2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« No.30 「悪友」と過ごした35年間 ~タバコとの出会いから禁煙まで~(その4) | トップページ | No.32 なぜ、人間だけが「泣く」のか »

2011年6月14日 (火)

No.31 「悪友」と過ごした35年間 ~タバコとの出会いから禁煙まで~(その5・完)

 昨年3月1日の夜から禁煙して、1年3か月以上が経過した。もう、自分から積極的に喫煙を再開しない限り、禁断症状に耐えかねて吸い始めるということはないだろう。
 そこで、最後に、禁煙に一応成功した今の感想を、少しだけ書いておきたい。

◆個人差の大きい、タバコへの依存度
 タバコに限らず、薬物(覚せい剤などの違法薬物も含めて)には、①身体的依存と、②精神的依存があるといわれる。
110613_2  身体的依存は、薬物の効果が切れてくると、身体的に禁断症状が出ることである。タバコであれば、口の中に唾液が出る、落ち着かない、などである。
 精神的依存は、生活習慣になってしまって、それがないと精神的に安定した生活ができないことである。タバコであれば、起床直後、仕事前、仕事後、食後、コーヒーを飲む時、お酒を飲む時、考え事をする時、原稿を書く時など、生活の節目節目でタバコを吸うことが習慣になってしまっているため、吸えないと落ち着かない、イライラする、原稿を書く気がしない、といったマイナス作用が生じる。
 そして、この2つは別々のことだが、相互に絡み合って、中毒者をがんじがらめにしているのである。

 とはいえ、その程度については、意外に個人差が大きいと思う。喫煙者でも、一日のうちでも何時間でも吸わなくても気にならない人、2、3日とか1週間くらい全く吸わなくても大丈夫な人、数か月単位で喫煙と禁煙を繰り返している人など、様々なタイプの人がいる。
 しかし、少なくとも私の場合は、身体的依存も精神的依存も、本当に強かった。放っておけばチェーンスモーカーで、吸わないで我慢できるのはせいぜい数時間まで。たった一日でも完全な禁煙はできなかったのである。

◆莫大な本数、莫大なタバコ代
 35年間に吸った本数とタバコ代を、試算してみた。
 本数では、1日60本で35年間吸い続けた私は、実に
  60本×365日×35年=766,500本
を吸ったことになるが、これではイメージがわかない。むしろ、箱数で計算し、
  3箱×365日×35年=38,325箱
と計算する方がわかりやすいかもしれない。

 タバコ代では、長年の間にタバコの値段が何度も変わっているが、貨幣価値も変わっているので、仮に3箱で1日1000円とすると、
  1000円×365日×35年=12,775,000円
 なんと、1277万円が、文字どおり「灰になった」のである。

 他方、これからはどうか。
 今54歳。あと20年生きるとすると、引き続き1日60本吸い続ける場合、
  60本×365日×20年=438,000本

 タバコ代では、1箱440円のタバコを1日3箱、20年間吸い続けるとすると、
  440円×3箱×365日×20年=9,636,000円
 つまり、現時点でタバコをやめたことによって、1000万円近くを使わなくて済むことになるのである。
 さて、1000万円で、何を買うことにしようか・・・。

◆喫煙者の110613_4方々へのメッセージ
 私はこれまで、タバコをやめた人から「私がやめられたのだから、君もやめられるはずだ。やめた方がいい」ということを何度も言われた。また、タバコをやめた人の方が、タバコの煙を嫌がることが多いようである。

 しかし、私の場合、自分の精神力のみで乗り越えたのではなく、ハプニングも含めてたまたまやめられただけで、偉そうに言える資格はないと思っている。
 また、隣でタバコを吸われても、拒絶感はあまりなくて、「この煙の感じ、懐かしいなあ」と思うくらいである。
 今でも、一日のうちに何回かは、今、タバコが吸いたいなあ、と思う。そんな時は、ニコレットの一粒の3分の1くらいを少しだけかじって嚙むと落ち着く(これも本当はよくないのであろうが)。

 だから、タバコを吸っておられる方に、「やめたほうがいいですよ」などと押しつけがましく言うつもりはない。
 むしろ、世の中がどんどん喫煙者を締め出したり追い込んだりしていく中で、私はできなかったが、タバコと上手に付き合って、豊かな人生を送って下さい、と言いたい気持ちである。

 そして、私自身は、「悪友」と過ごしてきた35年を、時々は懐かしく振り返りたいと思っている。

 (5回にわたる長文を読んで下さった方、ありがとうございました。)

         ↓   ↓   ↓  
♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.30 「悪友」と過ごした35年間 ~タバコとの出会いから禁煙まで~(その4) | トップページ | No.32 なぜ、人間だけが「泣く」のか »

6-4 タバコと禁煙」カテゴリの記事

コメント

三軒です。お世話になります。

やっと悪友と別れられてメデタシメデタシのハッピーエンド
ですね。
今までの悪友代+これからの推定悪友代。
すごい金額ですね。

でも、先生の余命計算は若干短命計算。(笑)。
日本人の平均寿命以上に先生は、元気に生きる事が
出来ると思いますよ。(笑)。
お互いに、健康第一で頑張りましょう。

以上、一読者からの感想でした。


有難うございました。m(__)mペコッ 

◆三軒さんへ
いつも温かいコメントありがとうございます。
確かに、せっかくだから長生きはしたいですね。
今ごろ禁煙しても、直接長生きにはつながらない気もしますが・・。
三軒さんも、それだけの若々しさとガッツがあれば、長生きは間違いありません。
これからも、よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/51938901

この記事へのトラックバック一覧です: No.31 「悪友」と過ごした35年間 ~タバコとの出会いから禁煙まで~(その5・完):

« No.30 「悪友」と過ごした35年間 ~タバコとの出会いから禁煙まで~(その4) | トップページ | No.32 なぜ、人間だけが「泣く」のか »

無料ブログはココログ