2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« No.49 高校生たちとの「一期一会」~出張授業に行ってきました~ | トップページ | No.51 「過労死企業名公表請求訴訟」で完全勝訴! »

2011年10月23日 (日)

No.50 すばらしかった憲法ミュージカル「ドクターサーブ」

111023  きょう10月23日、大阪府岸和田市の「浪切ホール」で上演された、大阪・神戸憲法ミュージカル2011年公演「ドクターサーブ」を観に行ってきた。

 「憲法ミュージカル」は、大阪の若手弁護士が呼びかけ、一般公募されたあらゆる世代の市民100人以上が数か月間にわたって練習を積み重ねて公演を行うもので、慰安婦問題をテーマにした「ロラ・マシン物語」(2008年)、諫早湾の環境問題をテーマにした「ムツゴロウ・ラプソディ」(2009年)に続き、今年が3回目になる。今回は神戸の弁護士・市民も参加して「大阪・神戸憲法ミュージカル2011」となった。

 私は劇団四季のミュージカルを時々観て、洗練されたプロのミュージカルの美しさと完成度の高さに心が洗われるが、この憲法ミュージカルは、人権・環境・平和といった社会的テーマを押しつけがましくなく取り上げている点、また、普通の市民の人たちが、すばらしい指導を受けて心を一つにして練習し、芸術的にもかなりのレベルに達している点で、観客を心から感激させるものを持っていると思う。

 特に今回は、同期の弁護士で親友の西晃さん、大学の後輩で親しい中島宏治さん、神戸大の学生時代から大阪過労死問題連絡会に関わってくれ、その後弁護士になり神戸で仕事をしている今西雄介さん、私が以前所属していた法律事務所で働いていて、その後土地家屋調査士になって仕事をしている樋口剛さんといった親しい人たちが、自ら(樋口さんは息子さんも)出演している。
 また、我があべの総合法律事務所の若手弁護士の中森さん、和田さんや事務局長の春名さんをはじめ、たくさんの友人・知人が裏方として熱心に活動しているのだから、観111023_2ないわけにはいかない(なお、第1回の「ロラ・マシン物語」に、私の二男が出演させていただいたということもある)。

 今回のミュージカルは、パキスタン、アフガニスタンでハンセン病の治療等の医療活動や、井戸や用水路といった水源確保事業に半生をかけてきた医師の中村哲さんを描いたもので、ソ連侵攻、内戦、大干ばつ、9・11後のアメリカによる空爆などに翻弄されながら現地の人々に貢献し、「ドクターサーブ(先生様)」と尊敬される中村医師の生きざまに胸を打たれる。

 もっとも、今回のシナリオ中のアフガンのハンセン病患者の描写をめぐって、ハンセン病回復者の人たちから抗議がなされ、協議を経て、脚本・演出が一部修正されたと報じられた(10月17日付朝日新聞)。差別され苦しめられた当事者の思いと、演劇による表現行為の自由の調整という難題にぶつかったのも、今回の特徴だ111023_4った。
 しかし、悪意のある人は誰もいないのだから、互いの人権と心情を尊重し合った話し合いは決して無駄ではなく、相互理解が進み、双方とも一段と高い人権意識に止揚されていくと信じたい。そういう議論自体が、「憲法ミュージカル」の名にふさわしいといえるかもしれない。

   「ドクターサーブ」の公演は、あとは10月30日(日)の神戸公演(神戸文化ホール)を残すのみとなった。関係者の皆さんの、あと一頑張りに、心からエールを送りたい。
111023_5 当日券もありますので、皆さんよろしければ観に行って下さい。
 (なお、公式サイトはこちらです)

※ 画像は上から順に、①パンフレットの表紙、②公演終了後のロビーの様子、③中島・中森弁護士と私、④西弁護士と私です。

         ↓   ↓   ↓  
♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.49 高校生たちとの「一期一会」~出張授業に行ってきました~ | トップページ | No.51 「過労死企業名公表請求訴訟」で完全勝訴! »

2-1 日本国憲法」カテゴリの記事

2-6 大阪憲法ミュージカル」カテゴリの記事

5-1 コンサート・演劇」カテゴリの記事

コメント

あなたは何を考えているのか。
このミュージカルが、ハンセン病回復者の人達をどれだけ愚弄し、傷つけているのかを知っているのか。

 私も10月17日の朝日新聞は拝読致しました。

 ハンセン病は、殆ど感染もせずそれにも関わらず長い間隔離政策が取られ、断種や堕胎を迫られたことも知り、私も涙致しました。しかしながら、小泉政権下であったと思いますが、それらは全て偏見であり、首相も謝罪したと記憶にございます。

 私が居住する岡山県には瀬戸内市邑久町虫明の長島にある国立ハンセン病療養所2園があり、地元紙でも大きく取り上げていました。

 私は決して神谷さんが仰るように、この「憲法ミュージカル」が、「ハンセン病回復者の人達をどれだけ愚弄し、傷つけているのか」と言うご意見には賛同できません。

 まず、愚弄は全くしていないと思っております。
何故なら、朝日新聞には、
「実行委員長の田中俊介弁護士は「ミュージカルの根底には人間の尊厳が流れている。少数者の意見をくむ憲法の精神にてらし、批判は真摯にうけとめ、自主的に修正した」と話す。

 と記載されております。
愚弄しているのであれば、批判を真摯にうけとめ、自主的に修正などしないと考えております。

 次に、「傷つけているのか」の部分についても、私達有識ある一般国民の皆様は、ハンセン病患者の方々が如何にお辛い思いをされてきたか、存じております。反対にどういうお辛い想いをされたか、世に知って頂く良い機会でもあると思います。

 誤解を畏れずに言うならば、AIDS(HIVキャリア)についても非常に当初は差別され誤解を受けましたが、世の中で知られて行くようになればなるほど、先進諸国ではその誤解と差別は無くなってきました。

 HIVキャリアも薬さえ飲めば現在ではAIDSを発症しない良い薬が出来ていて、今回も朝日新聞に掲載されています「演出家の田中さんの話の中で、「そもそも戦火のアフガニスタン、難民、薬もなく放置された患者たちという得意な設定で、日本とは結びつけていない。」と書かれています。

 日本国民が全員無恥で、差別意識があろう筈もなく、余り被害者意識を全面に出されるのは、返って良くないのではなかろうかと感じるのです。

 おまえは、健康で幸せな人生だからそんなことが言えるのだろうと仰られない為に申しますが、私の母と姉はC型肝炎のキャリアで、母はキャリアで済んでいますが、姉はC型肝炎を発症しています。母子感染ではありません。私は、いたって健康ですから。

 偏見と病魔に襲われているのは、ハンセン病の方ばかりではありません。しかも、姉が罹患したのは40年以上前と推測され、投薬のカルテも残っていません。国にも補償されず、まだ52歳ですが、もう死ぬかも知れません。

 神谷さん、悪意の無い方々にご自身の感情だけを投げつけるのは辞めてください。世の中にはもっと悲しい思いをして、それをどこにぶつけることも出来ない人も大勢いるのですから。ハンセン病は多くの国民の皆様の理解を得たことで、首相まで謝罪してくれたのですから、多くの方々に分かって頂くことも私は必要であると思うのです。

ハンセン病回復者に対しての配慮はありませんね。怖い病気、人の避ける病気と宣伝してるようですね。医師の功績を讃えるのは結構ですが、当事者[回復者]の方達を踏みつけにしてはいけないと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/53068214

この記事へのトラックバック一覧です: No.50 すばらしかった憲法ミュージカル「ドクターサーブ」:

« No.49 高校生たちとの「一期一会」~出張授業に行ってきました~ | トップページ | No.51 「過労死企業名公表請求訴訟」で完全勝訴! »

無料ブログはココログ