2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

« No.156 ハッピーエンドでよかった!──「ダンダリン」最終話 | トップページ | No.158 若者の過労自殺事件で、会社が全面謝罪し和解が成立 »

2013年12月25日 (水)

No.157 「クリぼっち」でもいいじゃん! “Merry Christmas To You”

131224


 今宵はクリスマス・イブ。前にも書いたが(No.100 年の瀬と日本人)、私はこの時期が好きである。
 特にクリスマスは、クリスマスソングやサンタクロース、恋人たちの語らい、家族の団らんなどが街に溢れ、北欧風でもあり、独特の雰囲気がある。

 昨日の読売新聞によれば、若者の間では、イブを1人きりで過ごすことを、一人ぼっちにかけて「クリぼっち」と呼ぶのが定着しているとのことである。そして、レストラン予約サイトが20~30歳代の男女約1800人を対象にした「クリスマスディナー」に関する調査では、男性70%、女性58%が「付き合っている人がいない」と回答。男女平均で、64・5%がイブに恋人がいないとみられるという(2013年12月24日15時45分 読売新聞)。3人に2人は「クリぼっち」なのである。

 でも、それぞれが自分で自分の幸せを確かめられることが、一番幸せなんだろうと思う。「クリぼっち」という言葉にも、自分でそれを楽しんでいるような響きがあるような気がする。

 クリスマスを題材にした歌では、山下達郎の「クリスマス・イブ」が好きだが、最近では「Merry Christmas To You」という歌が気に入っている。
 1990年ころの曲とのことだが、当時は全然知らなかった。永井真理子さんの作詞とのことだが、恋人に対するしっとりとした切ない思いや、溢れる愛情が伝わってくる。辛島美登里さんの歌も、とてもいい(永井真理子、小林明子、麗美さんとの4人で歌ったバージョンも素敵なハーモニーである)。
 こんな詞がかける人は、本当に心が優しく、他人に寄り添える人だと思う。

Merry Christmas To You

歌:辛島美登里 作詞:永井 真理子 作曲:辛島 美登里

キャンドルの灯りほのかに窓辺のカフェ・テラス
赤い花かかえ現れたあなたに微笑む
てのひらをそっと重ねて凍えたその指を
あたためるからおしゃべりをねぇ 少し休めて
ときめく会話やJokeにいつかまぎれた
せつない恋(おも)いを 今夜は伝えられそう
Snowy night 初めて恋した日のよう
一瞬のふれあいも大事にしたいの
Snowy heart くもりガラスに描いた文字
あえてよかった 私からのMerry Christmas to you

賑やかな人の波間を肩寄せ歩く道
粉雪が踊るアスファルト降ちては溶けてく
急いだりはしゃぐ足どり誰もが倖せを
捜しているの それぞれの夜 夢を託して
無邪気な子供の心を いつか忘れた
素直な気持ちを今夜は想い出せそう
Snowy night 生まれたままの街の色
真綿色の愛で二人を包んで
Snowy heart まぶしいほどの星空は
永遠(とわ)の祈り 天使からのMerry Christmas to you

Snowy night 初めて恋した日のよう
あえてよかった 私からのMerry Christmas to you


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.156 ハッピーエンドでよかった!──「ダンダリン」最終話 | トップページ | No.158 若者の過労自殺事件で、会社が全面謝罪し和解が成立 »

6-1 思いつきエッセイ」カテゴリの記事

コメント

先生、俺だってクリスマスやお正月は大好きだったよ。5年前まではね。息子が天国に行ってからは、この季節が大嫌いになった。

幸せそうにしている人を見ると、無性に腹が立った。でも今年は違う。今年は思い切り喜ぶことにするんだ。家族も皆同じ気持ちだと思うよ。これからは何ごとも前向きに考えよう。今までお世話になった人たちのためにも、人の喜びを自分の喜びに思えるように生きていこう。そう思う。まるで少年のような事を書いてしまいました。メリークリスマス。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/58816388

この記事へのトラックバック一覧です: No.157 「クリぼっち」でもいいじゃん! “Merry Christmas To You”:

« No.156 ハッピーエンドでよかった!──「ダンダリン」最終話 | トップページ | No.158 若者の過労自殺事件で、会社が全面謝罪し和解が成立 »

無料ブログはココログ