2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の2件の記事

2013年3月 9日 (土)

No.110 新しい国会に「過労死防止基本法」制定をアピール──熱気溢れた第6回院内集会──

130307
 2013年3月7日、衆議院第1議員会館地下大会議室で、“「過労死防止基本法」の制定を実現する集い”が開催された。
 この「集い」は、署名運動を中心に国会外で広げてきた過労死防止基本法の世論と遺族の声を、直接国会議員の皆さんに伝え、制定への後押しをする集会である。

130307_3


 会場の前には、この日までに寄せられた署名39万7366筆が、うず高く積み上げられた。

 昨年12月の衆院選で国会議員の大半が入れ替わり、これまで積み重ねてきた私たちの取り組みはどうなるんだろうか、という不安もあったが、実行委員会の皆さんの必死の事前準備と議員の皆様への働きかけが実り、フタを開けてみると参加者は272人と過去最高、参加して下さった議員の皆さんの数も、議員本人19人、秘書の代理参加25人、合計44人にのぼった。
130307_2

 しかも、自民、公明、民主、維新、みんなの党、生活の党、共産、社民と、ほとんどの政党から幅広く参加があり、次々とマイクを握り、口々に協力を約束して下さったのである。一気に議員立法による過労死防止基本法の制定への道筋が見えた気がした。


130307pp

 内容もすばらしかった。実行委員長の森岡孝二関西大学教授のあいさつの後、過労死弁護団全国連絡会議の幹事長の川人博弁護士が「なぜ過労死防止基本法が必要か」と題して基調報告を行った。パワーポイントを使って非常にわかりやすく、ていねいな説明で、「なるほど!」と思った人も多かったのではないだろうか。


130307_4


 続いて、元トリンプ・インターナショナル・ジャパン(下着メーカー)の元社長の吉越浩一郎さんが「過労社会ニッポンを変えるために」と題して、記念講演をして下さった。吉越さんは、「残業ゼロ」を実行しながら、19年間連続の増収を達成した「カリスマ経営者」である。「仕事を楽しむ」「仕事は任せるのが基本」「ノー残業で仕事の密度を濃くする」「会議は即断即決」「8時間は絶対に寝る」など、お話の内容は本当に刺激的だった。


130307_7


 川人弁護士の報告でも紹介されていたように、日本経団連の「企業行動憲章」も、4項で「従業員の多様性、人格、個性を尊重するとともに、安全で働きやすい環境を確保し、ゆとりと豊かさを実現する。」としている。過労死の防止は企業経営者も含めて全員が一致できるはずだと、改めて感じた。


130307_6

 あと、過労死遺族や元遺児の皆さんの訴えは胸に迫るものがあった。前厚労大臣の小宮山洋子さんが参加して発言して下さったのも嬉しかったし、過労死問題を考える東大生の「えだまめの会」の学生の発言は、日本の未来を感じさせる、すばらしいものだった。


130307_5
 今回の「つどい」の前に秋葉賢也厚生労働副大臣、後には西村康稔内閣府副大臣と自民党政務調査会副会長の鈴木淳司衆議院議員と面談することができた。いただいたお話の内容は、過労死防止基本法の実現にとって、本当に力強いものであった。

 次回の院内集会は、6月6日(木)の予定である。
 この次の「つどい」が、文字どおり過労死防止基本法を実現するゴールになるよう、気持ちを新たにして頑張りたいと思う。

【写真】(上から)
 ①「つどい」の壇上の横断幕
 ②積み上げられた署名
 ③会場を埋めた参加者
 ④川人弁護士の基調報告
 ⑤吉越浩一郎さんの記念講演
 ⑥小宮山洋子前厚労大臣
 ⑦つどい終了後、吉越さんと
 ⑧西村康稔内閣府副大臣、鈴木淳司議員と


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2013年3月 2日 (土)

No.109 祝!禁煙3周年

Photo_3


 2010年3月1日、当時持病だった不整脈の治療でアブレーションという手術を受けるために、5日ほど入院したのを機に禁煙を始めてしまった(正確には、半ばアクシデントで禁煙する羽目になってしまったにすぎない。詳しくは「タバコと禁煙」のカテゴリーをお読み下さい)。
 それから、昨日で満3年が経過した。今から思っても、あれほどのヘビースモーカーであったのが、よくやめられたものだと思う。

 実は、今でも、ごくわずかだが「禁断症状」が残っている。酒やコーヒーを飲むときや、食事後など、「今吸ったら体に滲みわたるだろうなあ」と思ったり、口の中に唾が出て来たりするのである。
そんな時は、「ニコレット」の1粒の3分の1くらいをかじって、ガムのように噛んでいると収まる。
本当はこれもよくないのだろうが、1粒でタバコ2本分のニコチンというから、吸っていたころに比べたらほとんどゼロに等しいだろう。

 しかし、以前は、近くでタバコを吸われて煙が漂ってくると、「いい香りだなあ」と思ったりクンクン嗅いでみたりしたものだが、最近では不快感の方が大きくなった。

 タバコをやめて良くなったことは、次のようなことである。
 ・咳やタンがほとんど出なくなった。
 ・いつもタバコが吸える場所を一日中探し続ける必要がなくなった。
 ・お酒やコーヒーを飲むとき、禁断症状に落ち着かなくなったり、周囲に気づかう必要がなくなった。

 経済的に見ると、私が禁煙してからタバコが大幅に値上げされ、私が1日3箱は吸っていたピアニッシモワンは1箱440円になったので
 440円×3×365日×3年=1,445,400円
を使わなくて済んだことになる。
 その割にはお金は溜まっていないが・・・(-_-)

 とはいえ、ここまで来たら、やはりもう少し続けてみることにしたい。


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

無料ブログはココログ