2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

« No.38 最後の「宵々山コンサート」(その1) | トップページ | No.40 大関魁皇の引退を惜しむ »

2011年7月13日 (水)

No.39 最後の「宵々山コンサート」(その2)

Photo_11  体から炎が吹き出るのではないかと思うほどに照りつける日差し(「陽射し」の字の方が適切だろう)はきつかったが、太陽が野外音楽堂の屋根に入ると日陰になり、涼しげな風が吹いてくる。
 続いて、日が沈むと少しずつ薄暗くなり、ステージが幻想的に浮き上がる。
 このころから、宵々山コンサートは後半のクライマックスに向かっていく。

104_2笠木透さんの「日本国憲法104条」という詩は、とても気に入った。
日本国憲法104条
「人間はたとえ
 自分にとってよいことでも
 家族にとってよいことでも
 会社にとってよいことでも
 国家にとってよいことでも
 地球にとってよくないことは
 してはいけない」
 法律家としては、これを本当に憲法の条文らしくするにはどうしたらいいだろうか、なんて考えてしまう(ちなみに、現行憲法は103条までしかない)。
 これは1998年のアルバムに入っているようで、もちろん福島原発事故のはるか前である。先の「腰まで泥まみれ」という曲もそうだが、いい言葉や曲は時代を超えるのだろう。

北山修さんは、高石ともやさんと「あなたとはペースが合わない。あなたは僕の話を聞いていない」などと掛け合いをして会場を笑わせたあと、亡くなった加藤和彦さんを偲びながら「あの素晴しい愛をもう一度」を二人で歌ってくれた。これも「宵々山」に相応しいと思った。

Photo_8 ◆もちろん、高石ともやさんと元ナターシャー・セブンのメンバーの歌と演奏も素晴しかった。ギター、バンジョー、マンドリンなどの楽器の演奏の華麗さには唸るばかりである。

◆閉演間際になって、浴衣姿の有森裕子さん、真っ赤な衣装の中島啓江さんが登場。それよりも会場を驚かせたのは、息子の桂小米朝さんに車イスを押された桂米朝さんの登場だった。

Photo_9  フィナーレでロウソクの火を順に灯していくのはこれまでと同じだが、終了後、観客が全員舞台に登壇し、舞台の裏から外に退場していくというのは、とてもニクい演出だった。

 ステージの上で、妻は有森裕子さん、私はおばあちゃん(妻の母)が熱烈なファンである道上洋三さんのところに行き、おばあちゃんのためにと言って写真を撮らせてもらった。

 出演者も参加者も、みんなが名残りを惜しんでいるのがひしひしと伝わってくる。
 「だけど、いつか再会するためには別れないといけない。別れは始まりだ」と出演者の誰かが言った。

Photo_13  東日本大震災の後、これまでの「自己責任と消費の時代」から、「連帯と低エネルギーの時代」に移ったといわれる。まさにそんな時に、このような手作りコンサートがなくなるのは、本当に寂しい。

 でも、中心になってきた60年代、70年代フォークの世代の人たちは、もうみんな60代、70代になっている。「そろそろ、自分たちは区切りをつけたい。次の人たちが続けてくれるなら、僕たちはやれる手伝いはするから」という気持ちになるのも、自然だし、ある意味で必要でもあるだろう。

 38年間にわたり、30回のコンサートをやり切った皆さんに、心から敬意と感謝を申し上げたい気持ちである。
 30回にわたる素晴しいコンサート、本当にお疲れさまでした。
 そして、ありがとうございました。

         ↓   ↓   ↓  
♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.38 最後の「宵々山コンサート」(その1) | トップページ | No.40 大関魁皇の引退を惜しむ »

5-1 コンサート・演劇」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。僕はある大学の落研部員です。偶然この時の動画を拝見して僕も米朝師匠の登場に驚きました。とても羨ましいです。因みに息子さんは「米團治」を襲名されています。

◆archive 様
 コメントありがとうございました。
 落研の皆さんにとっては、やはり米朝さんというのは、神様みたいな存在なのですね。
 米朝さんの長寿と、archive 様のご活躍をお祈りします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/52183675

この記事へのトラックバック一覧です: No.39 最後の「宵々山コンサート」(その2):

« No.38 最後の「宵々山コンサート」(その1) | トップページ | No.40 大関魁皇の引退を惜しむ »

無料ブログはココログ