2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

« No.46 ネクタイのない生活 | トップページ | No.48 労働組合の「原点」を思う ~ある過労死行政訴訟の結審を迎えて~ »

2011年9月30日 (金)

No.47 「プロの魂」に感動! 小田和正コンサート

110925 ◆9月25日(日)、京セラドーム大阪で開かれた小田和正のコンサート「2011 どーも どーも その日が来るまで」に夫婦で行ってきた。

 オフコース時代、1970年代後半の「さよなら」「Yes-No」「愛を止めないで」などのヒット曲は結構好きだった。
 オフコースが解散しソロ活動をするようになってからはあまり関心がなかったが、最近になって、生命保険会社のCMの曲「言葉にできない」と「たしかなこと」がとても気に入っていた。

 それと、たしか数年前にNHKでドキュメント番組で取り上げられ、一人の男性、一人の人間(イメージは20代だったのに、いつの間にか「アラカン」になっていた!)としての小田和正さんに興味を持った。

 そんなことから、機会があればコンサートに行きたいと思っていたところに、今回の大阪ドームのコンサートがあり、「よし、行こう!」と思ったのである。

◆このコンサートで、驚いたことがいくつかあった。

 ①まず、大阪ドームが超満員だった。恐らく4万人以上はいたのではないか。世代的には、私よりも少し上の還暦前後の人がやはり多かったように思うが、他の幅広い世代の人が来ていた。

 ②歌声について、高音域で透明感と伸びのある声は予想していたが、声量も相当なものだった。
 しかも、あれだけ長い間歌い続ければ、普通なら声が枯れてしまう。
 高音の声域とともに、この声量と持続時間も、誰にも真似ができないのではないか。

110925_2  ③一番驚いたのは、小田さんの運動量である。ちょうど菱形とその対角線の形に通路が作られており、その通路を走り回りながら、あちこちで歌うのである。フロアにも降りて走り回るし、更には自転車に乗りながら歌うのも、びっくり仰天だった。それでも、音がまったく外れないし、息切れもみせないのである。

 ④最後に、コンサートの時間の長さである。午後5時から始まり、数えきれないほどたくさんの歌を次々と歌った。もうそろそろ終わりかな、これが最後の曲かなと思ってから20分くらい、アンコールになってから更に20分くらいあり、終わったのは午後8時を回っていた。実に3時間以上であった。

◆小田さんは1947年9月20日生まれとのことで、ちょうど64歳になったところである。
 その小田さんが、これだけハッスルして、これだけ頑張って歌っている。
 その曲には「あなたを守りたい」「自分らしさを大切にしようよ」というメッセージが多いこともあって、とても励まされる。
 しかも、通路を走りながら、観客におじぎをし、「どーも」「どーも」と声をかけ、車イスの観客のコーナーでは握手をして回る。最後の最後まで観客を大切にするのである。
 歌声ももちろんだが、そんな小田さんのサービス精神と腰の低さに、4万人もの観客は、みんな満足して帰ったのではないか。

◆例えば、今、季節の変わり目で風邪が流行り始めているが、仮に風邪を引いて声が出なくなったら、2日間のこのコンサートはどうなるだろうか。
 また、3時間のコンサート中に、お腹が痛くなったらどうするんだろうか。
 そんなことを考えると、あんな風にラフに見えながら、恐らく体調管理にものすごく気を遣っているのだろう。

 自分一人の歌声を聞きに、数万人もの人々が、高い入場料を払い、忙しい時間を割いてコンサートに来る。そんな観客に対して、客が楽しむ、満足して帰るという結果を出す。
 そのために、周到に準備をし、3時間にわたって歌い、語り、パフォーマンスをする。どんなに疲れても、最後までやり切る。
 私はそこに、プロとしての「魂」を見るように思う。

 私の裁判に数万人が来ることはないし、私たち仕事は相手との闘いなので、常に「勝訴という結果」を出すことができるとは限らない。
 だが、プロとしての「魂」は学ばなければならないと思った次第である。

(挿入した画像は、いずれも当日配布されたチラシの一部を借用しました。)

         ↓   ↓   ↓  
♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.46 ネクタイのない生活 | トップページ | No.48 労働組合の「原点」を思う ~ある過労死行政訴訟の結審を迎えて~ »

5-1 コンサート・演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/52868364

この記事へのトラックバック一覧です: No.47 「プロの魂」に感動! 小田和正コンサート:

« No.46 ネクタイのない生活 | トップページ | No.48 労働組合の「原点」を思う ~ある過労死行政訴訟の結審を迎えて~ »

無料ブログはココログ