2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

« No.35 JR西日本の「ダイヤの乱れ」に思う | トップページ | No.37 ゴルフ会員権の被害救済を求めて、提訴します »

2011年7月 1日 (金)

No.36 ついに発刊!「過労死・過労自殺の救済Q&A」(民事法研究会)のご紹介

110630_2  私が参加している大阪過労死問題連絡会が、ようやく標記の本の発刊にこぎつけた。

 この本は、大変人気を博した「Q&A 過労死・過労自殺110番~事例と労災認定への取組」(初版2000年5月、全訂増補版2003年3月)の後継書として、この度8年ぶりに全面リニューアルして発刊されたものである。

 第1章 基礎知識
 第2章 過労死の認定基準
 第3章 過労自殺の認定基準
 第4章 こんなケースも過労死、過労自殺
 第5章 企業責任の追及
 資料編

という構成で、62のQ&Aの形でわかりやすく解説されているほか、9つの「コラム」、過労死・過労自殺についての最新の通達など10の資料がついている。
 過労死・過労自殺の遺族・当事者はもちろん、この問題にかかわる弁護士等の専門家、労働組合や支援者の皆さんなど、幅広い方々にお役に立てていただけると考えている。

 それにしても、日々超多忙な弁護士がチームを作って、1冊の本を出版するというのは、本当に大変である。今回の本も、本格的な作業に入ってから完成まで、実に2年半くらいかかってしまった。
 担当者のTさんにも、大変なご負担をおかけした。
 それだけに、私たちの思いが詰まった本でもある。
 皆さんのご愛読、ご活用を期待したい。

 (なお、現時点ではアマゾンでは販売していないようです。
 お申し込みは、民事法研究会に直接お願いします。)
 http://www.minjiho.com/new_detail.php?isbn=9784896287059

         ↓   ↓   ↓  
♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.35 JR西日本の「ダイヤの乱れ」に思う | トップページ | No.37 ゴルフ会員権の被害救済を求めて、提訴します »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

3-1 働き方・過労死一般」カテゴリの記事

コメント

 素晴らしい本が出来て良かったと思っています。

 当職もこの秋には、当職が書いた原稿が著作本の中に記載され発刊される予定です。

 それよりも、事前告知もなく、当職のライブドアの掲示板をいきなり閉鎖され戸惑っています。1年前に告知したというのですが、当職の掲示板は毎日平均ヒット数が1000程度あり、事前告知は全く無かったのです。

 いきなりだったので、何てことをしてくれるんだと激昂していますが、過去の投稿も見られないようになっているのです。訴えてやる!!(笑)

 この掲示板、ブログに移ったということを、読者の方々にお報せするためにも、非礼ながら、岩城先生のブログにも投稿させてください。いきなり、投稿及び閲覧ができないようになっていて、驚きました!

 事前告知も全くありませんでした。

 掲示板は私の闘いの実績であり、夫がバックアップを取っていますが、ここ1箇月くらいは取っていないということでした。
裁判しても、ライブドアに出させないと行けないですよね。

 本当に無茶苦茶頭に来ています。

 それでも、岩城先生は本当に素晴らしいですよ。
当職は士業者であるから、分かるのですが、誰にも勝てない事件で行政訴訟で労災認定を受けていますから。良くこの事件で勝ったなあと、つくづく感心しています。

 特殊能力がおありですよ(笑)。
これからも、益々のご活躍を期待しています。

◆久保利子 様
コメントありがとうございます。
掲示板の突然の閉鎖のショックから、立ち直られましたか?
有料サービスだったのに、直前の告知がないというのはひどいと思います。
この私のブログと同じニフティ(ココログ)で再開されたようですね。
今後も、ご活躍下さい。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« No.35 JR西日本の「ダイヤの乱れ」に思う | トップページ | No.37 ゴルフ会員権の被害救済を求めて、提訴します »

無料ブログはココログ