2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« No.20 「ニッポンの男たちへ」の素敵なエール(その6) | トップページ | No.22 「騒音たれ流し営業」の非常識 »

2011年5月 9日 (月)

No.21 「2011母に感謝のコンサート」

 5月8日、大阪城ホールで開かれた標題のコンサートに、妻と2人の息子(25歳、22歳)と義母(妻の母)の5人で行ってきた。
昨年は子どもたちを除いた3人で来たが、とてもよかったので、子どもたちにも母親孝行、祖母孝行をさせたいという気持ちも込めて、今年は子どもたちも誘い、5人で参加した次第である。

 午後3時過ぎにJR大阪城公園駅を降りると、大阪城ホールまでの道のりは参加者でぎっしり。開会時刻になると、会場はほぼ満席になった。
会場には、車椅子の方も含めて年配の方が多いが、家族連れや若い人も多かった。今年は東日本大震災があったこともあってか、参加者がみんな寄り添いあうような温かみを感じた。1105082011

 今年の参加アーティストと曲目は、次のようなものだった(記憶なので必ずしも正確ではない。)。
 ①夏川りみ 「ゆりかごの歌」「涙そうそう」
 ②玉城千春(Kiroro)「未来へ」「Everything」
 ③島津亜矢 「帰らんちゃよか」「感謝状~母へのメッセージ~」
 ④由紀さおり・安田祥子 「母さんの歌」「故郷」ほか
 ⑤麻衣 「大きな木」
 ⑥秋川雅史 「千の風になって」「翼を下さい」
 ⑦植村花菜 「トイレの神様」
 ⑧南こうせつ 「加茂の流れに」「道」
 ⑨徳永英明(サプライズ出演) 「ドアを開けて」「時代」「僕のそばに」
 ⑩森山良子 「アメイジング・グレイス」「家族写真」

 どの曲も、しみじみとしたとてもよい曲だった。特に今年は、出演者が東日本大震災のことに触れてから歌うことが多かったため、いっそう胸に迫るものがあった。

 恒例のサプライズ出演者として、徳永英明さんが登場すると会場ではどよめきが起こった。こういうニクイ演出は、なかなかいいと思う(ちなみに、昨年は岩崎宏美さんだった。)。

 そして、最後に、森山良子作詩、南こうせつ作曲で出来たばかりの「母へ」という曲を、参加者・会場全員で歌って、今年のコンサートは終了した。
このようなほのぼのとした温かいコンサートは、これからも続いてほしいと思う。

 ちなみに、私の母は2005年8月に76歳で亡くなった。母が生きていたら連れてきてあげたら喜んだだろうなあと思った。

 思えば、私たちが受験していたかつての司法試験(旧試験といわれる)では、5月の第2日曜日(つまり母の日)が択一式(担当式)試験の日だった。択一・論文・口述という3つの試験の最初の関門の試験で、私は最終合格までにこの択一試験を6回受験したので、「僕の場合、母の日は親不孝の日だ」と自虐的に言っていたことを思い出す。
 その旧司法試験に合格したのが1985年だから、もう25年以上が経つ。
 「親孝行 したいときには 親はなし」とはよく言ったものである。

         ↓   ↓   ↓  
♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.20 「ニッポンの男たちへ」の素敵なエール(その6) | トップページ | No.22 「騒音たれ流し営業」の非常識 »

5-1 コンサート・演劇」カテゴリの記事

5-2 母に感謝のコンサート」カテゴリの記事

コメント

泉南市の三軒です。法律事務所のHPが一新されてびっくりしました。eye

岩城先生、お久しぶりです。河先生の最高裁での結論は、もうそろそろと思っていますが、いかがなものでしょうか?

岩城先生が、このような、コンサートへ奥様とご一緒にまた、ご子息様と更に奥様のお母様とご一緒に行かれるなんて、想像もしませんでした。”ご立派!!”です。

又出演者も素晴らしいですね。サプライズ出演の「徳永英明歌手」!!昨日TVで「レーニーブルー」が聞こえてきました。

私も、ここへ羅列されている歌手さんはすべて好きです。

チケットの写真がアップされていますが、お値段が見えないのが残念です。

私も母は既に20年以上前に他界しております。

わが妻も、これらの歌手の歌は大好きです。来年の母の日には、それこそ「サプライズチケット」で連れて行きたくなりました。

でも、今申したら「鬼が笑う」?でしょうかね???(笑)。

では、又。失礼致しました。    三軒 將弘 拝

私も母と行きたいと思い予定していたのですが、研修所同級生の結婚式と重なり今年は行けませんでした。
来年は是非行ってみたいです。その時は母とともに夕食をご一緒していただければ良いなと思っています。

三軒 將弘 様
ご無沙汰しております。
コメントありがとうございます。
アップされているのは、チケットの写真ではなく、当日会場で配布されたパンフレットです。
また、このブログにも時々遊びに来て下さい。

瓦井剛司 様
コメントありがとうございます。
同じ事務所の仲間ではありますが、ブログを読んでくれてありがとう。
また、お母さまともご一緒できたらうれしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/51621634

この記事へのトラックバック一覧です: No.21 「2011母に感謝のコンサート」:

« No.20 「ニッポンの男たちへ」の素敵なエール(その6) | トップページ | No.22 「騒音たれ流し営業」の非常識 »

無料ブログはココログ