2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« No.7 伊勢正三・山本潤子コンサートに行ってきました | トップページ | No.9 「花見の回数券」 »

2011年3月26日 (土)

No.8 「今ここに ユニオンがある 夢がある」

 3月23日、エル・おおさかでシンポジウム『若者の雇用と、いまの労働運動 ~僕達がつくりたい明日のカタチ~』が開かれました。

このシンポジウムは、「地域労組おおさか青年部」の専従体制を支えるための「青年部基金」を強化しようと、有志の人々が実行委員会を作って行ったものです。

 「地域労組おおさか青年部」は、大阪府内の地域労組に所属する青年たちで構成されていますが、ここ数年、斬新なスローガンや、インターネットの活用など、ユニークな取組みで注目を浴びています。
MBS毎日放送のニュース「VOICE」(2010年3月24日)で紹介され、また同放送のドキュメント番組「映像'10」の「正しくキレよう!今どきの労働組合運動なう」(2010年11月28日)でも報道されました。
また、先日ご紹介した岩波ブックレット「就活とブラック企業」の中でも、書記長の中嶌聡さんが発言していま110323_2す。

 今回のシンポジウムの内容は、次のようなものでした。

1 基調講演 「若者の就職問題と働き方の現状」(森岡孝二・関西大学) 【写真・上】
2 実践レポート!未来を切りひらく若者の労働運動
 ① 「首都圏青年ユニオンが歩んできた10年を振り返って」(河添誠・首都圏青年ユニオン書記長)【写真・下】
 ② 「正しくキレよう!第三の選択肢としてのユニオン」(中嶌聡・地域労組おおさか青年部書記長)
3 リレートーク 「働く若者に未来はあるか?!」
 発言者:河添誠、中嶌聡、中西基(弁護士) コーディネーター:岩城穣(弁護士)110323
 会場発言:不当解雇に対して団体交渉で闘っている男性、闘って勝利解決した女性など
4 地域労組おおさか青年部基金への加入の訴え
5 閉会あいさつ

 若い皆さんが手作りで準備した企画で、たどたどしさ、あぶなっかしさがかえって新鮮で、あったかく、元気の出るつどいでした。
このような企画に、コーディネーターとして関わらせていただけたのは、とても光栄なことと感謝しています。
何よりも参加者の心を打ったのは、やはり悔しい思いをしながら頑張っている当事者の発言でした。
特に今は、ひと昔前とは比較にならないほど、世間はもちろん、「自分自身」の中でも、「自己責任論」が大手を振っています。
「解雇されるのは自分が悪い」、「それに異議申立をするのはワガママだ」というイデオロギーのもとで、自分の人間としての誇りをかけて闘うこと自体、本当に大変なことなのです。
そんな若者たちにとって、ユニオンは自分の「居場所」であり、「人生の学校」であり、「出撃基地」なんだなあと思いました。

 最後に、基金への参加の呼びかけを、木下秀雄(大阪市大)、根本到(大阪市大)、脇田滋(龍谷大)、森岡孝二(関西大学)の4人の研究者の方々を代表して森岡教授が行いました。表題の川柳は、その訴えの中で森岡教授が披露したものです。
古今東西を問わず、激動の時代を動かしたのは、いつも若者たちでした。
若者が自分自身と社会の未来に希望を持てなくさせられている暗い時代であっても、その閉塞感を打ち破るのは、やはり未来に生きる若者しかありません。

若者の、若者による、若者のための労働運動への期待。
森岡先生が川柳に込めた思いを共有する人々は、決して少なくないと思うのです。

         ↓   ↓   ↓  
♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.7 伊勢正三・山本潤子コンサートに行ってきました | トップページ | No.9 「花見の回数券」 »

3-2 ブラック企業に負けない!」カテゴリの記事

3-3 労働組合」カテゴリの記事

コメント

 また、投稿させて頂きます。岩城先生、毎日の業務お疲れさまでございます。

 私も、この度事務職員を応募をしたのですが、面接をして話をした結果、その中に「不当な雇止め」がありました。3月末でその期日は来ておりませんでした。

 その方は、岡大法律学部法律学科卒であったので、私が判例と見解を示しながら、
「現在の職場の人間関係は如何ですか?」
と問うと、非常に良好で直属の上司も良い方だと言うのです。私が話を伺うと、全く雇止めを出来る要件ではなく、しかも半民半官のような組織であるのに、総務部長が勝手に決めて、またパワハラも凄いと言うのです。

 途中から面接と言うより、労働相談に移行致しました。
まず直接の上司に相談して、駄目ならと市民ユニオンを紹介致しました。
「貴女は、知識もあり判例法理も理解できるのだから、自分の人権を守るために闘わなきゃ駄目だ。ここで泣き寝入りしたら、ずっとそういう人生になる。」
 と叱咤激励を致しました。

 また、面接に行った社労士事務所でそう言われたと、私の名前を出して貰っても構わないとも言いました。困ったことがあれば何でも相談してくれて良いからと言って、面接旅費の2千円の領収書に署名して貰おうとすると、
 「私が、こんなにして頂いて旅費まで受け取れません。」と言うので、

 「普通に面接に来て頂いて、結果的にそういう話しになっただけであるから、受け取っておいて欲しい。」
 と言うと、私の気持ちも酌んでくれ、元気に帰って行きました。

 今回私の事務所でも、短大卒以上の新卒4人の申し込みがあり、総数では30人以上でした。私の事務所のような零細事務所ですが、大切に育てて、大事にしてあげたいと思っています。私も12年間、会社員も経験し管理職も経験しているので、労働者の気持ちは分かっているつもりです。

 私は、社員を人とも思わないような顧問先会社はありません。
自身で、生意気ながら厳選しているつもりです。労務管理も厳しく助言・指導しているつもりです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/51217714

この記事へのトラックバック一覧です: No.8 「今ここに ユニオンがある 夢がある」:

« No.7 伊勢正三・山本潤子コンサートに行ってきました | トップページ | No.9 「花見の回数券」 »

無料ブログはココログ