2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« No.157 「クリぼっち」でもいいじゃん! “Merry Christmas To You” | トップページ | No.159 「過労死防止基本法の制定を求める意見書」を和歌山県と和歌山市が同時採択! »

2013年12月30日 (月)

No.158 若者の過労自殺事件で、会社が全面謝罪し和解が成立

 就職氷河期であったために就職できず、5年間のアルバイト生活後、ようやく正社員として就職できた(と本人は思っていた)27歳の若者が、入社してわずか4か月弱で過労自殺した事件の民事訴訟(提訴時に「No.45 若者の過労自殺 3つの新聞記事」で紹介した事件)で、12月25日、大阪地裁で和解が成立した。

 ご家族(両親とお姉さん)が一緒に暮らしている中で被災者がみるみるうちに変化していき、ついに出勤前に自宅ベランダで自死するという衝撃的な経過であっただけに、ご家族の怒りはすさまじく、厳しい裁判であったが、9月11・12日に2日連続で行われた人証調べ(会社の上司たちと両親・お姉さんの尋問)の後、裁判所から和解勧告がなされたのである。
 和解は容易でないと思われたが、原告側と被告側、裁判所の三者間で十分な和解協議を行い、成立に至ることができた。

 和解条項(謝罪、再発防止とその具体宅、解決金の支払いなど)は大変詳細であったうえ、当日は、単に和解条項を読み上げるだけでなく、会社の実質的な代表者と元上司らが出席して、自ら直接ご家族に謝罪の言葉を述べるという、被告会社にとって大変厳しいものであったが、私から見てこれらの人たちの謝罪の言葉と態度は真摯であり、重みのあるものであった。
 また、裁判長が最後にご家族に対して、温かい言葉をかけてくれたことは、とても嬉しかった。

 被告会社が、この事件と和解を教訓として、若者たちに「入社してよかった」と言ってもらえる企業になってくれることを願うと共に、ご遺族の悲しみと怒りが、ほんの少しでも和らぐことができれば、と願うばかりである。

 和解終了後、急きょ司法記者クラブで記者会見を行うことにした。この日は泉南アスベスト第2次訴訟の大阪高裁判決があったこともあり、記者の皆さんも大変なようであったが、朝日、毎日、読売、産経、日経、NHKなどが報道してくれた。
 私にとっても、忘れられない「クリスマス和解」となった。

 ※画像は朝日、毎日、日経、読売の各新聞記事、下記は朝日、毎日のネット配信記事である。

◆過労死訴訟、6千万円で和解 運送会社員遺族 大阪地裁
 朝日新聞デジタル 12月26日(木)1時22分配信
131226

 清涼飲料運送会社の社員だった兵庫県尼崎市の男性(当時27)が自殺したのは過労が原因だとして、両親が会社に計約8200万円の損害賠償を求めた訴訟が25日、大阪地裁(相沢真木裁判長)で和解した。会社側が過労自殺と認めて謝罪し、解決金6千万円を支払う内容で合意した。

 訴状によると、男性は2008年4月、「日東フルライン」(大阪市)に入社。トラックに乗り自動販売機に缶飲料を補充する仕事をしていたが、同8月に自殺した。夏場で販売量が増えるなどして、直前の1カ月間の時間外労働は104時間に上っていた。

 男性の父親は「この裁判が一石を投じ、過重労働をする若者が二度と出ない世の中になってほしい」と語った。日東フルラインは「再発防止に努めたい」とのコメントを出した。

◆<過労自殺>飲料水配送会社が因果関係認め和解 再発防止も
毎日新聞 12月25日(水)20時58分配信

1312262

 過労のため自殺したとして、飲料水配送会社に勤めていた男性(当時27歳)の両親が会社に約8300万円の賠償を求めた訴訟が25日、解決金6000万円を支払うなどの内容で、大阪地裁(相沢真木裁判長)で和解した。会社が過労と自殺の因果関係を認めて謝罪し、再発防止策などを記した書面を全従業員に配ることも盛り込まれた。

 訴状などによると、男性は2008年4月、飲料メーカーの配送業務を担う「日東フルライン」(大阪市住之江区)に就職、清涼飲料の配送と自動販売機の補充を担当した。7月に入り、1カ月間の時間外労働が104時間に達したことから、男性はうつ病を発症、8月2日に自殺した。

131226_4


 両親の代理人弁護士によると、過労自殺を巡る和解で、会社側が謝罪内容を含んだ文書を全従業員に配るのは異例という。

 この日、大阪市内で記者会見した男性の父親(67)は「長時間労働で死ぬ若者が二度と出ないための一石になれば」と語った。日東フルラインは、「今後とも再発防止に努めたい」としている。【林田七恵】

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.157 「クリぼっち」でもいいじゃん! “Merry Christmas To You” | トップページ | No.159 「過労死防止基本法の制定を求める意見書」を和歌山県と和歌山市が同時採択! »

3-4 過労死・過労自殺事件」カテゴリの記事

コメント

労災認定の闘いから民事裁判、長い闘いが終わりました。今、想う事は、5年以上、共に闘って下さった先生方や、打ちひしがれていた私たち家族を支えてくれた、多くの善意の人たちへの感謝の思いです。
その人達の存在がなければ、今の私たちはありません。
この闘いで、私たちが得たものの一番大きいものは、その人達の心だったと思います。私たちは息子の名誉を回復し、仇を討つということで戦いましたが、実は私たちが息子によって、色々なものを得たのかもしれません。でもやはり、息子には生きていてほしかった。生きていると、悲しみや苦しみがある。でもそれはめぐりめぐって行くもので、死んでしまうと悲しみが立ち止まってしまう。過労死や過労自死はあってはならない。私は生きてその事を訴えて、いつか息子に会ったら、俺は懸命に生きて闘ったと言ってやろうと思う。あいつはきっと言うでしょう「オヤジ、俺も一緒に闘った」

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/58847498

この記事へのトラックバック一覧です: No.158 若者の過労自殺事件で、会社が全面謝罪し和解が成立:

« No.157 「クリぼっち」でもいいじゃん! “Merry Christmas To You” | トップページ | No.159 「過労死防止基本法の制定を求める意見書」を和歌山県と和歌山市が同時採択! »

無料ブログはココログ