2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月の6件の記事

2012年8月30日 (木)

No.89 初めての国会傍聴、有意義だった意見交換会、村木厚子さん面談

◆8月28日は、午前5時半過ぎに自宅を出て、新幹線で午前10時前に東京の議員会館に集合。
 参加者で手分けして、この日正午から予定されていた「過労死防止基本法(仮称)についての意見交換会」への参加のお願いの議員事務所回りをした。

120828_2


 そして、そのうち私を含めた4名で、午前11時から、参議院の厚生労働委員会を傍聴した。厚労委員の川田龍平議員が、過労死防止基本法について質問してくれることになっていると聞いたからである。
 この年齢になって初めて、国会傍聴というものを経験して、ちょっと新鮮だった。
 まず、誰でも自由に委員会傍聴ができるわけではなく、その委員会の委員である議員の紹介を通じて、許可をもらわないといけないことになっているようである。
 手荷物検査があるのはやむを得ないとしても、意外だったのは、印刷物は一切持ち込めず、メモ用紙しか持ち込むことができないということであった。言論の府として、ちょっといかがなものかと思った。

 川田議員は、わずか20分ほどの持ち時間の一部を使って、小宮山洋子厚生労働大臣に、過労死防止基本法についての考えを質問して下さった。小宮山大臣は、「厚労省として過労死の防止のために様々な総合対策を行っているが、議員立法の動きがあることには強い関心を持っており、協力できるところはしていきたい」という趣旨の答弁をされた。
 参院の厚生労働委員会という正規の委員会で、大臣からこのような答弁がなされたことは、心強い限りである。

◆議員との意見交換会には、国会情勢の激動と超ご多忙の中、9人の議員本人と多数の秘書の方々が参加して下さった。
 そして、議員の皆様から、積極的かつ貴重なご意見をいただくことができ、今後の取り組みの方向性について、展望と自信を持つことができた。
 参加下さった議員・秘書の皆様に、深く感謝する次第である。

120828

◆更に、午後4時15分から15分間、内閣府の政策統括官を務められている、村木厚子さんと面談することができた。
 村木さんは、ご多忙ななか、また私たちと初対面にもかかわらず、本当にていねいに接して下さった。
 いろいろご苦労があったにもかかわらず、このような姿勢で献身的な活動をされていることに、頭が下がる思いがした。

 大阪から東京への日帰りの1日出張はきついものがあるが、今日もたくさんのことを経験し、学ぶことができた。そんな心地よい疲労感を楽しみながら、家族の会の皆さんと新幹線に乗り込み、喉を潤したビールは爽快であった。


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2012年8月21日 (火)

No.88 37年前にタイムスリップ──那賀高校27期G組同窓会

 8月19日(土)、高校の同窓会があった。
 私が卒業した那賀高校は、和歌山市の東隣の岩出市(当時は岩出町)にある県立高校で、私は1972年入学、1975年卒業の27期。理数系クラスのG組で、クラスメートとは2年生・3年生の2年間を一緒に過ごした。

 同窓会が始まったのはいつか忘れたが、4年に1回、オリンピックの年に開いてきた。しかし、前回くらいから、「もう50歳を過ぎたさけに、2年に1回にしょうらよ」(和歌山弁)ということになったようである。

 今回の会場は、JR岩出駅近くの「満月」という中華料理店。
 自宅のある堺市からJR阪和線・和歌山線を乗り継いで、JR岩出駅で降りる。
 電車で岩出駅に降り立ったのは、高校卒業以来ではないか。懐かしい匂いのような感覚がよみがえる。ここから高校までの数百メートルを3年間、通ったのである。

 私の実家は当時の打田町(現在は紀ノ川市打田)にあり、JR(当時は国鉄)打田駅から岩出駅まで、和歌山線の電車で通った。
 なお、高校1年の頃は和歌山線を蒸気機関車(SL)が走っていて、それで通った時期もあったような気がするが、高校入学直前の1972年3月までだったかもしれない(それで探しているうちに、なんと和歌山線を走っていたSLを、しかも打田駅などで当時撮影した写真をアップしているサイト(「和歌山界隈の蒸気機関車)を発見した。感謝しつつ、リンクさせていただく。)。

1208193g


 当時の3年G組は、男子37人、女子9人の合計46人で、この日出席したのは男子8人、女子7人と担任の坂口巖先生の合計16人。女子の出席率が高かった。

 みんな年相応の外貌になっている。もう教師を定年退職した人もいるし、孫が出来たという人もいる。しかし、イメージは昔のガクラン、セーラー服時代のままだ。
 高校時代というのは、それぞれがまだ「何者」でもなかった「ヒナ」の時代に、一緒に過ごした仲間だからこそ、みんなと会うだけで、自分の「原点」に戻れるのだろう。

 それにしても、一番変わっていないのは、担任の坂口先生だろう(写真中央)。もともと老け顔だったこともあってか(失礼!)、あの頃のままである。先生が元気に参加してくれるのが、何よりも嬉しい。この日先生は、夏休みに行ったクラスキャンプ、体育大会、夜行登山(金剛山)などの懐かしい話をして下さった。

 午後4時半から始まった同窓会は、午後10時まで延々と続き、さらにそこから車で分譲してカラオケボックスへ。歌ってもいいし、歌わなくてもいい。この気楽さが最高だ。

 ところで、情けない後日談が一つ。
 この日私は早い段階から熱燗の日本酒を飲み始めて、相当飲んだ。カラオケが終わって解散するまでは何とか正常を保っていたが、タクシーで和歌山市内のホテルに向かう途中から記憶がない。気づいたら、翌朝、何と新大阪駅。ホテルを取ってるのに、和歌山駅東口のベンチで寝て、始発電車で帰ったようだが、全く記憶がない。
 しかも、携帯電話が見当たらない。すったもんだの末、2日後に和歌山東警察署に落とし物として届けられていることがわかり、わざわざもらい受けに行ってきた。
 それほど楽しくて、解放された気分になったということで、無理やり自分を納得させている。


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2012年8月18日 (土)

No.87 8月15日、日韓それぞれの重み──釜山ツアー記(その3)

120814_3


◆ 釜山ツアーの3日目はフリーで、釜山の有名な観光スポットを散策して楽しんだ。
 陸揚げされた魚介類を売る露店が並ぶ「ジャガルチ市場」では、魚をそのまま料理してくれるお店に入り、太刀魚の焼魚、アワビのお粥、刺身の盛り合わせなどを堪能した。
 PIFF広場(韓国映画祭のスターの手型などが道路に埋め込まれている)、国際市場(織物や鍋などいろいろな物を売る露店が並んでいる)、龍頭山公園と釜山タワーなど、観光の定番と思われるところを歩いた。
120814_5

 その後、地下鉄を乗り継いで(外国へ行くと地下鉄に乗るのがちょっとした冒険で楽しい)、前日に行ったヘウンデ(海雲台)のビーチに行くことにした。ヘウンデの1つ前の駅である冬柏(ドンベ)駅で降り、ビーチまで歩く。大変大きくて美しいビーチである。周囲には高級ホテルやマンションが建ち並び、文字どおり海辺の高級リゾートである。
 ビーチは夕焼けに映えて、本当に美しかった。
120814_4

 夕食は、ファミリー向けのステーキハウスに入った。しかし、肉がちと大き過ぎる。
 ホテルに戻ってからは、ホテル内のバーでライブのデュエットを聴きながら、カクテルを楽しんだ。フィリピンから来ている男女2人組で、とてもいい感じだった。
 リクエストした曲も含めて、カーペンターズ、ジョン・デンバーから、テレサテン、サザンオールスターズ、来生たかおまでたくさん歌ってくれて、とても楽しかった。

120815_2

◆ そして、最後の4日目は、再び光復路に行き、釜山ホテルの近くにある「ソムジンガン」というお店で、「シジミスープ定食」というのを食べた。辛い料理と飲み過ぎの後の胃には、とても優しく感じて、これはオススメだと思った。

 ふと気づくと、釜山の町のあちこちに韓国の国旗が掲げられていた。そういえば、8月15日は「光復節」=大日本帝国(日本)からの解放を祝う大韓民国の祝日である。
 同じ8月15日、日本では「終戦記念日」で様々なイベントがなされていた。
 そんな向かい合う歴史の重みに加えて、特にここ数日は、竹島問題や従軍慰安婦問題、オリンピックなどで日韓両国に微妙な対立感情が高まっていたこともあって、ある種の重苦しさも感じた。

 かけがえのない隣国同士なんだから、もっともっと交流が広がればいいなあと思いながら、わずか1時間余りの帰国の途についた。

※写真① 釜山タワーと李舜臣像
     ② ヘウンデビーチ
     ③ ヘウンデ(海雲台)の高級マンション群
     ④ シジミ汁定食(お勧め!)


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2012年8月17日 (金)

No.86 「冬ソナ」のロケ地「外島」を訪ねる──釜山ツアー記(その2)

120813


◆ 釜山ツアー2日目は、「外島(ウェド)」という小さな島への1日ツアーに出かけた。
 巨済島(コジェド)という島まで海底トンネルや巨大な吊り橋を通って行き、そこから30分ほど遊覧船に乗ったところにある、小さな丸い島である。

 私は、恥ずかしながら、日本で韓流ブームの先駆けとなった韓国ドラマ「冬のソナタ」にハマッてしまった一人である。それ以降、これまで四、五〇の韓国ドラマは観たと思うが、未だに「冬ソナ」以上のドラマはなかったし、これからもないだろうと思っている(あくまで私の好みが基準であるが)。


120813_2

 実は、数年前にもソウルに「冬ソナツアー」に出かけた。冬ソナのドラマを知っている人ならすぐにわかるが、南怡島(ナミソム)のセコイアの並木道や雪ダルマを作ったベンチ、学校の壁を乗り越えた中央高校などを巡るツアーで、結構楽しかった(自分のミーハーさに呆れるが)。

120813_4

 この島は、「冬ソナ」の最終話(第20話)で、目の見えなくなったチュンサン(ペ・ヨンジュン)とユジン(チェ・ジウ)が再会を果たしてエンディングとなるロケ地である。ドラマでは、2人が別れる前にユジンが設計し、別れた後チュンサンが目が見えなくなる直前まで施工図を描いて建築した「不可能な家」が建てられたことを、数年後にユジンが知り、この建物を見に行った際に、チュンサンとばったり出会うのである。
120813_3

 この島は、ある植物学者の夫婦が30年をかけて作った植物園だそうで、たくさんの花や植物が植えられ、実によく手入れされていて、文字どおり「夢のオアシス」のようである。案内のパンフレットでは、ドラマの中の「不可能な家」は夫婦の「プライベートハウス」、エンディングで金色の夕焼けの海を背景に抱擁しあうベランダは「オフィス」とされている。
 両方とも、まぎれもなくドラマに出てきた場所だし、何よりも景色が抜群に美しいので、ちょっと興奮してしまった。
120813_5


 ガイドさんによると、「冬ソナ」がブームとなったころは、この島にもたくさんの日本人が来ていたが、今はとても少なくなったとのことである。
 寂しいが、それも仕方ないか・・・。
120813_6

◆ ホテルに戻り、夜9時過ぎからタクシーに乗り、約40分ほど離れた「海雲台(ヘウンデ)」というビーチリゾートにあるカニの専門店「馬山蟹(マサンゲ)ナクチム」というお店まで出かけた。それほど派手なお店ではないが、玄関を開けて入ると、元横綱の朝青龍が店に来た時の写真が貼り出されていたところを見ると、かなり有名なお店のようだ。
 釜山(韓国全体もそうか)では、カニというとワタリガニを意味するようである。4月のソウルツアーで美味しかったワタリガニの醤油漬けをはじめ、カニ鍋や蒸しガニなど目一杯楽しんだ。値段も、思ったより安かった。

 (以下、「その3」に続く)

※写真① 島に降り立ったところにあるポール
    ② プライベートハウス(不可能な家)
    ③・④ ベランダのあるオフィス
    ⑤ チュンサンとユジンが再会する場面
    ⑥ エンディング場面


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2012年8月16日 (木)

No.85 韓国第2の巨大都市・釜山に行ってきました──釜山ツアー記(その1)

 8月12日~15日の3泊4日で、韓国の釜山に行ってきた。
 韓国の都市では、ソウル、済州島に続く3つ目の訪問先である。
 いつもそうだが、今回も旅行を思いついたのは3週間くらい前である。全く長期的な計画というものがない。いつものように、飛行機やホテルの確保で、国際ツーリストビューローの大村さんには大変お世話になった。

120812


 釜山というと、かつての戦前の強制連行の窓口的なイメージや、「釜山港に帰れ」という演歌などから、少し暗いイメージを持っていたが、人口350万人、ソウルに続く2番目の巨大都市である。
 釜山は中国と日本の中間点にあり、韓国国内でも長方形の国土の底辺に位置することから、国際的にも、国内的にも海上貨物が集まりやすく、極東におけるコンテナ貨物のハブ港となっている。日本の各港が軒並み世界順位を下げている一方で、釜山港(最近できた釜山新港も含めて)は世界5位の座を確保しているとのことである。

120812_2


 釜山は、本当に近い。関空からわずか1時間20分前後だから、仙台や九州くらいの感覚だろうか。
 大村さんが取ってくれたホテルは、「ホテルコモドール」(HOTEL COMMODORE)という、ちょっと古風な外観のホテル。京都の都ホテルのような感じで、とても気に入った。

 1日目の夜は、ホテルから南浦洞(ナンポドン)、光復路という釜山最大の繁華街まで歩き、路地に入ったところにあるお店に入った。海鮮鍋ともう一つ頼んだもの(名前を忘れた)が超辛くて、唇がタラコになったよう。そして、滝のような汗。しかし、これがクセになるのである(笑)。

  (以下、「その2」に続く)

 ※画像上 釜山タワーからみた釜山港
   画像下 コモドホテル


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2012年8月 1日 (水)

No.84 オリンピックと「地球市民」

 4年に一度の夏の祭典、「ロンドンオリンピック2012」が、7月27日~8月12日までの17日間の日程で始まった。
 前回の北京大会から、もう4年も経ったのかという感じがする。
 今回は30回目という、節目の大会になるようだ。
 おさらいとして、東京大会以降の開催年・回目・開催地を整理しておきたい。

  1964 第18回 東京(日本)   1968 第19回 メキシコシティ(メキシコ)   1972 第20回 ミュンヘン(西ドイツ)   1976 第21回 モントリオール(カナダ)   1980 第22回 モスクワ(ソビエト連邦)   1984 第23回 ロサンゼルス(アメリカ)   1988 第24回 ソウル(韓国)   1992 第25回 バルセロナ(スペイン)   1996 第26回 アトランタ(アメリカ)   2000 第27回 シドニー(オーストラリア)   2004 第28回 アテネ(ギリシャ)   2008 第29回 北京(中国)   2012 第30回 ロンドン(イギリス)

 これから繰り広げられる、世界中から集まった選手たちの躍動が楽しみだが、イギリスとの時差の関係で、テレビ放映が深夜から未明が多く、寝不足が心配である。
120731_2

 ところで、オリンピックの招致に、日本も含めて各国が熱心だが、なぜだろうか。
 ①国家主義国タイプ(開発主義国・社会主義国を含む)では、国威発揚や国家の威信の顕示を狙っている。
 ②先進資本主義国タイプでは、商業主義によって経済効果や利益が得られることを期待している。
 ③また、どちらのタイプでも、その社会が抱えている矛盾(貧困や内紛など)を隠蔽したり、国民の不満をそらしたりする狙いもあるのではないか。
 日本が立候補する理由は、上記①~③の全部が当てはまるように思う。
 日本への招致はなかなか苦戦しているようだが、莫大な予算を投入して赤字が残り、ハコモノをたくさん作るゼネコンや関係企業だけが大儲けをし、国民はマスコミに踊らされてお祭り騒ぎをし、お祭りの後は汚染された都市とハコモノだけが残る、という愚は避けなければならない。

 また、メダルの数に一喜一憂し過ぎることも避けたい。
 たしかに、表彰台に日の丸が掲揚されれば日本人としての自尊心をくすぐられるが、本来それは、好成績を挙げた選手をたたえることに主眼があるはずである。
 たとえば、夏の全国高校野球を考えてみよう。確かに、自分の出身高校や出身県の高校が勝ち進んでいくのは嬉しい。しかし、他の高校は打倒の対象だけというわけではないし、自分の出身の高校が出ていなかったり敗退すれば、あとはどうでもいいわけでもないだろう。
 様々な対戦を見守っていくからこそ、最後に優勝した高校や生徒たちを称えるとともに、頑張ったすべての参加校、選手たち全員を称えて大会を終了するのではないだろうか。
 ところが、オリンピックとなるや、相手国選手やチームは打倒の対象のみとなり、自国の選手の結果とメダル数のみが最優先課題となる。これが、選手たちに必要以上のプレッシャーを与えているのではないだろうか。

 それに、これからの世界は、「国籍」というものにどれだけの意味・価値があるだろうか。
 出身が他の国でもその国の国籍を取得すれば出場できるし、アメリカやヨーロッパでは、同じ国籍でも肌の色も出身国も様々である。
 この点、日本は島国のうえ、帰化要件が厳しいことから、「日本人」≒「日本国籍」≒「大和民族」という意識が強く残っているが、それは元々幻想であるし、世界はもはやそうではなくなっている。
 国技の大相撲でさえ、横綱・大関の大半は外国人力士となっている今、過剰に「日本人」や「大和魂」を強調しすぎるのは時代遅れであろう。

 世界中の人々が、「地球市民」同士として、競い合い、称え合う。紛争国からの参加者も、独裁国からの参加者も、普通の人間であることを改めて確認し合う。そんなオリンピックになればいいなあと思う。

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

無料ブログはココログ