるかもしれない。

 それでも私は、「まず自分を励まして」と言いたいのだ。

 日本を襲った未曽有の大惨事。今はこの国に住むほとんどの人たちが、この大災害に関する情報、そしておびただしい映像に連日、接し、これまでとは違った毎日を送っている。たとえ直接、大きな揺れを感じたり津波を目撃したりしていない人でも、かなりリアルな「疑似体験」をしていると言っていい。

 そうなると、私たちの心は、被災地にいる人にも匹敵するような大きなダメージを受ける。そこには心の傷、つまりトラウマも発生する。実際、テレビの映像だけから深刻なトラウマ後遺症が発症した例が、アメリカの同時多発テロの後、いくつも報告されている。

 眠れない。不安で胸がザワザワする。気持ちが落ち込んで無気力になる。逆に、「何かしたい」と思い、目的もないまま動きまわってしまう。人と話していてもやたらとイライラする。これらは、すでに心が深刻な傷を受けていることを意味している。

 被災地で実際に大きな打撃を受けた人が無数にいるのに、そこから離れた場所にいる人までが、トラウマで心身を病んでしまったらどうなるだろう。助けの手を差しのべるべき立場にいる人が、心のケアを必要とするようになる、といった事態は、何としても避けなくてはならない。

 これからは、日本中がお互いを支え合い、励まし合って、立ち直っていかなくてはならないのだ。そのためにも、まずすべきことは、自分で自分を守ること。そうできる人は、ゆっくり体を休め、食事をきちん取り、お風呂に入って体をあたためる。「被災地の人に申し訳ない」と思う気持ちもわかるが、そうやって自分を維持することが直接、被災していない人の義務だと思う。

 「あなたの力が必要」と言われるその日に備え、自分の生活と健康を守る。それが今、私たちにできる最大限のことなのではないだろうか。
(引用終わり)

 タイムリーな、すばらしいご寄稿だと思う。
 私を含め、救われた気持ちになった人は多いのではないだろうか。
 香山リカさん、ありがとう。

         ↓   ↓   ↓  
♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.3 「就活とブラック企業」についての、私たちの本ができました | トップページ | No.5 「元祖 マンガ・アニメ世代」 »

6-7 ニュース一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/51154747

この記事へのトラックバック一覧です: No.4 まず自分を励ますこと:

« No.3 「就活とブラック企業」についての、私たちの本ができました | トップページ | No.5 「元祖 マンガ・アニメ世代」 »

無料ブログはココログ