2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

« No.5 「元祖 マンガ・アニメ世代」 | トップページ | No.7 伊勢正三・山本潤子コンサートに行ってきました »

2011年3月21日 (月)

No.6 「元祖 マンガ・アニメ世代」の「その後」

 前回投稿の続編である。

「元祖マンガ・アニメ世代」は、当然ながら、その後青年時代を経て、今は50代の中高年になっている。
これら同世代の人たちは、その後マンガ・アニメとどのように付き合っているだろうか。

まず、テレビのアニメは、中学校に入るとあまり見なくなった。勉強しながらラジオの「深夜放送」を聴くのがトレンドになった。関西では朝日放送の「ヤングリクエスト」(ヤンリク)と、毎日放送の「ヤングタウン」(ヤンタン)がほとんどだった。

他方、マンガ雑誌は、もっとたくさん読むようになった。恐らく出版社はこの世代をつなぎとめるために、次々と青年向けのマンガ雑誌を発行するようになり、私も含め、かなりの人たちはそちらに移っていったのである。

ヤングサンデー、ヤングマガジン、ヤングチャンピオン、ヤングキングは、少年マンガの名前に「ヤング」をつけただけである。ビッグコミック、ビッグコミックスピリッツ、ビッグコミックスペリオール、ビッグコミックオリジナル。コミックモーニング、コミックアフタヌーン。週刊漫画も読んだ。学生時代やその後の司法試験浪人時代は、近代麻雀や近代麻雀オリジナルも愛読していた。
だから、多い時は週に10~15冊くらい読んでいたのではないか。

それでは、青年マンガも卒業し、中高年になった最近はどうだろうか。
私の知る限り、さすがにマンガはほとんど読まなくなっている人が圧倒的だろう。
中高年を読者層とするマンガ雑誌はあるが、同世代的な共感を「ウリ」にしているわけでもなく、わざわざ買ってまで読む気がしないのだろう。

私自身も、ほとんど読まなくなった。
ただ、今でも「ビッグコミックオリジナル」だけは、必ず購入して読んでいる。
このマンガ雑誌は、連載している作品の質が圧倒的に高い。
「釣りバカ日誌」、「あぶさん」、「流浪雲」、「三丁目の夕日」はもう数十年連載が続いている。
「弁護士のくず」は、現役の弁護士が協力しているようで、弁護士が読んでも面白い(テレビドラマにもなったようだ)。
「玄米せんせいの弁当箱」、「岳 みんなの山」、「どうらく息子」も、温かみのある作品である。
「深夜食堂」、「あじさいの唄」も結構泣けるので好きである。

一番の愛読は弘兼憲史の「黄昏流星群」。
弘兼氏の作品は、「ハロー張りネズミ」、「島耕作」シリーズ、「人間交差点」、「ラストニュース」など、昔から愛読している。いかにも団塊世代らしく、テーマに社会性が強く、また、同世代に対する共感・激励のメッセージが込められていて、世代的に共感できる。

というわけで、「元祖マンガ・アニメ世代」はいまや絶滅寸前(?)である。
少し寂しいが、仕方がないのかもしれない。

         ↓   ↓   ↓  
♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.5 「元祖 マンガ・アニメ世代」 | トップページ | No.7 伊勢正三・山本潤子コンサートに行ってきました »

6-1 思いつきエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/51174675

この記事へのトラックバック一覧です: No.6 「元祖 マンガ・アニメ世代」の「その後」:

« No.5 「元祖 マンガ・アニメ世代」 | トップページ | No.7 伊勢正三・山本潤子コンサートに行ってきました »

無料ブログはココログ