2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の6件の記事

2012年5月30日 (水)

No.76 ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の美しさと力強さ

◆5月26日、劇団四季のミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」を観てきた。
 私は一応、同劇団の会員で、これまでロングラン公演をしている作品を中心に時々観てきたが、この「サウンド‥」だけはなかなか機会がなかった。
 この6月3日が大阪での千秋楽ということで、最後に滑り込みでチケットを購入したのである。

 他のミュージカルに較べて思い入れがあるのは、中学1年生で英語を初めて習ったとき、新任の英語の先生だったU先生(若くて素敵な女の先生だった)が、このミュージカルのことを話してくれて、クラスの皆で英語で「エーデルワイス」を歌い、「美しい曲だなあ」と思ったことを覚えているからである(もう42年も前のことになる)。
 それ以来、映画もビデオも観たことがなく、恥ずかしながら今回観劇して初めて、ストーリーや時代背景を知った。
120530


◆ストーリーの舞台は、第2次世界大戦直前のオーストリア。ザルツブルグ郊外の修道院で修業中のマリアは、歌が好きで修道院を抜け出しては、近くの山で歌を歌っている。修道院長は、オーストリア海軍の誇り高き軍人で妻を亡くしたフォン・トラップ大佐の邸宅に、7人の子どもたちの家庭教師としてマリアを派遣する。マリアは、厳格に育てられ過ぎていた子どもたちの心を歌ですぐにとらえ、最終的にトラップ大佐と結婚する。

 トラップ大佐は、当時ヨーロッパで台頭してきていたナチス・ドイツに屈伏することを拒んでいたが、ついにオーストリアはナチス・ドイツ帝国に併合されて「第三帝国」の一部となり、反ナチス派の大佐に、軍は召集令状を送りつけてきた。一家で出演した音楽会で優勝した夜、一家はナチスの監視の目を盗んで逃げ、歩いて山を越えてスイスに脱出する、というものである。

◆芸術面では、何よりも、7人の子どもたちが個性豊かで、歌がうまく、本当にかわいい。
 特に、有名な「ドレミの歌」や「エーデルワイス」はもちろんだが、個人的には、子どもたちが“鳩時計”のような振り付けをしながら歌う「さよなら またね(SO LONG,FAREWELL)」が愛らしくて、最高だった。
 また、主人公のマリア(この日は井上智恵さん)は明るくて素敵だし、トラップ大佐(同じく芝 清道さん)は渋くてカッコいい。修道院長(秋山知子さん)が意外といい味を出している。長女のリーズル(池松 日佳瑠さん)も、多感な年頃の女の子をよく演じていた(池松さんは、遠目には安達祐実さんに似ている感じがした)。

◆時代背景として、ナチス・ドイツの進出に、国民の多くが流され屈伏していく恐さがよく表されていた。
 村の役員がトラップ大佐の家に来て、「ハイル・ヒットラー!」と大声で敬礼し、「ナチスの旗を掲げていないのはこの家だけだ!」と迫る。大佐が自宅で開いたパーティーの参加者は、ナチス追随派と拒否派の2つに分かれて互いに口をきかない。
 そして、最後、オーストリアはナチス・ドイツに併合され、トラップ大佐は軍人として出頭を命じられるが、苦悩の末、一家で亡命を決意するのである。
 あの「エーデルワイス」の歌は、トラップ大佐が音楽会で敢然と歌った、オーストリア人としての誇りを歌った歌なのである。
 このような時代背景を知って、改めてこのミュージカルの美しさと力強さの源泉がわかった気がした。

◆それにしても、時の為政者が服従・屈伏を強いるために「踏み絵」をさせる恐さは、つい最近の大阪での「君が代」斉唱の起立・唱和の監視や、職員へのアンケートの強制などとダブって、迫ってくるものがあった。
 その意味で、このミュージカルが訴えているテーマは、決して過去のものではない、と思った。


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2012年5月28日 (月)

No.75 3日間にわたり、国会議員に「過労死防止法」制定の要請活動

No.53で書いたように、昨年11月18日、「ストップ!過労死 過労死防止法制定実行委員会」が結成され、私はその事務局長を務めさせていただいている。
 実行委員会は、①「ストップ!過労死100万人署名」を集めて世論を盛り上げること、②衆参両院の厚生労働委員会の方々をはじめ国会議員に広く働きかけることにより、議員立法を目指す活動を行っている。

1206064

 署名は既に約17万人分に達しているが、現在行われている通常国会の最終盤である6月6日に大規模な院内集会(チラシ参照)を予定しており、多数の国会議員の皆様に参加していただきたいと考えている。
 そのための取り組みの一環として、私は5月21日(月)~25日(金)の4泊5日で東京に滞在し、可能な限り国会議員の方にお会いして、防止法への理解と院内集会への参加を訴えることにした。
 何とかアポイントが取れて、議員本人又は秘書の方とお話ができたのは、次の皆さんである(敬称略)。
 ご多忙な中、時間を割いていただいた皆さんに、深く感謝を申し上げる次第である。

■5月23日(水)
【議員本人】
 初鹿明博(衆議院、厚労委、民主党、東京16区)
 土肥隆一(衆議院、現在は無所属、兵庫13区)(※ただし、廊下での立ち話)
【秘書】
 仁木博文(衆議院、厚労委、民主党、比例中国)
 吉田統彦(衆議院、厚労委、民主党、比例東海)
 梅村 聡(参議院、厚労委、民主党、大阪選挙区)
 内山 晃(衆議院、新党きづな、千葉7区)
 三宅雪子(衆議院、厚労委、民主党、比例北関東)
 服部良一(衆議院、社民党、比例近畿)
 西村康稔(衆議院、自民党、兵庫9区)
120524img_4359jpg

■5月24日(木)
【議員本人】
 三原じゅん子(参議院、自民党、比例区)
 古屋範子(衆議院、厚労委、公明党、比例南関東)
【秘書】
 柿沢未途(衆議院、厚労委、みんなの党、東京15区)
 石井準一(参議院、自民党、千葉選挙区)
 中村明彦(参議院、自民党、比例区)

■5月25日(金)
【議員本人】
 福山哲郎(参議院、民主党、京都選挙区)
 福島瑞穂(参議院、社民党、比例区)
 泉 健太(衆議院、民主党、京都3区)
【秘書】
 有田芳生(参議院、民主党、比例区)
 田中康夫(衆議院、新党日本、兵庫8区)
 鈴木 覚(参議院、民主党、東京選挙区)
 大島 敦(衆議院、民主党、埼玉6区)
 井上哲士(参議院、共産党、比例区)
なお、これらはこの3日間で私がお会いした方々に過ぎず、実行委員会がこれまでにお会いしているのはこの数倍に及ぶ。

◆3日間の要請活動で感じた、素朴な感想は次のとおりである。
①議員の皆さんの多くは若い! 30代、40代の若い方々が非常に多く、フレッシュで活動的(あえていえば体育会的)だった。
②国会議員の皆さんは大変忙しく、その合間を縫っての要請であったにもかかわらず、議員本人も秘書の方も、全体として大変ていねいな対応で、話をよく聞いて下さった。
③良くも悪くも、この議員の方たちが法律を作っていること、議員といっても普通の生活をし市民感覚を持っている人々であること、その背後には投票した支持者・有権者がおり、その期待を背負って活動されているということを感じた。
④それだけに、過労死防止法の立法化を訴える私たちは、議員の皆さんと、その母体であり主権者である国民に、粘り強く働きかけることが必要だということを痛感した。

 それにしても、弁護士でありながら、これだけ議員会館に足しげく通うことになるとは思いも寄らなかった。
 ロビーやエレベーター、廊下などで、普段テレビでしか見ない有名な政治家の方々と普通にすれ違う(今回では、元首相のH山さんやMさん、最近国会で問責決議がなされたTさんなど)。そんな経験ができるのも、ロビー活動の面白さかもしれない。

 ※写真(上) 6月6日の院内集会のチラシ(皆さんぜひご参加下さい)
    (下) 面談して下さった公明党の古屋範子議員と、川人博弁護士、中原のり子さん(東京家族の会)

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2012年5月21日 (月)

No.74 風薫る札幌で「知恵」と「元気」をもらう──欠陥住宅全国ネット第32回大会

120519img_4325_2


◆5月19~20日、札幌で開かれた欠陥住宅ネットの全国大会に行ってきた。
 飛行機から降り立った札幌は快晴で、大阪よりかなり気温は低い。湿気が少ないので、風が実に爽やかである。

 伊藤学代表幹事の開会あいさつ、札幌弁護士会会長の長田正寛先生の来賓挨拶、吉岡和弘幹事長の基調報告に続いて、次のような講演や報告と討論が行われた。

120519img_4317_3


(1日目)
・特別講演Ⅰ「別府マンション事件の経緯と平成23年最判後の判例の動向」
・特別講演Ⅱ「欠陥住宅の不動産鑑定評価」(仮に補修をしても交換価値が下がるという問題)
・追加・変更工事の問題事例の報告と、パネルディスカッション(多額・多数の追加変更工事が書面なしで行われ、後で訴訟になるケースが多い)
(2日目)
・勝つための鑑定書
・勝訴判決・和解報告
・「耐震基準適合証明書」の悪用問題

 全国ネットは、欠陥住宅問題に関わる弁護士、建築士、学者、市民のネットワークであるが、年2回の全国大会では、その特長が十分に発揮される。それぞれの立場から様々な報告や意見交換が行われ、約100名もの参加者がいる会場全体で、議論が深まっていくのである。

 今回の大会で、全国ネットの事務局長が、東京の河合敏男さんから大阪の平泉憲一さんに交代した。私は1999年7月(第7回広島大会)~2006年11月(第21回福岡大会)までの7年半にわたって事務局長を務め、河合さんはその後5年半にわたって事務局長を務められたのである。
 後任は再び大阪から、平泉憲一さんが就任した。平泉さんのあったかくてちょっととぼけたキャラで、頑張ってほしい。
 また、私も事務局長退任後5年半にわたって務めた副幹事長を退任させていただいた。事務局長時代とあわせて13年間に及ぶだけに、私なりに感慨深いものがあった。
120519img_4332_3

◆1日目終了後の懇親会は、「揚子江」(別名「黄金寿司」)という、北海道ネット事務局長の石川和弘弁護士イチオシのお店で行われた。確かに、豪華でおいしい料理であった。
 いきなり出てきた「毛ガニ」は特大のうえ、塩加減が抜群である。30㎝はある巨大なアスパラも柔らかくておいしい。日本酒のシャーベットは珍しく、なぜか酔いが回った。おかげで酔っぱらってしまい、二次会のスナックまでは覚えているが、最後にラーメンを食べに行ったというが記憶がない(笑)。
 いつもの立食形式と異なり、本当にワイワイガヤガヤとおいしいものを食べたという感じである。また必ず来たい。

120519img_4352_3


◆大会2日目終了後、夕方5時前の飛行機まで少し時間があったので、仲間のみんなと「キリンビール園」でジンギスカンを食べ、その後北海道大学に行きキャンパス内を歩いた。
 北海道大学(札幌キャンパス)は本当に広大で、緑がやさしく、歩いているだけで癒される。学生たちが芝生のあちこちでバーベキューをしていた。今度生まれ変わったらここに入りたいなあ、なんて思った。

120519img_4347_2

 いつものことだが、「知恵」と「元気」をもらった2日間であった。

 ※写真の説明(上から順)
 ①大会会場全景
 ②基調報告をする吉岡幹事長
 ③「揚子江」で出てきた巨大な毛ガニ
 ④北海道大学の時計台
 ⑤“Boys be ambitious !”の言葉で有名なクラーク像の前で


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2012年5月14日 (月)

No.73 今年も行って来ました! 「母に感謝のコンサート」

120513_2

◆5月13日、昨年(No.21)に続いて、大阪城ホールで開かれた「母に感謝のコンサート」に、今年も行ってきた。
 このコンサートは今年で6回目とのことだが、私自身は3回目の参加である。

 今年の参加アーティストと曲目は、次のとおりである(100%の自信はないが)。
 【1】秋川雅史 ①千の風になって ②悲しき天使 ③明日という日が
 【2】麻衣 ①dreamland ②Stand Alone(「NHK「坂の上の雲」のテーマソング)
 【3】中村美津子 ①河内おとこ節 ②瞼の母 ③情け川
 【4】由紀さおり・安田祥子 ①お母さん ②みかんの花咲く丘 ③ぞうさん ④小鳥の唄 ⑤ゆりかご ⑥故郷の空 ⑦谷間のともしび ⑧故郷 ⑨夜明けのスキャット
 【5】南こうせつ ①好きだった人 ②うちのお父さん ③神田川 ④夢一夜 ⑤妹よ
 【6】さだまさし(サプライズゲスト)①案山子 ②秋桜 ③いのちの理由(わけ)
 【7】森山良子 ①家族写真 ②涙そうそう ③Ale Ale Ale ④あなたが好きで
 【8】全員 母へ

120513img_4298

 さだまさしさんが今年のスペシャルゲストということは、スタッフのほとんども知らなかったようで、その意外性が楽しかった。
 一昨年や昨年は出演者がサプライズゲストも含めて11~12人いたが、今年は7人ということで、少し人数を絞って、その分1人当たりの曲数やトークが増えた感じがする。
 いずれにせよ、今年もとてもよかった。
 会場は昨年と同じくほぼ満席で、観客の7割くらいが女性であった。
 「父に感謝のコンサート」が仮に行われたとして、果たしてこれだけ集まるだろうか。お父さんにとってはちょっと寂しい気もする。

◆なお、今年のコンサートは、我が家にとっても、昨年とちょっと違ったものがあった。
 一昨年は私たち夫婦と義母のみ、昨年は私たち夫婦と義母と2人の息子の5人だったが、今年は長男がもう6年くらい付き合っている彼女も一緒だったのである。
 昨年のコンサートの後の食事会で長男に、「来年は彼女も連れて来るか?」と聞いたら、その後すぐに「来年は行きたいと言ってるで」と、長男にしては積極的に反応があり、1年前からの鳴り物入りで予定していたのである。

 今年も、昨年と同じように、コンサートの後、京橋のOBPツインタワーの38階にあるレストラン「燦」で、6人で食事をした。長男と彼女から、妻と義母にプレゼントもあり、とても楽しいひとときを過ごした。
 来年のコンサートはどうかということとともに、我が家は来年はどうなっているのかということも、多少は気になるところである。


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2012年5月 7日 (月)

No.72 兄弟3人で高校時代の恩師と会う

 4月30日、墓参りで和歌山県紀ノ川市に帰郷したが、その際珍しく兄弟3人が揃うことになったので、「せっかくだから小倉ヒロ子先生に会いに行こう」ということになった。

 私たち3人兄弟はすべて和歌山県立那賀高校の出身で、兄は昭和48年、私は昭和50年、弟は昭和52年の卒業である。
 小倉先生には、兄と私は数学を習っただけであったが、弟は何と3年間も担任を受け持ってもらい、「切っても切れない縁」になってしまったのである。
120430img_4239jpg

 小倉先生は生徒にとても厳しく、いつも辛口の批評や嫌味を言ったり、授業中私語をしているとチョークが飛んでくるなど、とても恐い先生だったが、生徒たちは決して小倉先生を嫌ってはいなかった。
 私も、自分の結婚式には、担任の阪口巖先生とともに、小倉先生にも来ていただいた。

 小倉先生は現在、紀ノ川市内の老人保健施設に入所されており、私たち3人が面会に行くと、本当に喜んでくれた。
 聞くところでは最近少し記憶が頼りなくなってきているとのことだったが、そのような感じは受けなかった。
 二回りくらい小さくなったように感じられ、またメガネをかけていないため、昔の雰囲気と違ってはいたが、「裕(弟のこと)のことは時々思い出すけど、アンタ(私のこと)はあんまり思い出さん」など、辛口の嫌味は健在(?)だった。

 お話の中で、当時ライバルだった隣の粉河高校理数科との進学競争のことや、どの生徒をどのクラスに振り分けるかの裏話など、実に鮮明に覚えておられ話してくれた。
 また、兄が高1で私や弟がまだ中学生以下のころ、紀伊中之島の駅で岩城家5人(両親と兄弟3人)でばったり会い、一緒に喫茶店に行った際、私と弟を指して「そのうちこのコマイの(小さいの)が那高に入ってくるんやろなあ」と話したことなど、初めて聞く話も懐かしく話して下さった。両親とも既に亡くなった今、そんな話を聞けたのは嬉しかった。

 私たちが帰ろうとすると、小倉先生はエレベーターに乗って1階まで送ると言ってくれたが、思うように歩けないのでヘルパーの方に止められ、エレベーター前で別れた。
 小倉先生の、ご健康と長寿を願いながら、帰路についた。


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2012年5月 6日 (日)

No.71 過労死防止法の署名と快気祝い──今年のメーデー

120501img_4252


◆毎年、5月1日のメーデーの日は、我が事務所は伝統的にお休みである。
 メーデーは「労働者の祭典」とされ、我々弁護士は一応経営者であって労働者でないが、「労働者の味方であり、連帯する」というような趣旨で、事務所としてメーデーに参加し(ただし強制ではない)、その後食事会を行うのが通例である。
120501img_4246


 しかし、今年は少し趣が違った。「過労死防止法制定大阪実行委員会」として、3つのローカルセンターのメーデー会場(大阪城公園、扇町公園、中之島公園)で署名活動をしようということになったのである。

 午前8時には扇町公園の地下鉄出口に集合。事務所の所員の過半数を超える7人が参加してくれ、他の弁護士や過労死家族の会、支援者の皆さんと総勢20名くらいで署名活動を行った。
120501img_4244

 集会参加者の皆さんの反応はよく、422筆の署名が集まった。

 午前9時半過ぎから、大半のメンバーは連合メーデーの会場である大阪城公園に移動し、また全国過労死家族の会の代表の寺西笑子さんは、大阪全労協のメーデー会場で壇上から訴えを行うために中之島公園に向かった。

120501img_4250

 私たちは扇町公園にとどまり、集会とデモ行進に参加した。
 会場では、4月1日から名称を変えて意気が上がっている大阪青年ユニオンの皆さんとも会って、楽しかった。

◆後半は、当事務所の酒井事務局長の快気祝いを兼ねた食事会を、南森町にある「旬味 ひげ」というお店で行った。

120501img_4255

 酒井さんは半月あまり、事務所の隣にある大阪市大附属病院に入院されていたが、4月下旬、無事退院されたのである。

 酒井さんは当事務所の蒲田所長が弁護士になった翌年に天王寺法律事務所に入所され、当事務所を開設した平成7年、一緒にこちらの事務所に来てもらった。もう、それから17年にもなり、我が事務所になくてはならない存在になっている。
120501img_4253
 おいしい食事と、昼間っから日本酒をしこたまいただいて、すっかり酔ってしまった。
 例年以上に、思い出に残るメーデーとなった。

 ※写真(上から順に)
 ①メーデー(扇町)会場全体
 ②松丸弁護士もマイクを握って訴える
 ③おなじみになった「早くおうちにカエル君」も登場
 ④「大阪青年ユニオン」の皆さんと
 ⑤酒井事務局長(写真左)
120501img_4258
 ⑥お店が作ってくれた「お品書き」
 ⑦おにぎり一つで幸せそうな私(写真右)


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

無料ブログはココログ