2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の4件の記事

2012年11月30日 (金)

No.99 「学園前ガーランドヒル事件」と木村達也先生とのご縁

121125img_5563_2


◆11月25日、「学園前ガーランドヒル事件」の同窓会「紅葉会」が、奈良公園にある料亭「江戸三」で行われた。
 この事件は、平成元年10月から平成2年10月にかけて、ある分譲会社が奈良市五条西1丁目で一戸建て住宅77戸が8000万円~1億3500万円で販売したが、売れ残った区画について、わずか4か月後の平成3年2月に一気に4000万円も値下げ、更に同年10月には5000~6000万円も値下げして売りに出したことから、先に購入した15世帯が「値下げ販売禁止の仮処分」の申立てを行い、続いて不当利得返還請求訴訟を起こした事件である。

◆当時はバブル経済の絶頂期から崩壊に向かう時期で、高値で売り抜けようと図る業者も多かった。この事件でも、「値段はこれ以上安く安くならないのか」という購入者らに対して、「今の時代に不動産の値下がりなどあるはずがない。」、「まだまだ上がりますよ、いったん上がったものは下がりませんよ。」、「他の客に対しても一切値引き販売をしていない、他の客と不公平になることはしない。」、「1億2000万円であったらいつでも売れるし、うちが売ってあげる。」などと言いたい放題のセールストークを述べて、原告らに購入を決意させたのである。
 大変難しい事件であることはわかりながらも、購入者たちにとっては4000万円、6000万円というのは人生を左右するお金であることから、裁判所による和解勧告も視野に入れて、仮処分申立を行った。
 これに対し裁判所は、上記のようなセールストークを詳細に認定し、「債権者らにおいてその差額の返還を要求したい心情は十分に理解できる。」としつつ、仮処分命令の申立自体は却下した(大阪地裁平成5年4月21日決定・判例時報1492号118頁)。
 そして、続いて起こした本訴も、地裁(平成10年11月)、高裁(平成11年8月)とも敗訴して終わった。

◆このように、厳しい結果に終わった事件であるにもかかわらず、原告であった皆さんは私たち弁護団に感謝してくれて、ほぼ毎年「紅葉会」という名で同窓会を開いてくれているのである。弁護団として、弁護士冥利に尽きる、光栄なことである。
 今年は、参加者は元原告3人、弁護士は木村達也先生と私たち夫婦だけであったが、素晴しい快晴と紅葉の下、おいしい料理とお酒をいただきながら、なつかしい語らいの時間を持つことができた。心から感謝申し上げる次第である。
121130img_5565

◆ちなみに、弁護団長の木村達也先生と私は、特別な縁で繋がっている。
 先生はサラ金・クレジット問題に古くから取り組んでおられたことから、私は司法修習生時代に数人の修習生たちと事務所訪問をさせていただき、先生の弁護士としての姿勢に感銘を受けた。また、同じ和歌山県の隣町のご出身だということで親近感を持った。
 そして、このガーランドヒル事件を受任することになった際、この事件は広い意味で消費者問題ではないかと考えて、弁護団長への就任をお願いしたのである。更に、このガーランド事件と同種の事件(木津川台、北登美ヶ丘など)でも弁護団長をお願いした。
 その後、木村先生は日弁連の消費者問題対策委員会の委員長になられたのであるが、平成7年1月、阪神大震災で住宅倒壊によって多数の犠牲者が出たことから、同委員会の中に「土地住宅部会」を設置し、そして、その初代部会に参加しないかと、私を一本釣りで誘って下さったのである。
 それがきっかけとなり、私はその後2008年まで10年以上にわたって土地住宅部会に参加し、部会長も務め、2005年には、初めて欠陥住宅問題をテーマにした日弁連人権大会シンポジウムにも関わらせていただいた。
 さらに、これも木村先生の発案により、欠陥住宅被害者と弁護士・建築士・学者のネットワークである「欠陥住宅全国ネット」が1996年12月に結成されて私も参加し、1997年10月に結成された地方組織である「欠陥住宅関西ネット」の代表幹事に木村先生、事務局長に私が就任した。そして、1999年5月から2006年11月まで7年半にわたり、私は全国ネットの事務局長も務めさせていただくことになった。

 このように、木村先生とは、まさに「織りなす縁」の関係にあるのである。
 先生は現在も、日弁連の貧困対策本部の重鎮として全国を走り回っておられ、そして、私は過労死防止基本法制定の取り組みに、同じように全力投球している。
 そんな木村先生と、久々にお会いして思い出話ができて、本当に楽しかった。その意味でも、ガーランドヒルの皆さんには、心から感謝したい。

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2012年11月18日 (日)

No.98 職場のいじめ・パワハラに立ち向かうには──雨宮処凛さんとの対談

121116img_5360


◆11月16日、エルおおさか南館5階ホールで、シンポジウム「雨宮処凛さんと考える なくせ!職場のいじめ・ハラスメント」を大阪過労死問題連絡会、大阪過労死を考える家族の会、ストップ!過労死 過労死防止基本法制定実行委員会の3団体の共催で行った(参加者約70人)。
 この取り組みの位置づけは、翌11月17日に大阪独自で行う「過労死・職場のハラスメント110番」のプレシンポジウムという面と、過労死防止基本法制定のための「100万人署名」を大阪で改めて広げる足がかりにしたいという2つがあった。

◆大阪過労死問題連絡会の会長であり全国実行委員会の委員長でもある森岡孝二先生からの開会あいさつの後、具体的な職場のいじめ・ハラスメントの事例報告があった。
 まず、①和田香弁護士からは、パワハラとセクハラで退職を余儀なくされた2人の女性が訴訟を起こしたケースの報告(高裁で和解)。
 ②次に、大手ハウスメーカーに勤めていたが上司のパワハラで自殺に追い込まれた35歳の男性のお父さんの訴え。
 ③そして、地域労組おおさか青年部(1人でも入れる地域労組の青年部の集まり)の書記長の北出茂さんは、団体交渉で解決した7つの事例を紹介してくれた。
 北出さんは、現在の若者がいじめ・ハラスメントに反撃できず狙い撃ちにされる理由として、(1)闘った経験が乏しい、(2)自信がない「ロスゼネ世代」、馬鹿にされる「ゆとり世代」、(3)社歴が浅くスキルがない、(4)非正規に転落することへの恐怖心、の4つを挙げたが、なるほどと思った。

121116img_5367


◆その後、この日のメイン・イベント、作家・社会運動家の雨宮処凛(あまみや・かりん)さんと下川和男弁護士の対談が行われた。
 下川さんは高校生などに話すことが多く、聴衆を引き込む話術には定評がある。その下川さんと雨宮さんの対談ということで、わくわくしながら聴いた。
 さすがの下川さんも緊張していた様子であったが、雨宮さんの話を上手に引き出し、まとめていて、とてもよかったと思う。

 雨宮さんの、次のような言葉が印象に残った(私なりの整理である)。
★お金に余裕がなくなると、心に余裕がなくなるが、今は日本中がそうなっている。心に余裕がなくなると、他人のちょっとしたことが許せなくなる。
★たかが働くために生きているわけじゃない。たかが会社の利益をあげるために生きているわけじゃない。働かなくても生きていていいはずだ。生き続けることに条件をつけてはならず、生存は無条件に肯定されなければならない。
★それなのに、「役に立つ人間になれ」と小さい時から教え込まれてきた。
★いじめ・パワハラに対して怒ること自体、自己肯定感とエネルギーが必要。それがないと、いじめ・パワハラを受け入れてしまう。
★パワハラに立ち向かうためには、
 ①合法か違法か、パワハラの定義に当てはまるかどうかという物差しが役に立つ。
 ②最低限の身の守り方(労働基準法や生活保護など)についての知識が必要。
 ③相談相手、話し合える仲間がいること。
★SOSを発信するには、①自分にも生きる価値があるという自己肯定感、②社会や他人への信頼感の2つが必要。
★SOSを発してもらうに、「助けてほしい」と言ってもらえる人間になれていることが必要。
 あなたは、そうなれているだろうか。

 それにしても、雨宮さんの話はとても説得力があり面白い。「ゴスロリ」の服装もとても素敵だった。同世代の若者たちのカリスマ的な代表として、これからも頑張ってほしいし、何か一緒にできたらいいなあと思った。


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2012年11月13日 (火)

No.97 電車内での化粧が不快な理由

 11月4日の朝日新聞で、電車内での化粧の是非について、特集記事があった(「電車内の化粧、中3も考えた 受け止め方に世代差」)。
 日本民営鉄道協会のアンケートによれば、「駅と電車内の迷惑行為ランキング(2011年度)」では

(1)騒々しい会話・はしゃぎまわり 37%
(2)座席の座り方        31%
(3)携帯電話の着信音や通話   29%
(4)ヘッドホンからの音もれ   27%
(5)乗降時のマナー       25%
(6)ゴミ・空き缶の放置     19%
(7)電車の床に座る       19%
(8)車内での化粧     18%
(9)酔っ払って乗車する     15%
(10)荷物の持ち方・置き方   14%

 となっており、堂々の(?)8位に入っている。
 これについては、不愉快だという意見とともに、別に構わないのではないか、ヘッドホンの音漏れなど他にもっと不快なものがあるのではないか、通勤時間が長くて化粧する時間がないということもあるから、多めに見てやってはどうかという意見も紹介されていた。
 しかし、私は、自分の目の前で露骨な化粧をされるのは、とても不快に感じる。ちょこっと白粉(おしろい)や頬紅をパタパタやるくらいならまだしも、ものすごい形相(笑)で付けまつげを付けたりアイラインを塗ったりしているのを見ると、見たくないものを見せられている感じがして、げんなりするのである。

 このような不快感を感じるのは、なぜだろうか。
 そもそも、化粧は文字どおり「化ける」ことであり、自分を実際以上に見栄えよく見せるために行うものである。見栄えよく見せるのは、公的な場(役者であれば舞台や撮影の場)であり、化粧は「楽屋裏」で行うものだろう。電車の中は、「舞台の上」なのか、「楽屋裏」なのか。
 「私は役者ではなく普通の個人なんだから、関係ない」と言うかもしれない。だったら、その人は、自分の恋人やその両親、会社の上司、男性の同僚、取引先の担当者を前にして、化粧するだろうか。しないとしたら、それはなぜだろうか。
 そう考えてくると、その女性が私の前で堂々と化粧をするのは、その人が私のことを「恥ずかしいところを見られても構わない、どうでもいい人間」と判断しているからである。
 私が不愉快になるのは、「私の大切な人には見られたくないけど、あんたなんか私と関係ない「石ころ」みたいなものだから、見られても全然構わない」というメッセージを感じるからなのである。

 時間がないから仕方がないのでは、という同情論もあるが、いくら忙しくても、電車内で弁当を広げて食べたり、歯を磨いたりはしないであろう。化粧も同じではないだろうか。

 それと、もう一つ言えるのは、そういう行為をしているのは、若い女性が多く、中年以降の女性は少ないということである。その原因には、世代差もあるかもしれないが、「若さ」や「美しさ」を誇示する傲慢さを感じるのは、私だけだろうか。
 奥ゆかしさのカケラも感じないなあ、と私が幻滅してしまうのも、結局は「世代の差」なのだろうか・・。

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2012年11月11日 (日)

No.96 秋晴れの下、過労死防止基本法の一斉街頭署名活動

12111035


 11月10日(土)、全国で過労死防止基本法制定の一斉街頭署名の取り組みを行った。
 今年1月21日に続いて2回目となる。
 大阪では、今回も京橋駅(JRと京阪の駅の間の屋根付きの広い通路)で、午後1時から2時までの1時間、20人余りが参加して元気に行った。

 驚いたのは、前回の1月の時よりも、はるかに反応がよく、たくさんの署名が集まったということである。
 参加者が前回(35人)よりずっと少ないのに、集まった署名数は425筆と、はるかに多かった。
 前回は寒い冬で、雨模様だったのに対して、今回は秋晴れで快適だったからだろうか。
 それとも、この取り組みがかなり浸透してきたということだろうか。

 それに、特に若いカップルや、大学生、高校生、中学生の数人のグループがみんなで署名してくれるなど、若者がたくさん署名に応じてくれたのは、とても嬉しかった。
 また、気持ちを新たにして、頑張っていきたい。

 まだ全国の集計はされていないが、次のようにテレビが東京、大阪、兵庫の署名活動を紹介してくれた。

◆NHK全国ニュース
11月10日 17時22分K10033951111_1211101857_1211101918.mp4

過労死防ぐ法律制定を 全国で署名活動

過労死や過労自殺で家族を亡くした人たちが、過労死を防ぐための法律の制定を求めて、10日、全国8か所で署名活動を行いました。

この署名活動は、過労死や過労自殺した人の遺族でつくる「全国過労死を考える家族の会」が弁護士などとともに行ったものです。
このうち、東京・新宿では、およそ30人が「長時間労働や仕事のストレスで過労死する人が後を絶ちません。大事な家族を守るため署名をお願いします」と呼びかけました。
家族の会が求めているのは、国が過労死について調査・研究し対策を実施することや、企業が国の対策に協力し労働者の心身の健康を損なわないようにすることなどを盛り込んだ、「過労死防止基本法」の制定です。
家族の会は、ちょうど1年前からこの活動を始め、これまでに31万人の署名を集めたということで、今後、国会に提出することにしています。
家族の会の中原のり子さんは「活動を始めて1年がたち、多くの人が法律の必要性を理解してくれるようになった。過労死のない社会をつくるため活動を続けたい」と話していました。


◆朝日放送・ABC関西ニュース
  http://webnews.asahi.co.jp/abc_2_006_20121110008.html

【署名活動】ストップ 過労死

過労死などを防ぐための法律制定を求める署名活動が全国で一斉に行われ、大阪でも遺族らが協力を呼びかけました。

署名活動を行ったのは、過労死で家族を亡くした遺族らです。昨年度、働きすぎなどが原因で脳や心臓の病気を患ったとして労災認定されたのは310件、そのうち121人が死亡しています。また、過労やストレスにより精神障害を発症したとして66人が自殺しています。遺族らは、過労死などについて国は有効な対策を打ち出せていないとして昨年から100万人の署名を集める活動を続けています。集まった署名は国会に提出する予定です。

◆関西テレビ・KTVニュース関西版
  http://www.ktv.co.jp/news/date/main.html#0419077

「過労死防止基本法」の制定求め署名活動

過労死を防止するための法律の制定に向け、遺族らが神戸市内で署名活動を行いました。

神戸市内で行われた署名活動には、過労死で子どもを亡くした遺族らが集まりました。

過労による脳や心臓の疾患などで労災認定を受けるケースは去年度だけでも600件以上にのぼり、大きな社会問題となっています。

こうした状況を防ぐため、遺族らは国などが過労死の実態を明らかにすることを柱とした「過労死防止基本法」の制定を求める署名活動を行い、これまでに全国で30万人分以上の署名が集まっています。

【過労死で息子を亡くした西垣迪世さんは】
「健康的に働き健康的に暮らせる国になるように、そう思ってこの法案を作って頂きたい」

遺族らは今後、100万人分の署名を目標に活動を続けるということです。

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

無料ブログはココログ