2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

« No.89 初めての国会傍聴、有意義だった意見交換会、村木厚子さん面談 | トップページ | No.91 男の「ニオイ」を考える »

2012年9月10日 (月)

No.90 法曹になって四半世紀の重み──司法研修所第40期25周年記念大会

 9月8日(土)、司法研修所卒業25周年記念大会(同窓会)が、石川県の加賀温泉にあるホテル「瑠璃光」であり、1泊2日で参加してきた。

1209084025_3


 私たちの頃は毎年の司法試験合格者は500人くらいで、そのほとんどが司法研修所に司法修習生として入所し、2年間の司法修習を受けた。最初の3か月の「前期修習」を東京の湯島にあった司法研修所で勉強し(その間私たちのような地方から来た修習生の多くは、千葉県にある「松戸寮」という寮で生活した)、続いて1年半くらいの間全国各地に別れて「実務修習」(民事裁判、刑事裁判、検察、弁護)を行なった後、再び研修所に集まって授業を受け、最後に卒業試験(「2回試験」と言われた。)を受けて、合格すると晴れて法曹(裁判官、検察官、弁護士)になれるのである。
 もちろん、研修所の勉強は楽ではないが、苦しかった司法試験の受験勉強から解放され、決して多くはないが給料をもらって、もう一度学生生活を送るような晴れがましさと解放感があった。
 そして、最後の暗い後期修習も励まし合って過ごし、無事2回試験に合格して(私たちの期は不合格者はゼロであった)、法曹として1歩を踏み出した。
 それから25年が過ぎたのである。

 このような大会は、10年目には熱海、20年目には京都で開かれたが、25年目からは、だんだん先が短くなってくるからであろうか、5年毎に開かれるようである。

1209084025_4


 ホテルについて少しくつろぎ、風呂に入ってから、クラス毎に分かれて記念撮影。
 そして、いよいよ大懇親会の始まりである。
 1組から10組まで10クラスあるが、それぞれ参加者は20人前後と思われるので、参加者は200人くらいであろう。まさに、壮観。
 ちなみに、わが1組は教官4人と元修習生21人。教官のうち刑裁の中山隆夫先生が所用で急きょ参加されなかったが、それ以外の大石忠夫(民裁)、佐々木茂夫(検察)、明石守正(民事弁護)、丹羽健介(刑事弁護)の4人全員が参加して下さった。先生方は皆さんまだまだお元気で、むしろ、私たちのほうが年寄り臭くなっているのではないかと反省した。

1209084025_5


 乾杯の音頭は、我が1組の民裁教官であった大石忠夫先生が発して下さった。
 途中、勇壮な太鼓も楽しみながら、たくさんの懐かしい仲間たちと話した。
 クラス毎にエリアが分かれているが、寮の仲間、大阪修習の仲間、青法協の仲間などクラスを超えた友人も多い。当然、話ができるのはごく一部だけ。ちょっと残念・・。

 その後は、幹事の部屋に集まって、1組のクラスだけで2次会。
 裁判官、検察官、弁護士を問わず、みんなそれぞれの自分の仕事、立場で、本当に頑張っているなあと思いながら、一人ひとりの話をしみじみ聞き入った。
 私は同期のみんなにも事務所のニュースを送っているが、みんな「読んでるよ」と言ってくれて嬉しかった。

 さて、次は5年後となると、もう還暦を超えてしまうことに愕然とする。
 日々の過ぎる速度は速くなる一方だが、もう一度初心に返り、1日1日を大切に過ごしたい。
 最後に、クラスだけでなく全体の幹事まで自発的に務めてくれた下谷さん、本当にありがとう。

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.89 初めての国会傍聴、有意義だった意見交換会、村木厚子さん面談 | トップページ | No.91 男の「ニオイ」を考える »

1-1 法律・裁判あれこれ」カテゴリの記事

6-2 イワキ君のルーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/55621725

この記事へのトラックバック一覧です: No.90 法曹になって四半世紀の重み──司法研修所第40期25周年記念大会:

« No.89 初めての国会傍聴、有意義だった意見交換会、村木厚子さん面談 | トップページ | No.91 男の「ニオイ」を考える »

無料ブログはココログ