2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の4件の記事

2012年12月31日 (月)

No.103 「大阪過労死家族の会」が「第12回大阪弁護士会人権賞」を受賞!

121230


◆「大阪過労死を考える家族の会」(略称:大阪家族の会)は1990年(平成2年)12月に結成され、満22年を迎えた。1988年(昭和63年)に「過労死110番」が開設され、過労死の相談や労災申請が激増する中で、過労死遺族同士が互いに励まし合い協力し合って、過労死遺族・本人の救済と、過労死の予防に取り組むことを目的として結成された。
 翌1991年には、各地の家族の会が集まって「全国過労死を考える家族の会」が結成され、毎年11月の厚生労働省要請などを行っている。

◆ 大阪家族の会の結成当時私は弁護士3年目であったが、大阪過労死問題連絡会の月1回の例会で、「過労死遺族の人達自身の組織が必要ではないでしょうか」と提案したところ、「それはいいことだ。君が中心になって準備しなさい」との指令が出され(笑)、当時相談中や労災申請中の過労死遺族約60家族に案内を出した。そして12月8日、17家族、約60名が参加して「会」が結成されたのである。

 その後、数年間の模索期を経て、組織として自立し、数的にも質的にも大きく発展してきた。毎月1回の例会や世話人会は、私の事務所で行っている。
 最近では、全国家族の会の代表でもある京都の寺西笑子さんが原告である「過労死企業名公表裁判」と「過労死防止基本法」制定のための取り組みに、全国家族の会の中心となって頑張っている。

121221_2


◆大阪弁護士会は平成13年度から、社会的弱者の人権擁護活動等を行っている個人、グループ及び団体で、近畿地区に住所、事務所または活動の本拠を置くものに、毎年「人権賞」を授与している。
 私はかねてから、大阪家族の会としてこの賞に応募してはどうかと願ってきたが、今年ついに応募が実現し、数回の審査を経て、この12月21日付けで「受賞通知」をいただくことができた。
 来年1月22日(火)午後5時30分から、大阪弁護士会館2階ホールで授賞式が行われることになっている。

◆寺西笑子さんとは、過労死防止基本法の取り組みで二人三脚で活動しているが、今年の目標として、①過労死防止基本法の制定、②過労死企業名公表裁判の勝訴、③この人権賞の受賞の3つを実現したいですね、と話し合ってきた。
 ①はまだ道半ばであり、②は残念ながら11月29日大阪高裁で逆転敗訴し、舞台は最高裁に移っている。
 そんな中で、年も押し詰まった最後に③の受賞の朗報が届いたのである。
 本当にうれしく、感無量である。
 来年は、①・②も合わせて勝ち取る年にしたいと思っている。

 ※写真上‥全国過労死家族の会のリーフレット
   写真下‥人権賞の授賞通知書(クリックすると拡大します)

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2012年12月30日 (日)

No.102 4人の男女の生き様を美しい歌声と共に描く──ミュージカル「Chanson de 越路吹雪 ラストダンス」

121229


 12月29日、ミュージカル「Chanson de 越路吹雪 ラストダンス」(梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ)を観てきた。ミュージカルは、今年5月の「サウンド・オブ・ミュージック」以来である。

 越路吹雪さん(1924~1980)は私たちの親よりも少し上くらいの世代で、必ずしも馴染みがあったわけではないが、①戦後直後から華やかなステージに生きた女性として興味があったこと、②「愛の讃歌」、「サン・トワ・マミー」、「ラストダンスは私に」など私でも知っているロマンチックな歌が多いこと、③出演者の中に斉藤由貴さん(「卒業」などがヒット曲したかつてのアイドル)が入っていたこと、④ちょうど仕事納めの翌日の夕方にあったことなどから、チケットを申し込むことにした。

 内容は、期待以上によかった。天真爛漫で恋多き女性であった越路さんを、瀬奈じゅんさんが演じきっていた。歌がうまくて声量もあり、ハマリ役だったと思う(私個人としては、本物の越路さんより素敵だったように思う)。
 越路さんのマネージャーであり親友であるとともに、その後数えきれないほどのヒット曲の作詩・訳詩(末尾・注)を行った岩谷時子さんを、斉藤由貴さんが清楚に演じた。越路さんがガンで亡くなったお葬式の後の岩谷さんの独白と号泣は圧巻で、会場のあちこちですすり泣きが聞こえた。

 越路さんを愛した2人の男性(妻と死別した年上のデザイナーの真木小太郎さん(別所哲也さん)と、越路さんより年下で越路さんと結婚した作曲家の内藤法美(つねみ)さん(大澄賢也さん))も、それぞれが味を出していた。特に、越路さんからプロポーズを受けながら、越路さんの更なる発展を願ってこれを受諾しなかった真木さんの切ない思いは、同じ男性として迫るものがあった。

 越路さんが56歳でガンで亡くなったということは知らなかった。ちょうど今の私と同い年ではないか。既にもう、1年1年を大切に生きていかなければならない年齢になっているんだなと、しみじみ感じた。
 越路吹雪さんのCDを、改めて聴いてみたいと思う。

 11月16日の東京を皮切りに始まった公演は、明日(12月30日)の大阪2日目で、千秋楽とのことである。
 成功裏に打ち上げとなることをお祈りしたい。

※(注)岩谷時子さんの作詩したヒット曲(ごく一部。ウィキペディアより)
   『恋のバカンス』(ザ・ピーナッツ、作曲は宮川泰)
  『夜明けのうた』(岸洋子、作曲はいずみたく)
  『これが青春だ』(布施明、作曲はいずみたく)
  『旅人よ』(加山雄三、井上陽水、作曲は弾厚作)
  『君といつまでも』(加山雄三、作曲は弾厚作)
  『恋の季節』(ピンキーとキラーズ、作曲はいずみたく)
  『誰もいない海』(越路吹雪、作曲は内藤法美)
  『ベッドで煙草を吸わないで』(沢たまき、作曲・編曲はいずみたく)
  『いいじゃないの幸せならば』(佐良直美、作曲はいずみたく)
  『サインはV』(麻里圭子、横田年昭とリオ・アルマ、作曲は三沢郷)
  『アテンションプリーズ』(ザ・バーズ、作曲は三沢郷)
  『君をのせて』(沢田研二、作曲は宮川泰)
  『男の子女の子』(郷ひろみ、作曲は筒美京平)

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2012年12月27日 (木)

No.101 「幸福な王子」に号泣──小学生のころ

 弁護士になって25年経った今でも、ふと思い出す童話がある。
 なぜ、あんなに泣いたのかわからない。涙と嗚咽が止まらないことに自分でも驚いていた。小学校4,5年生のころ、オスカー・ワイルドの童話「幸福な王子」(私が読んだ本は「幸福の王子」というタイトルだったような気がする。)を読んだ時のことである。
 ストーリーは、おおよそ次のようなものだった。

 ある街の柱の上に自我を持った幸福な王子の像が立っていた。両目には青いサファイア、腰の剣の装飾には真っ赤なルビーが輝き、体は金箔に包まれていて、心臓は鉛で作られていた。とても美しい王子は街の人々の自慢だった。 121227happy_prince_2


 渡り鳥であるが故にエジプトに旅に出ようとしていたツバメが寝床を探し、王子の像の足元で寝ようとすると突然上から大粒の涙が降ってくる。
 王子はこの場所から見える不幸な人々に自分の宝石をあげてきて欲しいとツバメに頼む。
 ツバメは言われた通り王子の剣の装飾に使われていたルビーを病気の子供がいる貧しい母親に、両目のサファイアを飢えた若い劇作家と幼いマッチ売りの少女に持っていく。エジプトに渡る事を中止し、街に残る事を決意したツバメは街中を飛び回り、両目をなくし目の見えなくなった王子に色々な話を聞かせる。王子はツバメの話を聞き、まだたくさんの不幸な人々に自分の体の金箔を剥がし分け与えて欲しいと頼む。

 やがて冬が訪れ、王子はみすぼらしい姿になり、南の国へ渡り損ねたツバメも次第に弱っていく。 死を悟ったツバメは最後の力を振り絞って飛び上がり王子にキスをして彼の足元で力尽きる。その瞬間、王子の鉛の心臓は音を立て二つに割れてしまった。
 みすぼらしい姿になった王子の像は心無い人々によって柱から取り外され、溶鉱炉で溶かされたが鉛の心臓だけは溶けず、ツバメと一緒にゴミ溜めに捨てられた。

 時を同じく天国では、下界の様子を見ていた神が天使に「この街で最も尊きものを二つ持ってきなさい」と命じ、天使はゴミ溜めに捨てられた王子の鉛の心臓と死んだツバメを持ってくる。神は天使を褒め、そして王子とツバメは楽園で永遠に幸福になった。
(ウィキペディアより転載。画像は、ウォルター・クレインによる挿絵)

 貧しい人、困っている人のために、自分にとってかけがえのないものを次々と与えていく。ついには、その世界を見るための目までも・・・。ツバメも、生きるための越冬の旅を断念して王子のもとに残る決心をし、王子の目の代わりと届け手を続け、最後には王子に寄り添って死んでいく。

 これほど悲しい自己犠牲、利他行為がほかにあるだろうか。最後の、みすぼらしくなった王子の像が焼かれた後に、鉛の心臓だけが溶けずに残り、ツバメの遺体と一緒にゴミ溜めに捨てられたというところで、涙が止まらなかったのだろうと思う。

 ただ、他方で、「こんな風に自分の体の一部をあげていったら、ほんの数人しか助けてあげられないし、最後は世界が見えなくなってしまうではないか。貧しい人や困っている人は世の中にたくさんいるのに、自分が死んでしまったら、そんな人たちを助けられなくなるではないか」──そんな自問自答をし、やり場のない悔しさを感じたことも覚えている。

 その後、中学2年の歴史で古代ローマの「護民官」に自分の中で反応するものがあり、中学3年の公民で「国選弁護人」について知り、弁護士がいいなあと漠然と思ったのが、弁護士をめざしたきっかけであるが、今思えば、その源流にこの「幸福の王子」を読んだ時の涙と悔しさがあるような気がするのである。

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2012年12月21日 (金)

No.100 年の瀬と日本人

121220


 今年も、あと10日ほどを残すのみとなった。

 シャンシャンと響きわたるクリスマスソング、バーゲンなどの歳末商戦、コートの襟を立てながら年末に向け慌ただしく走り回る人々・・・。

 年内にやるべきことを終え、新年が良い年であることを願いつつ、厳粛な気持ちで年を越す──そんな日本人のメンタリティが町中に溢れ、寒さと温かさ、切なさと優しさ、寂しさと連帯感がないまぜになったような、独特な雰囲気が、私は好きである。

121220_2


 「師走」の名のとおり、弁護士も12月は大忙しであるが、12月の特徴は、裁判所での和解成立が飛び抜けて多いということではないだろうか。「この事件を解決して、気持ちよく新年を迎えましょうよ。」裁判官の説得にも、力が入る。
 さあ、もう一頑張りしますか!

(あべの総合法律事務所 メールマガジン「メールいずみ」第14号(2012・12・20発行) 「巻頭言」を一部編集して転載)

※写真は、現在大阪市役所を飾っている「光のルネサンス」です。

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

無料ブログはココログ