2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

« No.150 朝日新聞に「過労死防止基本法」の社説! | トップページ | No.152 「一票の格差」(投票価値の平等)について──国民主権と選挙制度のあり方(その1) »

2013年11月25日 (月)

No.151 苦難を乗り越えひたむきに生きる姿に感動──韓国ドラマ「グッキ」

【作品概要】
 この10月~11月にかけて、DVDを借りて観た。
 1999年、全20話。韓国で最高視聴率53.1%を記録したヒットドラマとのことである。
 苦難を乗り越えて成功していく女性企業家を主人公にしており、韓国版「おしん」とも評される。
 日本では2006年4~8月にNHK-BS2で放送されたとのことであるが、当時私は観ていなかった。

131124


【ストーリー】
 1932年、舞台は日本統治下にあった朝鮮半島黄海道海州(ヘジュ)。
 医師のミン・ヨンジェは妻を亡くしながらも、朝鮮半島の独立を目指す運動に参加するため、生まれたばかりの娘ミン・グッキ(クッキ)と自分の財産を親友のソン・ジュテ(チュテ)に託して満州に旅立ったが、チュテはヨンジェの財産を横領し、地元の日本軍と癒着しながら商売を広げる。
131124_2

 1945年、進学の希望を捨てきれないクッキは海州を飛び出して京城(現在のソウル)に向かい、洋菓子屋「太和堂」を経営するチャン・テファに拾われる。
 そのころ日本が降伏し、朝鮮半島の解放が決定したためヨンジェは故郷海州に向かうが、悪事の発覚を恐れたチュテは、日本軍の憲兵隊長中村一郎の財産を買い取るのと引き換えに、中村にヨンジェを暗殺させたうえで、横領した財産を海州の質屋キム・マンボクに売払い、京城(現ソウル)に逃亡。

131124_3


 13年後の1958年、太和堂の後継者として店を切り盛りするクッキは、思わぬ形でソン一家、幼い頃兄のように慕っていたキム・サンフン(マンボクの息子)、ヨンジェの部下でヨンジェ殺害の犯人とクッキを探していたチェ・ミングォンと次々に再会する。
 ソウルで中村一郎から買い取った製菓工場を経営するチュテは、太和堂の製法を盗んだり、策略を使って潰そうとする。一方で、ようやくミングォンはヨンジェ殺害の真相に迫るが、チュテの策謀によって逮捕されてしまう。
 そして最後に、チュテを裁く法廷で、すべての事実が明らかになる・・・。

【主な登場人物】
・ミン・グッキ(クッキ)【少女時代はパク・チミ、大人時代はキム・ヘス】 ドラマの主人公。苛酷な運命に翻弄されながらも、常に前向きで立ち向かっていく。クッキは漢字で「菊煕」。瀕死の母親のお腹から医師であるヨンジェが取り出して出生したが、その時辺り一面に菊が咲いていたことから、ヨンジェがそう名づけた。
 少女時代と大人時代の主人公はあまり似ていないが(そういえば日本の「おしん」もそうだった)、特に少女時代のクッキ(パク・チミ)の辛い場面や悔しい場面は、涙を誘わずにおかない。
・ソン・シニョン【チョン・ソンギョン】 ソン・ジュテの娘で、クッキの幼なじみ。少女時代はクッキにつらくあたっていたが、大人になって人気歌手(エレーナ)になりクッキと再会してからは、クッキの親友となるも、チュテの行った非道な事実を知って苦悩し、また、チュテがミングォン殺害のために差し向けた刺客からミングォンを守ろうとして自ら銃弾に倒れる。
131124_4
・ミン・ヨンジェ【チョン・ドンファン】 「冬のソナタ」のサンヒョクのお父さんと言えばこの人を思い出す人が多いと思うが、このドラマでは反日帝闘争の闘士という珍しい役を演じている。朝鮮解放後、夢にまで見たグッキと再会する途中の列車の中でいきなり射殺され、非業の死を遂げる場面が痛々しい。
・ソン・ジュテ【パク・ヨンギュ】 少し前に観た「新貴公子」では優しくて紳士的な叔父さんの役で出ていたが、このドラマでは親友を裏切って財産を横領し、その発覚を免れるために親友を殺害し、商売上のライバルであるクッキの店(太和堂)まで汚い手を使って潰そうとする悪役を演じている。
・チェ・ミングォン【ソン・チャンミン】 上司であったヨンジェを目の前で殺害されてしまう。解放後政府の秘書官をしながら、ヨンジェ殺害の犯人と、ヨンジェの愛娘のクッキを探し続ける。グッキとシニョンの両方から愛されるが、最後にグッキに結婚を申し込む。ジャッキー・チェンに似ているが、どちらかといえばソン・チャンミン氏の方が爽やかでカッコいいと思う。
・キム・サンフン【チョン・ウンイン】 クッキと幼なじみで、質屋を営むキム・マンボクの息子だが、マンボクは朝鮮半島解放後、質屋をして人民から搾取したと暴徒たちから袋叩きにされ、サンフンと一緒にソウルに逃亡中に亡くなってしまう。サンフンは父の遺志を継ぎ、「萬海金融」を発足するが、クッキを愛し、陰に陽に助けようとする。

【一言感想】
 日本の植民地から解放され、様々な経済的、政治的困難な時代の中をひたむきに生きた人々を描いている。
 前にも書いたが、私の母は1928年(昭和4年)京城で生まれ、1945年(昭和20年)に日本が戦争に敗れて撤退するまでの17年間を京城で暮らした。クッキは1932年生まれという設定なので、母の4歳下ということになる。
 このドラマが日本で放映されたのは2006年4月~8月ということだが、母は2005年8月に亡くなったので、このドラマの存在はおそらく知らないままだったと思う。
 もし、今でも母が生きていてこのドラマを観たら、どんなことを話してくれただろうか。そんな思いも持ちながら、このドラマを観た。とてもいいドラマだった。


 ※画像(上から順)
①「海州」の場所を示す地図。地図の左上、ソウルの北西方向にあり、現在は北朝鮮内にある。
②少女時代のクッキ(パク・チミ)
③大人時代の登場人物(4人は左からチェ・ミングォン、クッキ、シニョン、サンフン)
④ドラマの人物関係図

 いずれもネットから借用しました。もし問題などありましたらただちに対応しますので、ご連絡いただければ有難く存じます。


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.150 朝日新聞に「過労死防止基本法」の社説! | トップページ | No.152 「一票の格差」(投票価値の平等)について──国民主権と選挙制度のあり方(その1) »

5-4 韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/58639500

この記事へのトラックバック一覧です: No.151 苦難を乗り越えひたむきに生きる姿に感動──韓国ドラマ「グッキ」:

« No.150 朝日新聞に「過労死防止基本法」の社説! | トップページ | No.152 「一票の格差」(投票価値の平等)について──国民主権と選挙制度のあり方(その1) »

無料ブログはココログ