2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

« No.155 日本国憲法の基礎を作った人々の情熱を熱演──劇「真珠の首飾り」 | トップページ | No.157 「クリぼっち」でもいいじゃん! “Merry Christmas To You” »

2013年12月12日 (木)

No.156 ハッピーエンドでよかった!──「ダンダリン」最終話

1312112


 12月12日、「ダンダリン」最終話の録画再生のボタンを、緊張しながら押した。
 だって、第1話の出だしが、労基署の同僚たちが黒い喪服を来て、宿舎の片づけをするところから始まっていたんだから‥‥。
 いったいどんな終わり方をするんだろうか。お願いだから、死ぬなんてことはやめてほしい‥‥ドラマを毎週観ていた人は、ずっと気になっていたはずである。

 でも、ダンダリンは死ぬどころか、退職も「未遂」に終わり、冤罪で捕まった南三条クンは釈放されたうえ、南三条クンをハメた小西美月や、アプリドリームに魂を売りダンダリンに「死んで下さい」とまで言い放った胡桃沢社労士までもが救われて、見事なまでのハッピーエンドだった。
 よかった、よかった。

 No.143で、「なかなかやるな」と書いて以降も、毎回ダンダリンは楽しみに観てきた。
 前回投稿以降の各回の一応のテーマは、次のようなものであった。

  第5話(10月30日)  労働者の退職の自由
  第6話(11月6日)  外国人の技能実習と最低賃金法違反
  第7話(11月13日)  過重労働と通勤災害
  第8話(11月20日)  ブラック企業の「自主的研修」
  第9話(11月27日)  労働者から「個人事業主」への契約切り替え
  第10話(12月4日) 労働時間の記録改ざん+南三条が冤罪で逮捕
  最終話(12月11日) 働くことの意味は?

1312112_2

 最初は、おちゃらけた行進曲のようなオープニング曲や、融通の効かないダンダリンのキャラに違和感を感じたが、だんだんこれらが「クセに」なり、松任谷由実のエンディング・テーマ(「今だけを きみだけを」)がジーンとくるようになってきた。
 「リーガル・ハイ」と競合したこともあって視聴率は今イチだったとも聞くが、私の周囲では、概ね評判はよかった。
 労働基準監督署を舞台に、労働基準監督官を主人公にした初のドラマとしては、予想以上の反響を呼んだのではないだろうか。
 時代的にも、大変マッチしていたと思う。
 聞くところでは、このドラマが始まってから、労基署への相談が激増しているという。
 来週から観れないと思うと、ちょっと寂しい。

 最後に、「ダンダリン」をおさらいしたい人は、こちらがおすすめです。
 ・ウィキペディア 「ダンダリン」
 ・「ダンダリン」公式サイト
 ・「ダンダリン」あらすじ


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.155 日本国憲法の基礎を作った人々の情熱を熱演──劇「真珠の首飾り」 | トップページ | No.157 「クリぼっち」でもいいじゃん! “Merry Christmas To You” »

3-2 ブラック企業に負けない!」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/58741034

この記事へのトラックバック一覧です: No.156 ハッピーエンドでよかった!──「ダンダリン」最終話:

« No.155 日本国憲法の基礎を作った人々の情熱を熱演──劇「真珠の首飾り」 | トップページ | No.157 「クリぼっち」でもいいじゃん! “Merry Christmas To You” »

無料ブログはココログ