2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

« No.124 ボウリングにはまっていた日々 | トップページ | No.126 「女尊男卑」社会は行き過ぎ?──「週刊ポスト」に私のコメントが載りました »

2013年7月 9日 (火)

No.125  「ハルカス」の意味は?

130707_2


 地上300メートル、60階の日本一の高さをを誇る巨大複合施設「あべのハルカス」が完成し、地下2階~地上14階までの近鉄百貨店本店とレストラン街が6月13日、先行オープンした。上階の美術館(16階)、オフィス階(17、18、21~36階)、ホテル(19、20、38~55、57階)、展望台(58~60階)も含めた全館がグランドオープンするのは来年春とのことである。

 このところ、阿倍野地域の再開発はめざましい。ファッションビル「Hoop」、商業施設「キューズタウン」、複合商業施設「あべのnini」などが次々と作られた。JR天王寺駅の駅ビルはリニューアルされ、地下鉄の駅ナカ商業施設「ekimo」もでき、「abeno」の「a」の文字をかたどった大きな歩道橋も完成した。
130707abenopdb0

 エリア全体がおしゃれで、若者たちをはじめ、ものすごい賑わいになっている。阿倍野・天王寺近辺はもはや、かつての「場末」的なイメージとは正反対のまちに生まれ変わっているのである(ただし、新しい歩道橋にエスカレーターがないのは、お年寄りや障がい者に優しいとはいえず、やや残念である)。

 ところで皆さんは、「ハルカス」の意味はご存じだろうか。私は、「はるか彼方まで見渡せるの「はるか」をもじったただの造語だと思っていたのだが、古語の「晴るかす」(心を晴れ晴れとさせる、という意味)に、上記の「はるか」の意味も込めたものだそうである。だとすると、なかなか粋なネーミングではないか。

 この「ハルカス」の完成を見込んでか、最近発表された路線価(今年1月1日時点)は前年より35%も上昇したとのことである。完成前でこれだから、来年はもっと上がるのではないか。

 かつてのような地価バブルはこりごりだが、街に活気が出て、景気が上向くのは大歓迎である。ハルカスが阿倍野を、そして大阪全体を「晴るかす」ことを祈りたい。

 ※ 写真上‥事務所前から「あべのハルカス」を見上げる。
   写真下‥あべの歩道橋を上から見た写真。


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.124 ボウリングにはまっていた日々 | トップページ | No.126 「女尊男卑」社会は行き過ぎ?──「週刊ポスト」に私のコメントが載りました »

6-1 思いつきエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/57754430

この記事へのトラックバック一覧です: No.125  「ハルカス」の意味は?:

« No.124 ボウリングにはまっていた日々 | トップページ | No.126 「女尊男卑」社会は行き過ぎ?──「週刊ポスト」に私のコメントが載りました »

無料ブログはココログ