2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

« No.52 いよいよ明日~「ストップ!過労死」実行委員会結成 | トップページ | No.54 わらび座の「アテルイ」を観てきました »

2011年11月19日 (土)

No.53 「ストップ!過労死」結成総会、250人の参加で成功

111118img_3325 No.52で紹介した、「ストップ!過労死100万人署名スタート集会 兼 過労死防止基本法制定実行委員会結成総会」が、250人以上の参加、国会議員も代理を含め約20人の参加を得て、成功に終わった。
 私は、この結成された実行委員会の事務局長を務めることになった。
 決して容易でない道のりと思うが、頑張っていきたい。
 また、実行委員会のホームページも開設されたのでご覧いただきたい(こちら)。

 以下、産経新聞の記事を引用する。

◆過労死防止基本法制定へ 「100万人署名」目指す
2011.11.19 00:54
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111119/trd11111900550000-n1.htm

111118img_3327_2 過労死・過労自殺問題に取り組む遺族と弁護士の団体が18日、衆議院第一議員会館で「過労死防止基本法の制定をめざす実行委員会結成総会」を開いた。約250人が参加し、国会議員は代理を含めて衆参両院から約20人が出席。来年6月の通常国会終盤を目標に、100万人から署名を集めて機運を盛り上げ、議員立法での法制化を目指すことを確認した。

 過労死防止基本法は「全国過労死を考える家族の会」と「過労死弁護団全国連絡会議」が必要性を訴えている。国や事業主の責務を明確にすることなどを盛り込み、労働基準法だけでは対処が難しい過労死問題の解決と根絶を図るねらいがある。

 総会では、弁護団全国連絡会議の川人博幹事長が「20年以上にわたる取り組みは過労死問題を社会や行政に認知させたが、現在は将来の日本を担う20代の若者たちが、きつい労働環境で命を奪われているのが実態だ」と指摘。15年前に夫を過労自殺で亡くした家族の会の寺西笑子代表は「過労死をなくす職場にするには、もはや基本法による規制しかない」と訴えた。

111118img_335575  実行委員長の森岡孝二・関西大教授(企業社会論)は「交通死亡事故は約20年で半減したが、過労死は減っていない。国が防止に取り組んだか否かの差が出た」と講演した。

 これに先立ち、遺族と弁護士らは厚生労働省を訪れ、基本法の制定に加え、過労死を出した企業名の情報開示を命じた今月10日の大阪地裁判決を尊重するよう要請。厚労省前で署名を求める呼びかけを行った。

 ◇

 署名の問い合わせは、あべの総合法律事務所内の実行委関西事務局((電)06・6636・9361)。
(以上、引用終わり)

※写真(中)は、呼びかけ団体である過労死弁護団全国連絡会議を代表して挨拶する川人博弁護士。

         ↓   ↓   ↓  
♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.52 いよいよ明日~「ストップ!過労死」実行委員会結成 | トップページ | No.54 わらび座の「アテルイ」を観てきました »

3-5 「過労死防止基本法」制定運動」カテゴリの記事

コメント

 岩城先生、お疲れさまでございました。

 昨夜玉木先生からも、大盛会であったとお伺いを致しました。
岩城弁護士がいらっしゃる「あべの総合法律事務所」と玉木弁護士らがおられる「東京駿河台法律事務所」がメインの事務局となっておられるのですから、わたくしも微力ではありますが、尽力致したいと思っております。

 今回、岩城弁護士を当職が岡山県社労士会の講師にお招き致しましたのも、増え続ける過重労働における過労死、精神疾患の労災認定と過労自殺について、人事・労務管理の現場にいる社労士達に喝をいれて頂きたいとの想いからです。

 生命より、大切な仕事などあり得ません。
岡山は都会ほど、人でなしの経営者はいませんが、それら事業主に対して助言・指導するのは私達労務管理が専門の社労士です。

 過重労働は、全ての思考の回路を停止させ、労働者自らを肉体的にも精神的にも追い詰めます。当職も31歳の若さで地場の大企業グループの課長にヘッドハンティングされたとき、1年後には体重は37キロとなり、過労死寸前でした。

 ただ、それは誰に強要された訳でもなく、当職の目標があって働いていたのですが、真面目で期待されている人ほど過労死や過労自殺すると思っています。本当に痩せ過ぎて、顔も皺くちゃになっていました。

 31歳のころの当職より、50歳前の私のほうが身近にいる皆さんから若いと言われています(笑)。悲壮な顔をして、かつ痩せていたんでしょうね・・・。

 それでも会社に強要された訳ではなく、私は前職会社を愛していても全く恨んでいません。私のように、自らが判断して違う道に進むということは稀なのであり、大抵の方々はそこで行き詰まってしまうのでしょう。

 それでも過労死したり、精神疾患を発症する前に、ご自身が企業に見切りがつけられるのが一番良いと思っています。
「過労死防止基本法」が制定されれば、本当に画期的でしょう。

 生命より、大切なものなど何もない。

 先生方の活動を、心の底から応援しています。また、できる範囲で応援したいと思っております。頑張ってください。弱者を救済できる国でなければ、真の先進国とは言えないと思っています。

◆久保利子 様
 コメント、ありがとうございます。
 この過労死防止基本法は、労使の立場や考え方の違いを超えて、誰でも賛同してもらえるものだと考えています。
 「生命より、大切なものなど何もない。」
 本当に、おっしゃるとおりだと思います。
 岡山で大きな発言力をお持ちの久保様にご協力をいただけるとのこと、頼もしく思っております。
 よろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No.53 「ストップ!過労死」結成総会、250人の参加で成功:

« No.52 いよいよ明日~「ストップ!過労死」実行委員会結成 | トップページ | No.54 わらび座の「アテルイ」を観てきました »

無料ブログはココログ