2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

« No.61 「日本型バレンタインデー」の楽しみ方 | トップページ | No.63 「必ずやってくる南海地震」──大阪はどうなるか »

2012年2月18日 (土)

No.62 今年のサラリーマン川柳 私が選ぶベスト5+1

120217  2月16日、第25回の「サラリーマン川柳コンクール」のノミネート100句が発表された。第一生命のホームページで、これらの句を読むことができるし、気に入った句に投票することもできる。
 応募2万7184句の中から選ばれた100句だけあって、どれも力作だが、その中で私が特に気に入ったベスト5を挙げるとすれば、次の句である。

第1位(No.18) 円高だ! 海外行くぞ 円が無い
 これには吹き出しました。ノリもいいし、最後に「ガクッ」と来るところが最高! たぶん、投票でもいい線行くのではないでしょうか。

第2位(No.24) 俺知らぬ 妻のつぶやき 世界知る
 昨年は、「ツイッター 私が言っても ひとりごと」に笑いましたが、今年はこれに笑いました。しかし、よく考えると、そもそも「つぶやき」って、人に聞こえないように言うものでは?

第3位(No.32) 最近は 忘れるよりも 覚えない
 そのとおり、最近は、いったん覚えたものを忘れるというより、最初から覚えていないのです。
 よく似た感じのものに、「立ち上がり 目的忘れ また座る」(No.98)っていうのもありました。

120217_2 第4位(No.1) 女子会と 聴(き)いて覗(のぞ)けば 六十代
 確かに、「女子会」は年齢不問なのでしょう。
 でも、男性の場合も、年配の方々ほど「男子の本懐」や「日本男児」などと言いたがるので、偉そうなことは言えないようにも思います。

第5位(No.45) 毛虫いる さわげば娘の つけまつげ
 確かに、最近の若い女性の「つけまつげ」は本当にすごいですね。重さで瞼が下がってくるんじゃないかと、ハラハラするくらいです。

特別賞(No.76) 震災で 絆と優しさ 思い出す
 これは、日本人全体の実感ではないでしょうか。
 同じ川柳といっても、楽しいズッコケや皮肉系とは系列を異にし、しみじみとかみしめる句です。

 とはいえ、いろいろ論評するのは簡単ですが、実際に川柳を作るのは、本当に難しいと思います。
 発表された川柳を詠まれた皆さん、勝手なことを言ってすみません。
 私も、気のきいた川柳が詠めるようになりたいです。

         ↓   ↓   ↓  
♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.61 「日本型バレンタインデー」の楽しみ方 | トップページ | No.63 「必ずやってくる南海地震」──大阪はどうなるか »

文化・芸術」カテゴリの記事

3-1 働き方・過労死一般」カテゴリの記事

コメント

◆2012年4月27日、この第25回コンクールの投票結果が発表されました。
 1位は、「宝くじ 当たれば辞める」が合言葉
でした。

 私が上記で選んだ5句+1句の順位は、次のとおりでした。
 第1位 円高だ! 海外行くぞ 円が無い →15位
 第2位 俺知らぬ 妻のつぶやき 世界知る →76位
 第3位 最近は 忘れるよりも 覚えない →10位
 第4位 女子会と 聴(き)いて覗(のぞ)けば 六十代 →2位
 第5位 毛虫いる さわげば娘の つけまつげ →24位
 特別賞 震災で 絆と優しさ 思い出す →52位

 まずまずの結果で、満足しています。
 また挑戦してみたいです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No.62 今年のサラリーマン川柳 私が選ぶベスト5+1:

» 第25回サラリーマン川柳 [サイトーブログ]
第一生命が募集しているサラリーマン川柳「100句」が発表されました。 【第一生命 サラリーマン川柳コンクール】 http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/best100.html 【投票締め切り】   3月15日(木) まで 現在、発表された100句の中からトップ10を決めるための投票を受付中です。自分が選ぶとした……いやー難しいなあ、ぼくしたら、この10句でしょうか。 24)俺知らぬ   妻のつぶやき    世界知る  (芝竜) ... [続きを読む]

« No.61 「日本型バレンタインデー」の楽しみ方 | トップページ | No.63 「必ずやってくる南海地震」──大阪はどうなるか »

無料ブログはココログ