2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

« No.69 宮崎の地で、過労自殺行政訴訟を提訴 | トップページ | No.71 過労死防止法の署名と快気祝い──今年のメーデー »

2012年4月28日 (土)

No.70 ついに行くことができた「井上陽水コンサート」

120427  4月27日の夜、オリックス劇場(旧大阪厚生年金会館)であった井上陽水の「LIVE 2012 Hello,Goodbye」に行ってきた。

 井上陽水といえば、吉田拓郎とともに「70年代フォーク」から「ニューミュージック」の分野での双璧である。最初に大ヒットした1972~74年ころの曲は、私の場合、多感な高校時代とほぼ重なり、とても思い入れがある。
 「人生が二度あれば」「断絶」「傘がない」「いつのまにか少女は」「心もよう」「闇夜の国から」など。
 しかし、この人の場合は、その後も音楽的にも文学的にも進化を続け、時代に迎合しない独自の領域を作り上げてきたように思う。

 このコンサートに「行きたい」と思ったのは、4月初めの朝日新聞記事「陽水、揺らぐ揺さぶる 4月から全国ツアー」を読んだからであった。

 井上陽水が4月から全国ツアーを始める。昨年の東日本大震災でツアーを中断し、「しばらく歌う気になれなかった」という。今回は満を持し、復活をかけるステージになる。

 「アウシュビッツ以後、詩を書くことは野蛮である」。震災と原発事故のニュースを見ると、ドイツの哲学者アドルノのこの言葉が胸にしっくりきていた。

 初期の代表作の「傘がない」は、政治なんかより好きな女の子に会いに行かなくちゃという歌詞で、「今歌うことに疑問がある」と話す。「原子力と水と石油達の為(ため)に/私達は何をしてあげられるの」と歌う「最後のニュース」も「今は適切でない気がする」という。

 「『今だから元気な歌を歌ってよ』と妹に言われてね。明るい曲を、『夢の中へ』や『アジアの純真』みたいなロックを中心に、じゃあやってみようかと」

120427_2  コンサートは「東へ西へ」から始まり、最後の「夢の中へ」までの24曲を、一度の休憩も取ることなく、ちょっとはにかんだようなトークを挟んで会場を和ませながら、一気に走り抜けた。
 あの高音の澄み切った声で、ささやくような小声からオペラのような声量まで、また唱歌のような歌い方から絶叫まで、縦横無尽・変幻自在に歌いまくる。あっという間の2時間20分だった。

 ただ、今から思うと、上で述べた朝日新聞の記事で「今歌うことに疑問がある」と話していた「傘がない」は歌わなかったが、「今は適切でない気がする」と言っていた「最後のニュース」は歌っていた。

闇に沈む月の裏の顔をあばき 青い砂や石をどこへ運び去ったの
忘れられぬ人が銃で撃たれ倒れ みんな泣いたあとで誰を忘れ去ったの
飛行船が赤く空に燃え上がって のどかだった空はあれが最後だったの
地球上に人があふれだして 海の先の先へこぼれ落ちてしまうの
今 あなたにGood-night ただ あなたにGood-Bye

暑い国の象や広い海の鯨  滅びゆくかどうか誰が調べるの
原子力と水と石油達の為に 私達は何をしてあげられるの

薬漬けにされて治るあてをなくし 痩せた体合わせどんな恋をしているの
地球上のサンソ、チッソ、フロンガスは 森の花の園にどんな風を送ってるの
今 あなたにGood-night ただ あなたにGood-Bye

機関銃の弾を体中に巻いて ケモノ達の中で誰に手紙を書いてるの
眠りかけた男達の夢の外で 目覚めかけた女達は何を夢見るの
親の愛を知らぬ子供達の歌を 声のしない歌を誰が聞いてくれるの
世界中の国の人と愛と兼ねが 入り乱れていつか混ざりあえるの
今 あなたにGood-night ただ あなたにGood-Bye

 改めて読んでみると、1行1行が実に深い、考えさせられる曲である。
 もともとこの曲は、親しかった筑紫哲也さんから、「NEWS23」のエンディングテーマとして依頼されて作曲したとされている。
 震災から1年を過ぎ、政治や経済界が原発稼働再開を強引に進めようとしている中で、陽水は考えを変えたのかもしれない。

 しかし、そうだとすると、「傘がない」も、むしろ、今歌うべきではないだろうか。

都会では自殺する若者が増えている 今朝来た新聞の片隅に書いていた
だけども問題は今日の雨 傘がない
行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ 君の町にいかなくちゃ 雨にぬれ
冷たい雨が 今日は心に浸みる 君の事以外は 考えられなくなる
それはいい事だろ?

テレビでは我が国の将来の問題を 誰かが深刻な顔をしてしゃべってる
だけども問題は今日の雨 傘がない
行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ 君の家に行かなくちゃ 雨にぬれ
冷たい雨が 僕の目の中に降る 君の事以外は 何も見えなくなる
それはいい事だろ?
(以下、略)

 いずれにせよ、陽水は、政治や社会と距離をおくように見えながら、批判・風刺を忘れない。
 それが、私もかろうじて含まれる「ポスト団塊世代」の属性なのかもしれないと、勝手に納得しておくことにした。

 ※画像上・下とも、会場に立てられていたパネル。
   画像下のパネルでは、歌われた24曲が紹介されている(クリックで拡大)。

         ↓   ↓   ↓  
♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.69 宮崎の地で、過労自殺行政訴訟を提訴 | トップページ | No.71 過労死防止法の署名と快気祝い──今年のメーデー »

5-1 コンサート・演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/54577168

この記事へのトラックバック一覧です: No.70 ついに行くことができた「井上陽水コンサート」:

« No.69 宮崎の地で、過労自殺行政訴訟を提訴 | トップページ | No.71 過労死防止法の署名と快気祝い──今年のメーデー »

無料ブログはココログ