2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の4件の記事

2012年6月27日 (水)

No.80 団藤重光先生の逝去を悼む

120626_3


 団藤重光先生が6月25日、亡くなられた。98歳、老衰とのことなので、天寿を全うされたといってよいだろう。
 団藤先生といえば、私たちの司法試験受験世代(1980年代前半)にとっては、刑法のカリスマ的存在である。
 私を含め、先生の「刑法綱要(総論・各論)」を「基本書」にして刑法を勉強した人は多い。

 先生のこの著書は、文字が大きく文章も読みやすいのに、重厚であり、「註」も含めて無駄な記述が一切ない。
 何よりも、刑法の本というよりも、人間のあり方を問うた哲学書のようだ。座ってこの本を開くときは、姿勢を正し、敬虔な気持ちでページをめくらなければいけないような、そんな重みがあった。
 なのに、文章に人間に対する愛情、ヒューマニズムが感じられる。
 重厚なのに平易であり、厳粛なのに優しさが滲み出ているのである。
 この点は、我妻栄先生の名著、「民法講義」とも共通していると思う。

120626_2

 団藤先生は最高裁判事も務められ(1974~83年)、再審の門戸を広げた「白鳥決定」(1975年)に関わるなど、リベラル派としても高い信頼を受けた。
 判事退官後は死刑廃止運動に積極的に関わられたことにも、先生のヒューマニズムが表れている。
 こんな刑法学者は、もう出ないのではないだろうか。

 最後までお会いする機会もなかったが、先生の著書で学んだことは、間違いなく私の一部になっていると思う。
 先生を惜しむ気持ちと感謝の気持ちでいっぱいである。
 団藤先生、本当にありがとうございました。


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2012年6月25日 (月)

No.79 これは面白い!「マンガ de 恋愛学」

120624_de_2


◆新聞広告でふと目にして興味をそそられたので、アマゾンで買って読んだ。
 とても面白い。高世えり子さんのマンガもいい。
 著者は、早稲田大学国際教養学部教授の森川友義氏。
 もともと政治学畑のご出身で、専門は、ちょっと聞き慣れない「進化政治学」とのことだが、最近はこの「恋愛学」で人気を呼んでいるようである。
 先生は1955年生まれとのことなので、ほぼ私と同世代ということになる。

◆以下は、印象に残ったポイント。
【パート1(基礎編) そもそも、なぜ恋愛するの?】
・人間社会はここ数万年で著しく変化したが、遺伝子は狩猟採集時代(縄文時代)から変わっていない。
・恋愛感情というのは、「子どもを作らせるために進化の途上で生まれた一時的な情動」である。
・生物は自分の遺伝子を後世に伝えよとプログラムされているので、自分の遺伝子が好む理想の異性を求め続ける。
・男性が女性に求めるのは、若くて(健康)、料理上手で(家族の栄養管理能力)、自分の子を(貞節)、たくさん産んで(安産、多産体型)、育ててくれる(母性)、見た目がいい(子どもにも異性獲得能力が期待できる)ということ。
 女性が男性に求めるのは、健康で(若い、体力あり、体格よし)、経済的資源が豊富(金持ち)、浮気しない優しさ(妊娠期間・出産・子育て中、危険から保護してくれる)、見た目がいい(男性と同じ理由)ということ。
・男性ホルモン「テストステロン」、女性ホルモン「エストロゲン」は程度の差こそあれ男女それぞれにある。その組み合わせによって、見た目、声、性格(負けず嫌いか協調的か)、思考タイプ(合理的思考か情緒的思考か)、男性の場合の性欲の強さ、などで違いが出る。
・人間の五感は、恋愛のために進化した。
 視覚(見た目)
 嗅覚(におい)
 聴覚(声質、言葉づかい)
 味覚(相手の持ってきたごはんの味、キス)
 触覚(手をつなぐ、性交渉)
・男性が女性に食事をごちそうするのは、経済的支援の提供のアピールである。女性はその食事の味と、その際の男性のマナー、優しさで総合点をつける。
・女性が男性に手料理を作ってあげるのは、栄養管理能力のアピールとなる。男は女の手料理に弱い。
・キスには、恋愛感情の意思表示、生活習慣や恋愛経験のチェックのほか、HLA(恋愛遺伝子)の相性の確認、口内のバクテリア交換による免疫力のアップという意味もある。
・セックスは、男性にとっては「繁殖機会の獲得」、恋愛のゴールであり後はだんだん飽きてくるが、女性にとっては「恋愛の本格的スタート」であり、そこにはズレがある。2人の「結婚したい」との思いが重なる時期が結婚のタイミングである。同棲してしまうと、そのタイミングを逃しやすい。

 ※なるほど、と思わせることが多い。
  一昔前までは、結婚前に性交渉をすると女性は「キズモノ」になり、男は「責任」を取らなければならないと思われていた。ある意味で、結婚を促進する合理的な慣習だったのかもしれない。
  ちなみに、「同棲時代」という映画や歌が流行した頃は、言葉を聞くだけでクラクラするような背徳感と艶かしさがあった。

【パート2(応用編) 恋愛に必要なコトってなに?】
・恋愛も食べ物の物々交換と同じで、自分を売ったり(魅力のアピール)、相手を買ったり(恋人ゲット)することである。
・自分の資産価値(男性の場合は①健康、②経済力、③一途・やさしい、④見た目、女性の場合は①健康、②料理、③一途、④体型、⑤母性、⑥見た目)をきちんと把握して、異性と出会える恋愛市場に勇気を持って参加し、戦略を持って投資(お金、時間、エネルギー)をすべきである。

【パート3(実践編) あなたの恋はこれでうまくいく!】
・恋愛には戦略が必要である。例えば、次のようなものがある(抜粋)。
 「暗闇戦術」(人間は暗闇でテストステロンが上昇し、異性への関心が高まる)
 「パーソナルスペース戦略」(50㎝以内は親密な関係を築くのに必須の距離)
 「アドバルーン戦術」(うその情報を流して相手の反応を見る)
 「秘密の共有戦術」(共通の秘密を持つことで精神的距離を狭める)
 「戦略的服従戦術」(相手に従うフリをして実利を取りに行く)
 「希少価値アピール戦術」(このタイミングしかないと希少価値をアピールして、相手の意欲をかき立てる)
 「ダブル・バインド戦略」(相手に2つの選択肢しか与えず、ノーと言わせない)

 ※知らず知らずのうちに実践しているものも多いと思われるが、このように整理してみると面白い。

◆子孫を産み、育てる性である女性と、家族を外敵から守り、狩猟をして得た獲物を家族に与える男性とは、基本的な違いがあり、これはわずか数千年から数百年の間では変化していないのではないか。この問題意識は、10年ほど前に読んだ、ビーズ夫妻の「話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く」、「嘘つき男と泣き虫女」でも共通している。
 この、いわば自然科学的、進化生物学的な観点と、一方で、批判の強い性別役割分担論や良妻賢母教育、ジェンダーなどの問題は、どう整合的に捉えたらいいのだろうか。
 また、近年の女性の社会進出、男女共同参画社会の理念、イクメン、専業主夫の広がりなどとの整合性はどうか。
 さらに、最近の若い女性の男性化(言葉や行動様式など)、「草食系男子」と「肉食系女子」の増加はどう考えたらいいのだろうか。
 森川先生に、尋ねてみたいなあと思う。

◆そう考えると、やっぱり男と女の関係は永遠の謎である。
 長谷川きよしの「黒の舟唄」を思い出した(以下の歌詞は一部)。

 男と女の間には
 深くて暗い 河がある
 誰も渡れぬ 河なれど
 エンヤコラ今夜も 舟を出す
 ROW & ROW ROW & ROW
 振り返るな ROW ROW

 たとえば男は あほう鳥
 たとえば女は わすれ貝
 真っ赤な潮が 満ちるとき
 失くしたものを 想い出す
 ROW & ROW ROW & ROW
 振り返るな ROW ROW

 おまえとおれとの間には
 深くて暗い 河がある
 それでもやっぱり 逢いたくて
 エンヤコラ今夜も 舟を出す
 ROW & ROW ROW & ROW
 振り返るな ROW ROW

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2012年6月16日 (土)

No.78  「過労死防止基本法」制定へ巨大な一歩──「制定を願う集い」に270人、溢れる熱気

120606


 6月6日、衆議院第1議員会館で行なった院内集会“ストップ!過労死 「過労死防止基本法」の制定を願う集い”は、大会議室をほぼ埋めつくす270名が参加し、熱気溢れる集会となった。

 とりわけ今回の集会で特筆されるのは、次の4点である。
120606_2


① 当日までに21万5000を超える署名が寄せられた中で開かれたこと。
 署名運動が本格的に始まった1月下旬から3か月後の4月19日に10万人を突破したが、そのわずか1か月半後には20万人を突破して、この日を迎えることができた。

② 幅広い政党から、国会議員ご本人の参加(秘書同行を含む)27名、秘書のみの参加27名、合計54名の議員の方々が直接・間接に参加して下さったこと。
 国会終盤で、議員の皆さんは超ご多忙にもかかわらず、驚くほどたくさんの議員ご本人が駆けつけて下さり、また議員がご都合の悪い場合でも、秘書の方が来て下さった。
120606_3

③ 過労死・過労自殺の遺族がたくさん参加され、うち9名の方が、自分の辛い体験を踏まえて過労死防止基本法の必要性を訴えて下さったこと。
 大切な家族を過労死・過労自殺で失った遺族の願いが、この「過労死防止基本法」なのである。
 (遺族の訴えの要旨は、実行委員会のホームページ(ブログ)で読むことができます)

120606_4

④ 集いの開催中に、小宮山洋子厚生労働大臣と直接面談する機会が与えられ、大臣から、基本法について前向きな評価と激励をいただいたこと。
 午後3時30分~45分の15分間という短い時間であったが、遺族の皆さんの宿願がついに実現した。小宮山洋子厚労大臣は、NHKの解説委員・アナウンサー時代に過労死問題を取り上げたこともあるとのことで、過労死防止基本法の法案が出されれば、厚労省として真摯に対応することを約束してくれるとともに、私たちの取り組みを激励して下さった。
120606_5

 今回の集いの成功によって、過労死防止基本法制定の取り組みは新しい段階に入ったのではないかと思う。
 私たちはこれをうれしく思うと同時に、一方で、責任の重大さもをひしひしと感じる。
 基本法の実現に向け、これからいっそう頑張っていきたい。

 ※写真(上から順)(クリックすると拡大されます)
  ①「願う集い」で発言する森岡孝二実行委員長
  ②会場の一番前に積み上げられた、20万人分の署名
  ③参加者でほぼ埋めつくされた会場
  ④実行委員会の代表団と小宮山厚労大臣との面談
  ⑤面談を報じた京都新聞の記事


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2012年6月 2日 (土)

No.77 東京新聞に「過労死防止法」の取り組みが紹介されました

120528


 東京新聞(2012年5月28日付け)に、「過労社会 防げなかった死<下> 命より大切な仕事って」として、私たちの「過労死防止法基本法(仮称)」の制定を求める取り組みが、大きく紹介された。
 この記事は、
 過労社会 防げなかった死<上> 急成長ワタミ「労使一体」
 過労社会 防げなかった死<中> 外食大手「うちだけじゃない」
に続くもので、3つとも、現在の過労社会の実態に深く切り込んでいる。ぜひお読みいただきたいと思う。

 このようなすばらしい記事を書かれた記者の方と東京新聞に、深く敬意を表したい。
 また、記事の中でも紹介されている、6月6日の「院内集会」を、必ず成功させたいと思う。

 働き過ぎから心身ともに追い詰められる「過労社会」をつぶさに目撃してきたのは、女性たちだ。ある日突然倒れた夫や子どもを日々、会社に送り出してきた。 「国に要請しても裁判に訴えても過労死は減らない」

 約二百五十人の過労死遺族でつくる「全国過労死を考える家族の会」代表の寺西笑子(えみこ)さん(63)=京都市=は昨年十一月、衆院議員会館でマイクを握った。議員らを前に「過労死防止基本法(仮称)」の制定を訴えた。

 寺西さんは一九九六年、そば店で働く夫を過労自殺で失った。労災申請しようと、新聞に載っていた電話相談「過労死一一〇番」にかけた。
120528_2

 応対したのが現在、「過労死弁護団全国連絡会議」事務局次長を務める岩城穣(ゆたか)弁護士(55)だった。「まだ自殺の認定基準はなく、現状では認定は難しい」と寺西さんに告げた後、こう持ち掛けた。「新たな基準を作るために僕も頑張っている。一緒に頑張りませんか」。以来、寺西さんは岩城弁護士と行動を共にしてきた。

 「過労死」という言葉は、三人の医師が八二年に出版した書籍に初めて登場する。当時は、労働者の急死の原因を解明し、労災認定を求めようと、一部の弁護士や医師らが活動を始めたばかり。岩城弁護士は「会社の責任を問う発想はなかった」と振り返る。

 八八年に大阪の弁護士らが始めた過労死一一〇番をきっかけに、遺族が立ち上がる。各地で家族の会が設立され、九一年に全国組織となった。遺族は弁護団と連携し、労災申請や企業の責任を問う裁判を次々と起こした。

 労災認定に数年、裁判ならばさらに数年。会社から協力は得られず、遺族自身が過労を示す内部資料や同僚の証言を集めて回った。勝訴すれば、成功例として会員の中でノウハウを情報交換した。会員の裁判が先駆けとなって判例も生まれ、過労死への社会的関心も高まっていった。

 寺西さんも十年かけて会社側に責任を認めさせ、裁判で和解。家族の会は、労災認定の基準を緩和させる原動力となった。過労死の主因である「脳・心臓疾患」と「精神障害」の労災認定率は、九七年に約13%だったのが、二〇一〇年には約30%にまで伸びた。

 「日本人は身を粉にして働くことを美徳としてきた。法律を作り、こうした働き方を考えるきっかけにしたい」と寺西さん。基本法に、国や企業の責任を明確にし、政府の重点施策に過労死防止を盛り込むことなどを求めている。

 家族の会などは現在、全国で署名活動を行っており、すでに十六万人分が集まった。六月六日に再び、議員会館で集会を開く。

 「命より大切な仕事って何ですか」。家族を奪われた女性たちの訴えから、過労死根絶へ大きなうねりが起きつつある。

  (中沢誠と皆川剛が担当しました)


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

無料ブログはココログ