2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

« No.86 「冬ソナ」のロケ地「外島」を訪ねる──釜山ツアー記(その2) | トップページ | No.88 37年前にタイムスリップ──那賀高校27期G組同窓会 »

2012年8月18日 (土)

No.87 8月15日、日韓それぞれの重み──釜山ツアー記(その3)

120814_3


◆ 釜山ツアーの3日目はフリーで、釜山の有名な観光スポットを散策して楽しんだ。
 陸揚げされた魚介類を売る露店が並ぶ「ジャガルチ市場」では、魚をそのまま料理してくれるお店に入り、太刀魚の焼魚、アワビのお粥、刺身の盛り合わせなどを堪能した。
 PIFF広場(韓国映画祭のスターの手型などが道路に埋め込まれている)、国際市場(織物や鍋などいろいろな物を売る露店が並んでいる)、龍頭山公園と釜山タワーなど、観光の定番と思われるところを歩いた。
120814_5

 その後、地下鉄を乗り継いで(外国へ行くと地下鉄に乗るのがちょっとした冒険で楽しい)、前日に行ったヘウンデ(海雲台)のビーチに行くことにした。ヘウンデの1つ前の駅である冬柏(ドンベ)駅で降り、ビーチまで歩く。大変大きくて美しいビーチである。周囲には高級ホテルやマンションが建ち並び、文字どおり海辺の高級リゾートである。
 ビーチは夕焼けに映えて、本当に美しかった。
120814_4

 夕食は、ファミリー向けのステーキハウスに入った。しかし、肉がちと大き過ぎる。
 ホテルに戻ってからは、ホテル内のバーでライブのデュエットを聴きながら、カクテルを楽しんだ。フィリピンから来ている男女2人組で、とてもいい感じだった。
 リクエストした曲も含めて、カーペンターズ、ジョン・デンバーから、テレサテン、サザンオールスターズ、来生たかおまでたくさん歌ってくれて、とても楽しかった。

120815_2

◆ そして、最後の4日目は、再び光復路に行き、釜山ホテルの近くにある「ソムジンガン」というお店で、「シジミスープ定食」というのを食べた。辛い料理と飲み過ぎの後の胃には、とても優しく感じて、これはオススメだと思った。

 ふと気づくと、釜山の町のあちこちに韓国の国旗が掲げられていた。そういえば、8月15日は「光復節」=大日本帝国(日本)からの解放を祝う大韓民国の祝日である。
 同じ8月15日、日本では「終戦記念日」で様々なイベントがなされていた。
 そんな向かい合う歴史の重みに加えて、特にここ数日は、竹島問題や従軍慰安婦問題、オリンピックなどで日韓両国に微妙な対立感情が高まっていたこともあって、ある種の重苦しさも感じた。

 かけがえのない隣国同士なんだから、もっともっと交流が広がればいいなあと思いながら、わずか1時間余りの帰国の途についた。

※写真① 釜山タワーと李舜臣像
     ② ヘウンデビーチ
     ③ ヘウンデ(海雲台)の高級マンション群
     ④ シジミ汁定食(お勧め!)


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.86 「冬ソナ」のロケ地「外島」を訪ねる──釜山ツアー記(その2) | トップページ | No.88 37年前にタイムスリップ──那賀高校27期G組同窓会 »

5-4 韓国ドラマ」カテゴリの記事

5-8 旅行・ツアー(国内・海外)」カテゴリの記事

コメント

 イ・スンシンは、英雄とされるだけのことがあります。釜山は特に多いようですね。
 さて、過日ソウルの旧刑務所記念館に行って驚いたことが、二つありました。
 ひとつ、日本支配の時の拷問の様子が、日本語で書かれていずハングルと・英語だけでした。他は、日本語解説があるのに。
 
 ふたつ、日本支配の時の拷問の様子などは、日本での治安維持法前後の拷問の様子とまったく同じでした。

 日本が、朝鮮を支配して多くの人を殺戮したことと日本国内でも同様な事がなされていたこと。レジスタンスの連帯があったことがほとんどシラされていない、ことに意図的なものを感じると同時に韓国の人々にもっと知ってほしいと思いました。天王寺野外音楽堂での山本宣治の最後の演説も知らせたいですね。

◆京都の 様
 大変遅くなりましたが、コメントありがとうございます。
 日本の韓国支配やレジスタンスについて、いろいろと勉強されているのですね。
 そういったことを、現在と未来にどのように伝えていくか、難しい課題です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/55439423

この記事へのトラックバック一覧です: No.87 8月15日、日韓それぞれの重み──釜山ツアー記(その3):

« No.86 「冬ソナ」のロケ地「外島」を訪ねる──釜山ツアー記(その2) | トップページ | No.88 37年前にタイムスリップ──那賀高校27期G組同窓会 »

無料ブログはココログ