2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

« No.114 楽しい和歌山弁講座(1) 総論 | トップページ | No.116 今年も感動をありがとう──第7回「母に感謝のコンサート」 »

2013年4月16日 (火)

No.115 「発毛の条件」こそが大切──リーブ21“発毛日本一コンテスト”に参加して

130409


 少し書くのが遅くなってしまったが、4月9日(火)、「リーブ21」が主催する「第13回発毛日本一コンテスト」(東京国際フォーラム)に夫婦で参加させてもらった。
 我が事務所の蒲田豊彦弁護士は毎年招待を受けて参加しているのであるが、その際、所員の誰かを誘って連れて行ってくれるのである。そして、今年、私に声をかけてくれたのである。

 私は恥ずかしながら、これまで「発毛」「植毛」「かつら」の区別さえはっきりしていなかった。今回、「発毛」コンテストに参加させてもらったのだということを、会場に来て初めて認識した。
 とても楽しかっただけでなく、本当に多くのことを学ばせていただいた。

130409_2


 会場はほとんど満席。オープニングに続いて、一次審査(56人の出場者の中から12人の最終審査進出者を選出する)、最終審査(12人に順次インタビューをして、苦労や感動的なエピソードを審査する)、結果発表・表彰式、エンディングと続く。
 その合間に、脱毛に悩む4人の若手芸人の「1か月発毛生活」紹介、発毛についての講演、歌手の和田アキ子さん・タレントの松村邦洋さん・吉村明宏さんの3人のトークショーなどがあり、時間を忘れて楽しむことができた。

130409_3


 これらを通じて私が学んだことは、次のようなことである。
(1) 「脱毛」は①老化、②体質遺伝、③運動不足、④睡眠不足、⑤ストレス、⑥食生活の乱れなどが複合して起こる生体現象である。
 ①と②はどうしようもないが、現在の働きすぎ・ストレス社会では③~⑥が悪化している人が多いと思われる。
(2) したがって、「脱毛」を止め、逆に「発毛」に転じるためには、上記のうち避けられない①②を除いた③~⑥について、粘り強い努力と、周囲の協力が必要である。
 しかし、これらの全てを改善することが容易ではないことも明らかである。
 それだけに、出場した人たちのインタビューは、本当に感動的だった。その人の所属するOC(オペレーションセンター)のスタッフの皆さんもたくさん参加していて、出場者に声援を送ったり、入賞発表の時に涙ぐんでいる女性スタッフもいた。

130409_4


 男性にとって「脱毛」は何となくタブーという雰囲気があるが、それを「発毛」という形で能動的にとらえ、本人の努力と周囲の支援で乗り越えていくというのは、とてもいいことだなと思った。
 「脱毛」が収まり、「発毛」が始まる条件を作るということは、心身共に健康な生活を送るようにすることを意味するのである。
 そう考えると、自分の髪の毛が愛おしく思えてきた。大事にしようっと。

130409public_bar_sora


 帰りに3人で、まだ見たことがなかった「東京スカイツリー」に行ってみようということになり、タクシーで向かった。
 しかし、この日は前日の強風もあり、整理券の発行は終了していた。残念‥。
 そこで、スカイツリーの足元にある「Public Bar SORA」というバーでおいしいビールを飲み、ほろ酔いで帰路についた。

【写真の説明】(上から順)
 ① 講演で話された「脱毛の6つの原因」
 ② 和田アキ子さん、松村邦洋さん、吉村明宏さんのトークショー
 ③ 表彰式の様子
 ④ 東京スカイツリー
 ⑤ Public Bar SORAでいただいたビール


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.114 楽しい和歌山弁講座(1) 総論 | トップページ | No.116 今年も感動をありがとう──第7回「母に感謝のコンサート」 »

6-1 思いつきエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/57182395

この記事へのトラックバック一覧です: No.115 「発毛の条件」こそが大切──リーブ21“発毛日本一コンテスト”に参加して:

« No.114 楽しい和歌山弁講座(1) 総論 | トップページ | No.116 今年も感動をありがとう──第7回「母に感謝のコンサート」 »

無料ブログはココログ