2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« No.66 生きるための「力」と「武器」を与える憲法・労働法教育 | トップページ | No.68 障害者への勤務配慮打ち切りに仮処分命令 »

2012年4月16日 (月)

No.67 春の妖艶

 この妖艶さはどうだろう。
 透き通るような白い肌といい、繊細なツヤといい、まさに芸術の域である。
 長細いヒゲさえ、かろうじて体にまとわっている布切れのように思えてくるから不思議である。

 定年後、大阪市内の地域労組で熱心に活動し、また大阪過労死家族の会の会計など裏方も引き受けてくれているEさんが、奥様がご自宅で作った作品ということで送ってくれた写真である。
 思わず吹き出したり感心したりと、しばらく楽しい時間を過ごすことができた。

 「大根足」という言葉があるが、そんな言葉は、この大根に失礼であろう。

120415

         ↓   ↓   ↓  
♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.66 生きるための「力」と「武器」を与える憲法・労働法教育 | トップページ | No.68 障害者への勤務配慮打ち切りに仮処分命令 »

6-1 思いつきエッセイ」カテゴリの記事

コメント

質問です(^^) 大根足って表現はセクハラ表現jじゃないんですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/54482965

この記事へのトラックバック一覧です: No.67 春の妖艶:

« No.66 生きるための「力」と「武器」を与える憲法・労働法教育 | トップページ | No.68 障害者への勤務配慮打ち切りに仮処分命令 »

無料ブログはココログ