2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

« No.34 「気持ちが若い」のは普通? ~「自然年齢」と「感覚年齢」の乖離~ | トップページ | No.36 ついに発刊!「過労死・過労自殺の救済Q&A」(民事法研究会)のご紹介 »

2011年6月27日 (月)

No.35 JR西日本の「ダイヤの乱れ」に思う

 私が利用しているJR西日本の阪和線は、ダイヤの遅延や乱れが本当に多い。
 一番多いのは「人身事故」。転落事故のほか、最近は恐らく自殺が多いのだろう。これについてはこのご時世なので、やむを得ない面がある。
 自殺者が私鉄よりもJRが多いのは、路線の総キロ数が多い、市街地の平地を走っていることが多い、踏切が多い、などが原因だと聞いたことがある。

 しかし、阪和線の場合、それだけではない。「電線に飛来物がからまった」とか(「ヒライブツ」って何やねん!)、「踏切の遮断棒が折れた」とか(折るな!)、「線路に人が立ち入ったため」とか(立ち入るな!)、いったい何やといういうような理由で、年がら年中「遅延」しまくっている。私が利用する範囲だけでも月に4回~6回くらいあるように思う。
 腹立たしいのは、「遅延」について、「お客様には、お急ぎのところ、大変ご迷惑をおかけ致しておりますことを深くお詫びいたします」みたいなことを言うが、いかにも「通り一遍」で、心がこもっていないのである。

 110626jr_3 実は、つい2日前の6月25日(土)もあった。阪和線の最終電車(天王寺発、0時35分発)に乗ろうとしたら、何と23時台の電車がまだ天王寺駅に着いていないのである。ホームは人で溢れている。
 しかも、肝心の遅れの理由について、何も説明がない。「本日は阪和線のダイヤが乱れ、皆様には大変ご迷惑を‥‥」というだけなのである。
 到着は0時55分ころになると言っていたが、実際に出発したのは午前1時を回っていた。
 乗客は、みんな疲れとあきらめでムスッとして、何も言わない。しかし、土曜日の最終電車の時刻が30分以上遅れるというのは、本当に辛い。駅まで家族に迎えに来てもらう人もいるだろうし、明日の予定もあるだろう。予定外に、タクシーに乗らなければならない人もいるかもしれない。

 そもそも、時間どおり運行して、時刻表の時刻どおりに目的地に乗客を運ぶのは、運送契約の本質的な内容である。それを果たさないのは、契約の不履行であって、損害賠償がなされてしかるべきである。

 JRに限らず、今問題になっている東電や関電も、JALも、NTTも、元国策会社で今も独占企業であるところは、同じような問題があるのではないか。

 つまり、経営陣は会社の利益をあげるのが第一で、利用者の利便は二の次、三の次である。
 そして、現場の担当者が利用者からの要望や不満を吸い上げ、日々の会社運営に反映させるシステムがないのではないかと思われるのである。

 それにしても、日本人は、私も含めて、本当に我慢強いというか、人がいいというか。
 しかし、そういう「まあそうカッカしないで」みたいな日本人の特質が、利用者を大切にしない企業体質を温存してきた原因ではないだろうか。

         ↓   ↓   ↓  
♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.34 「気持ちが若い」のは普通? ~「自然年齢」と「感覚年齢」の乖離~ | トップページ | No.36 ついに発刊!「過労死・過労自殺の救済Q&A」(民事法研究会)のご紹介 »

6-1 思いつきエッセイ」カテゴリの記事

コメント

岩城先生、いつもお世話になっております。三軒です。
さて、先生の>>阪和線の最終電車(天王寺発、0時35分発)に乗ろうとしたら、>>ですが、これは①「お仕事が遅くなった?」それとも②「飲んでて遅くなった?」のどちらでしょうか?
①なら、「先生、それはお気の毒に!JR目!!!」と応援致しますが、②の場合なら「あっそう!!!そりゃもっと早く帰らにゃ!!」と。。。(笑)。・・皆さん言うでしょう。。
それに、JRの時刻と乗車人との契約関係は?双務契約でしょうか?それとも片務契約でしょうか?素人で済みませんが、この点は、岩城先生のご意見をお伺い致したいものです。
片務契約なら・・・「しかたないか?」とも思いますが。
わが考え方はおかしいでしょうかね?(笑)。

◆三軒 様
いつもコメントありがとうございます。
>阪和線の最終電車(天王寺発、0時35分発)に乗ろうとしたら、は、①「お仕事が遅くなった?」それとも②「飲んでて遅くなった?」のどちらでしょうか?
→今回は①ですが、②の場合は、同情にさえ値しないということでしょうか・・。(笑)

>それに、JRの時刻と乗車人との契約関係は?双務契約でしょうか?それとも片務契約でしょうか?素人で済みませんが、この点は、岩城先生のご意見をお伺い致したいものです。
片務契約なら・・・「しかたないか?」とも思いますが。
わが考え方はおかしいでしょうかね?(笑)。
→法的には、利用者は運賃を払い、JRは目的地まで利用者を運ぶのですから、義務が向かい合っているので、双務契約です。
無償であれば、片務契約ということになると思います。

鉄道会社は、利用者が選択できないこと、たとえば、「電車の遅延」についても、「・・・ご理解ご協力をお願いします」などと言います。では、「電車の遅延」に対して、自分の意思で、「ご理解ご協力をしない」なんてことができるのか?、と言えば、できるわけがありません。事実を受け入れるしかありません。

で、「任意」であるはずの「女性専用車両」についても、鉄道会社は、当然、「・・・ご理解ご協力をお願いします」などと言います。ところが、選択できないこと、すなわち、「強制的なこと」であっても、日頃から、「・・・ご理解ご協力をお願いします」などと言われているので、全く違和感なく受け取ってしまう。それが「任意」などとは思いもつかないのです。まして、「女性専用車両」、「Ladeis Only」などとウソの表示されていたら、何の疑いもなく、「男性は乗れない」と思ってしまうわけです。

そうそう、「12歳以下の子供、障害者とその介助者の男性は乗車できます」などというのも、ウソではありませんが、紛らわしい表示です。これでは、誰でも、これは「例示列挙」ではなく、「限定列挙」である、すなわち、「一般の男性は乗れない」と勘違いするでしょう。

鉄道会社のウソ、インチキには、ほとほと、ビックリさせられます。

◆ドクター差別 様
いつもコメントありがとうございます。
おっしゃることは、そのとおりだと思います。
「女性専用車両」、「Ladeis Only」という表示もさることながら、私などは、思いっきりピンク色のマークも、男性には乗りにくい雰囲気がありますね。
「女性はピンク」というイメージカラー自体が、ジェンダー的な刷り込みではないでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/52054612

この記事へのトラックバック一覧です: No.35 JR西日本の「ダイヤの乱れ」に思う:

« No.34 「気持ちが若い」のは普通? ~「自然年齢」と「感覚年齢」の乖離~ | トップページ | No.36 ついに発刊!「過労死・過労自殺の救済Q&A」(民事法研究会)のご紹介 »

無料ブログはココログ