2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« No.79 これは面白い!「マンガ de 恋愛学」 | トップページ | No.81 高槻・八尾市議会で「過労死防止基本法の制定を求める意見書」が採択! »

2012年6月27日 (水)

No.80 団藤重光先生の逝去を悼む

120626_3


 団藤重光先生が6月25日、亡くなられた。98歳、老衰とのことなので、天寿を全うされたといってよいだろう。
 団藤先生といえば、私たちの司法試験受験世代(1980年代前半)にとっては、刑法のカリスマ的存在である。
 私を含め、先生の「刑法綱要(総論・各論)」を「基本書」にして刑法を勉強した人は多い。

 先生のこの著書は、文字が大きく文章も読みやすいのに、重厚であり、「註」も含めて無駄な記述が一切ない。
 何よりも、刑法の本というよりも、人間のあり方を問うた哲学書のようだ。座ってこの本を開くときは、姿勢を正し、敬虔な気持ちでページをめくらなければいけないような、そんな重みがあった。
 なのに、文章に人間に対する愛情、ヒューマニズムが感じられる。
 重厚なのに平易であり、厳粛なのに優しさが滲み出ているのである。
 この点は、我妻栄先生の名著、「民法講義」とも共通していると思う。

120626_2

 団藤先生は最高裁判事も務められ(1974~83年)、再審の門戸を広げた「白鳥決定」(1975年)に関わるなど、リベラル派としても高い信頼を受けた。
 判事退官後は死刑廃止運動に積極的に関わられたことにも、先生のヒューマニズムが表れている。
 こんな刑法学者は、もう出ないのではないだろうか。

 最後までお会いする機会もなかったが、先生の著書で学んだことは、間違いなく私の一部になっていると思う。
 先生を惜しむ気持ちと感謝の気持ちでいっぱいである。
 団藤先生、本当にありがとうございました。


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.79 これは面白い!「マンガ de 恋愛学」 | トップページ | No.81 高槻・八尾市議会で「過労死防止基本法の制定を求める意見書」が採択! »

1-1 法律・裁判あれこれ」カテゴリの記事

コメント

 今日(6月27日)の朝日新聞朝刊でも、団藤先生がお亡くなりになったことが「文化」の欄で大々的に取り上げられていました。

~元最高裁判事・団藤重光氏が死去…刑事法の権威

 戦後刑事法学界の第一人者で、リベラル派の最高裁判事としても活躍した東大名誉教授の 団藤重光 ( だんどうしげみつ ) 氏が25日午前5時48分、老衰のため東京都内の自宅で死去した。98歳だった。葬儀ミサは29日午後1時30分、千代田区麹町6の5の1聖イグナチオ教会主聖堂。喪主は義妹、勝本 稔子 ( としこ ) さん。葬儀委員長は松尾 浩也 ( こうや ) ・東大名誉教授。

 岡山県出身で、1935年に東京帝大法学部を卒業。戦後、刑事訴訟法の全面改正作業で中心的な役割を果たし、刑法・刑訴法の標準的な体系書を完成させるなど、国内外の刑事法学界をリードしてきた。

 東大法学部長などを歴任後、74年10月に最高裁判事に就任。再審にも「疑わしきは被告人の利益に」の刑事裁判の鉄則が適用されるとして再審開始の門戸を広げた75年の「白鳥決定」に関与し、81年の「大阪空港騒音公害訴訟」判決で住民側の訴えに理解を示す少数意見を述べるなど、リベラル派として司法史に大きな足跡を残した。~

 合掌。

◆久保利子 様

コメントありがとうございますす。
今朝(6月28日付け)朝日新聞の「天声人語」でも取り上げられていました。
 「柔らかい人が堅い職を選ぶ。ままある話だが、これだけの肩書を連ねてなお、柔らかさを保てた人は少ないだろう。」
 「満天の星を仰ぎ、地球と己の小ささに絶望したのは10代の頃。いかついお名前と経歴からは想像しがたいが、その繊細さが後のリベラル志向、皇族方にも好まれた温厚ぶりにつながるのだろう」
 「自ら起案した刑訴法によれば、例えば重大な事実誤認がないと原判決は覆せない。されど裁判官も人間、誤りもある。学者ではそれが見えなかったという。死刑廃止論に転じてからは「戦争がいけないのと同じ」と譲らず、卒寿を超えても訴え続けた」

この中でも、最後の段落の謙虚さがすごいと思います。天声人語子に少しだけ異論があるのは、10代に繊細だった人は決して少なくないということです。「大家」「大物」といわれるようになればなるほど、初心、純真さ、謙虚さ、高潔さを忘れ、自分の過去を肯定又は美化しする傲慢な俗物になっていく人が多いのではないでしょうか。
法学者、最高裁判事を退官してなおこのような謙虚さを維持され続けた団藤先生に、頭が下がる思いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/55060252

この記事へのトラックバック一覧です: No.80 団藤重光先生の逝去を悼む:

« No.79 これは面白い!「マンガ de 恋愛学」 | トップページ | No.81 高槻・八尾市議会で「過労死防止基本法の制定を求める意見書」が採択! »

無料ブログはココログ