2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

« No.43 障害者への配慮は「温情」、廃止は「自由」か | トップページ | No.45 若者の過労自殺 3つの新聞記事 »

2011年8月29日 (月)

No.44 手足が取れてしまったカニ

110829  今年も8月の終わりが近づいてきた。この頃になると思い出すことがある。
 小学校4、5年のころだっただろうか。

 当時は、ほとんど毎年7月24日ころから8月31日まで夏休みであり、その間4、5日の「登校日」を除けば、毎日毎日休みの連続だった。
 近くの神社にあった広場で早朝ラジオ体操があり、また午後からは小学校のプールに毎日のように行っていたが、それ以外は、現在のように塾もなく、遊び呆けていたというのが正しい。
 またTVゲームやパソコンゲームもないので、家の中で遊ぶということはあまりなく、ほとんどは外で遊んでいた。

 そんな私たち子どもにとって、夏休みの宿題というのは、本当にうっとうしい存在であった。
 もっとも、宿題といっても、①「夏の友」という書き込み式の課題用冊子、②読書感想文、③工作の3つくらいだった。
 ①の「夏の友」は、比較的簡単なものであり、その気になれば一気にやれた。
 ②の読書感想文は、何を書いたかよく覚えていないが、適当にお茶を濁したのだろう。

 私の悩みの種は、いつも③の工作であった。
(1) そもそも、何を作るかが悩ましい。
(2) 目標を決めてから、完成までの段取り(材料の用意、準備、製作)を決めなくてはならない。
(3) 実際の製作作業は、相当根をつめて作業しなければならない。

 それだけに、早くから準備を始めればよいのに、この年の私は、やりたくない工作のことを「考えないように」して先送りし続け、最後に尻に火がついて着手したのは、8月31日の夕方ころからだった。

 しかも、もう時間がないのだから、簡単なものをアリバイ的に作ればよいのに、考え始めると「凝り性」の私は、何と「紙粘土でカニを作る」という、最悪の選択をしてしまったのである。
 当時、田舎の川や池で魚取りなどをしていて、大きな石を持ち上げたりすると、隠れていた大きなカニが見つかることがたまにあり、戦車のように渋くて、メカニックでとてもカッコいいと思っていたのである。

110829crabb1 しかし、紙粘土でカニを作るというのは、簡単ではない。割り箸と針金か何かで、紙粘土の中に入れる骨組みを作るのだが、当然のことながらカニには手が2本、足が8本もあり、骨組みを作ることに苦心惨憺であった。
 そして、骨組みを巻き込むようにして紙粘土をくっつけていき、胴体や手足を作る作業に入ったのは、もう日付が変わるくらいの時間になっていた。

 なかなか思うように進まないところに、子どもだから目茶苦茶眠い(昔は午後9時とか10時ころには子どもは寝ていたのではないか)。明日までに間に合うのか。できなかったらどうなるか‥‥。
 眠さと不安で泣けてきた。そこに、仕方なく手伝ってくれていた母親が、「だから早くからやりなさいと、あれほど言ってたのに、お前は‥‥」と、追い打ちをかけるように小言を言う。
 そんな自分が悲しくて、更に泣いた。
 何とか作り上げて眠ったのは、もう何時になっていただろうか。

 ところが、本当の悲しみは、翌朝に訪れた。
 作った工作を見ると、恐らく紙粘土が乾燥したために、手足が全部取れてしまっていたのである。
 また私は泣いた。

 登校した生徒たちは、夏休みの工作を教室の後ろにズラッと並べる。
 私の作ったカニは、手足が全部取れた状態で、悲しげに並んでいた。

 そこで、子どもなりに得た教訓は‥‥
①課題の準備は、先送りにしないで、早くから始めること。
②状況に合わせて作成し、必要以上に凝らないこと。

 ところで、弁護士の仕事も、次回の期日や打合せまでに1か月くらいあり、夏休みの宿題に似ている。
 カニの手足が取れても誰にも迷惑はかけないが、弁護士の仕事の場合は、依頼者や裁判官、弁護団などの関係者に迷惑がかかる。
 それだけに、カニの教訓を生かして、いつも段取りを考えるようにしているが、恐らく性分であろう、なかなか思うようにいかないのである。

 ※イラスト(上) 「Hiro式無料イラスト素材工房」からいただきました。
       (下) 「カニのイラスト素材画像集」からいただきました。
    ありがとうございました。

         ↓   ↓   ↓  
♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.43 障害者への配慮は「温情」、廃止は「自由」か | トップページ | No.45 若者の過労自殺 3つの新聞記事 »

6-1 思いつきエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/52596893

この記事へのトラックバック一覧です: No.44 手足が取れてしまったカニ:

« No.43 障害者への配慮は「温情」、廃止は「自由」か | トップページ | No.45 若者の過労自殺 3つの新聞記事 »

無料ブログはココログ