2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

« No.163 森岡孝二先生の「最終講義」、聴きに行けず残念! | トップページ | No.165 降る雪の情緒と、異常気象への不安 »

2014年2月 3日 (月)

No.164 ここまで意地悪をしてもライバル?──韓国ドラマ「イヴのすべて」

【鑑賞時期】  2014年1月後半
140202

【作品概要】
 2000年に韓国で放送され、驚異的な視聴率(48.3%)を記録したトレンディードラマ(全20話)。父子家庭に育ち、テレビ局のニュースキャスターを目指す2人の女の子、ソンミとヨンミ。正反対の2人が、運命の糸に操られるようにして出会い、スターキャスターの座をめぐって深く激しいバトルを繰り広げる。

 韓国の連続ドラマとして2002年に日本で最初にキー局で放送されたが、日本で韓流ドラマが爆発的な人気となった、NHK衛星放送の「冬のソナタ」の前年であったことから、『早すぎた韓流ドラマ』と言われているとのことである。

【ストーリー】
 ニュースの華とも言える女性アンカーを目指す二人の女子大生、ソンミとヨンミ。
 明るくまっすぐな性格で誠実に仕事に向き合うソンミと、のし上がるために手段を選ばず貪欲に突き進むヨンミが、仕事に恋に互いに切磋琢磨しながら成長する姿を描く。
140202_2

【出演者と配役】
チェリム     ― チン・ソンミ役
キム・ソヨン   ― ホ・ヨンミ役
チャン・ドンゴン ― ユン理事役
ハン・ジェソク  ― キム・ウジン役

【一口感想】
・視聴率48.3%は韓国では歴代20位台だが、日本では昨年の「半沢直樹」が関東42.2%、関西45.5%、1983年のNHK連続テレビ小説「おしん」が52.6%なので、相当な高率であることがわかる(ちなみに韓国では、ドラマの視聴率の最高は、ペ・ヨンジュン(ヨン様)の1997年の「初恋」で65.8%というからすごい。)。

・2人のライバルの女性、チン・ソンミとホ・ヨンミの名前がよく似ているので、最後まで覚えにくくて困ったが、「ウィキペディア」によると、チン・ソンミは漢字で『真善美』、ホ・ヨンミは『虚栄美』で、2人の対照的な性格を表しているとのこと。そーか、なるほどね。最初から知っていたら、悩まなくて済んだのに。
140202_4

・ホ・ヨンミ役のキム・ソヨンさんは、「アイリス」の北朝鮮工作員のキム・ソンファ役がとても素敵でファンになったが(もっとも、その前に「秋の夕立」というドラマで、植物人間になってもピクピク動くちょっと恐い役もしていたが)、このドラマでは、ここまでやるかというくらい、本当に憎々しい意地悪をするので、ちょっと嫌いになった(笑)。そんな役を演じ切るのが上手な女優ということなんだろうなあ。
 女優は役柄で、こんなに違うんだなあ。男性はその作られた一面だけでイチコロですね。このドラマのウジンのように(笑)。

・主役のヨンミは、短期留学したイギリスで、数年後に自分が入社するテレビ局の理事ユン・ヒョンチョルと偶然に出会い、最後は結婚することになるのだが、普通あり得ないこんなストーリーが韓国ドラマでは普通であり、それはそれで楽しい。ドラマは、現実には起こり得ない疑似体験をするものだから。
 それにしても、ユン理事役のチャン・ドンゴンは、男性の目から見てもカッコいいと思う。

・最後にヨンミが入水自殺を図り、記憶喪失になって孤児院で働いていることが判明したというのは、バトルの結末としてはちょっと寂しく思う。
 他方で、イギリス特派員を応諾していたソンミが、ユン理事からプロポーズされて結婚の方を選ぶというのも、ちょっともったいない気がする。結婚したら社長夫人になり、もう現場では働けなくなるのかなあ。

・日本でも「女子アナ」が人気の対象となっているが、日本ではこんなドラマが作られるとは、ちょっと考えにくいだろうなあ。

・それにしても、タイトルが「イヴのすべて」となっているのは、なぜなんだろう。

・主題歌の「true love」という曲がなかなかいいです。
 動画は、こちら
 歌詞は、こちら
からアクセスできます。


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.163 森岡孝二先生の「最終講義」、聴きに行けず残念! | トップページ | No.165 降る雪の情緒と、異常気象への不安 »

5-4 韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/59062022

この記事へのトラックバック一覧です: No.164 ここまで意地悪をしてもライバル?──韓国ドラマ「イヴのすべて」:

« No.163 森岡孝二先生の「最終講義」、聴きに行けず残念! | トップページ | No.165 降る雪の情緒と、異常気象への不安 »

無料ブログはココログ