2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月の6件の記事

2014年3月31日 (月)

No.173 安易な賠償額減額に歯止め──東芝重光事件・最高裁平成26年3月24日判決

140324_4


【1】 3月24日、最高裁で画期的な判決があった。
 原告は、東芝の女性技術者の重光由美さん。本件最高裁判決までの経過は、次のとおりである。
  H2・4   東芝に入社。
  H10・1  液晶ディスプレイ等を製造する工場に異動。
  H12・11ころ  当時世界最大サイズのガラス基板を用いる液晶ディスプレイの製造ラインを、平成13年4月までの短期間で構築するプロジェクトのリーダーに就任。
  しかし、3月1日時点で当初の計画より4週間遅れており、時間外労働時間は平成12年12月に75時間06分、1月64時間59分、2月64時間32分、3月84時間21分、4月に60時間33分に及んだ。
  H13・4頃 うつ病を発症。
     9・4 休職を開始。
  H16・9・8 熊谷労基署に労災申請。その後不支給とされ、審査請求・再審査請求もすべて棄却。
     9・9 会社から解雇通知が届く。
     11  東京地裁に民事訴訟を提訴。
  H19・7   東京地裁に行政訴訟を提起。
  H20・4・22 民事訴訟1審勝訴→被告が控訴。
  H21・5・18 行政訴訟1審勝訴、確定。
  H23・2・23 民事訴訟、2審東京高裁でも勝訴したが、高裁が過失相殺・素因減額(2割)を行った(後述)ことから、上告受理申立。
  H26・2・28 最高裁が口頭弁論を開く。
     3・24 最高裁判決

【2】 今回の最高裁判決の重要なポイントとして、特に以下の2点を紹介しておきたい。
(1)「過失相殺」について
 高裁判決は、原告が平成12年12月と平成13年4月に精神科を受診したことを会社に申告しなかったことを、過失相殺事由とした(原告の発症は平成13年4月)。
 これに対し最高裁は、
「上告人が被上告人に申告しなかった自らの精神的健康(いわゆるメンタルヘルス)に関する情報は、…労働者にとって、自己のプライバシーに属する情報であり、人事考課等に影響し得る事柄として通常は職場において知られることなく就労を継続しようとすることが想定される性質の情報であったといえる。使用者は、必ずしも労働者からの申告がなくても、その健康に関わる労働環境等に十分な注意を払うべき安全配慮義務を負っているところ、上記のように労働者にとって過重な業務が続く中でその体調の悪化が看取される場合には、上記のような情報については労働者本人からの積極的な申告が期待し難いことを前提とした上で、必要に応じてその業務を軽減するなど労働者の心身の健康への配慮に努める必要があるものというべきである」
とし、さらに、本件では原告が会社の健康診断でも自覚症状を申告し、同僚も体調の悪い容姿を見ていること、体調不良が原因で1週間以上休んでいたこと、上司に業務軽減を申し出ていたこと、産業医にも伝えていることなどの事実を指摘し、
「被上告人として、そのような状態が過重な業務によって生じていることを認識し得る状況にあり、その状態の悪化を防ぐために上告人の業務の軽減をするなどの措置を執ることは可能であったというべきである。」
として、
「これらの諸事情に鑑みると、被上告人が上告人に対し上記の措置を採らずに本件鬱病が発症し増悪したことについて、上告人が被上告人に対して上記の情報を申告しなかったことを重視するのは相当でなく、これを上告人の責めに帰すべきものということはできない」とした。

(2)「素因減額」について
 高裁判決は、原告が入社後慢性的に生理痛を抱え、平成12年6月ないし7月ころ及び12月に慢性頭痛や神経痛と診断されて薬剤の処方を受けていたことや、業務を離れて治療を続けながら9年を超えてなお寛解に至らないことを併せ考慮すれば、原告には脆弱性が存在したと推認され、素因減額をするのが相当であるとした。
 これに対して、最高裁は、
本件鬱病は上記のように過重な業務によって発症し増悪したものであるところ、上告人は、それ以前は入社以来長年にわたり特段の支障なく勤務を継続していたものであり、また、上記の業務を離れた後もその業務起因性や損害賠償責任等が争われて複数の争訟等が長期にわたり続いたため、その対応に心理的な負担を負い、争訟等の帰すうへの不安等を抱えていたことがうかがわれる。これらの諸事情に鑑みれば、原審が摘示する…各事情をもってしてもなお、上告人について、同種の業務に従事する労働者の個性の多様さとして通常想定される範囲を外れる脆弱性などの特性等を有していたことをうかがわせるに足りる事情があるということはできない
と判示し、電通過労自殺事件最高裁判決を参照として挙げた。
 この点は、これまでは、「業務は必ずしも過重とはいえなかったから、本件精神障害の発症は本人の脆弱性によるものと推認される」といった形で、安易に「脆弱性」のせいにする下級審判決もあったが、本件最高裁判決は、「同種の業務に従事する労働者の個性の多様さとして通常想定される範囲を外れる脆弱性などの特性等」が積極的に認定されない限り、「脆弱性」を根拠に安易に因果関係を否定したり素因減額をすることは認められないとしたものである。

【3】 電通判決は、労働者の「性格及びこれに基づく業務遂行の態様等を、心因的要因としてしんしゃくすることはできない」として、性格を理由とする素因減額を否定したが、その後の下級審判決では、様々な理由をつけて過失相殺や素因減額を安易に行うものが出てきていた。
 本件判決は、電通事件最高裁判決の精神と論理を受け継ぎ、安易な減額の傾向に歯止めをかけたものとして、高く評価されるものである。判決の日が電通事件最高裁判決(平成12年3月24日)と奇しくも同じ3月24日というのも、何か運命的なものを感じさせる。

【4】 それにしても、平成13年4月のうつ病発症から13年近く、平成16年9月の労災申請・解雇・民事訴訟提起から9年半、最高裁に上告受理申立をしてから3年。余りに長いと言わざるを得ないが、ようやく業務起因性と、会社の責任という当たり前のことが認められた(もっとも、高裁への差し戻しなので、最終確定はまだである)。
 精神疾患を抱えながらの裁判闘争は、言語を絶する大変さであったと思う。本当にお疲れさま、そして、すばらしい最高裁判決をありがとうと申し上げたい。

 ※ 最高裁判決(全文が掲載)はこちら
 ※ 画像は最高裁判決を報道した日経新聞(H26・3・25付け)。
 ※ 重光さんのブログ支援の会ブログもご参照下さい。


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2014年3月28日 (金)

No.172 ゴルフ場事故の担当事件の判決が「判例時報」に掲載されました

1403262210_3


 私が岡山地裁で担当したゴルフ場での事故についての判決が、最新の「判例時報」(H25・3・21号)に掲載された(岡山地判平成25年4月5日判決・判時2210号88頁)。

 事案は、XはY3の運営するゴルフ場において、Y1ほか2名と同組で、Y3の雇用するY2を担当キャディとしてプレーしていたところ、13番ホールで、XとY1の第1打がほぼ同じ位置に落ちた。そこで、Xが第2打を打ち、次いでY1が第2打を打ったところ、Y1の第2打は「シャンク」して右前方に飛び、振り向いたXの左目を直撃し、Xは左目を失明した。
140329_3

 Xが保険金請求をしたところ、Y1の保険会社は、「被害者は、加害者の近くにいて、加害者がボールを打つことを分かっていたのであるから、ボールを打っているゴルフプレーヤーより、他のプレーヤーが危険な位置に立つことを避けるべき注意義務があるので、ボールを打つプレーヤーの打つ方向に他のプレーヤーが居ることを分かっていて打った場合‥‥以外は、ボールを打ったプレーヤーに責任はない」と主張して、保険金の支払いを拒んだ。
 そこで、Xは加害者Y1と、キャディのY2、その使用者であるY3を被告として提訴したのが本件である。
140329_4

 判決は、Y1、Y2・Y3のいずれにも責任を認めたうえで、「本件は複数の加害者の過失と被害者の過失が競合する一つの事故において、その事故の原因となったすべての過失の割合が認定できる」として、その過失割合をXが3割、Y1が6割、Y2・Y3が1割と認定し、主文としてはY1・Y2に対し、連帯してXに損害額の7割を支払えと命じた。
 基本的には、大変よいバランス感覚の判断であったと思う(なお、本件は控訴審で和解して終了した)。

 本件で、一番許せないのは、保険会社が上記のような理由で支払いを拒否したことである。こんな時に保険金が下りないのであれば、一体何のために保険をかけるのであろうか。
 とりわけ、本件ではXとY1は以前からのゴルフ仲間であったにもかかわらず、保険会社が上記のような態度をとったことから、XはY1を被告として本件訴訟を提起せざるを得なかった。親しい友人同士を無理やり訴訟の相手方にしないと保険金が下りないということになれば、泣き寝入りも増えるだろうし、多くの友情が損なわれるだろう。
 そのような関係者の苦痛の上に出された判決だからこそ、今後生じるゴルフ場での事故の裁判に役立てばいいなあと思う。

 ※画像は上から、①判例時報の表紙、②事故が起こった時の関係者の位置と打球の方向、③私が作成した、ゴルフ場での事故に関する判例の一覧表(一番下が今回の判決である)。


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2014年3月21日 (金)

No.171 「過労死防止基本法の制定を求める意見書」、新たに10自治体が採択

 昨日(3月20日)確認したところ、今年に入って次の10の地方自治体が「過労死防止基本法の制定を求める意見書」を採択していることがわかった(なお、表題は自治体によって異なる場合がある)。
140318_2

  2月28日 神奈川県 横須賀市議会
  3月14日 山形県 酒田市議会
  3月17日 京都府 京都市議会
  3月17日 山形県 庄内町議会
  3月18日 神奈川県 藤沢市議会
  3月18日 埼玉県 越谷市議会
  3月20日 愛媛県 新居浜市議会
  3月20日 宮城県議会
  3月20日 山形県 鶴岡市議会
  3月20日 京都府 伊根町議会

 宮城県議会は、都道府県議会としては兵庫県、島根県、宮崎県、和歌山県に続いて5番目。また、京都市議会は、政令指定都市として神戸市、堺市、北九州市、名古屋市に続いて5番目である。さらに、山形県、神奈川県、埼玉県、愛媛県の自治体は今回が初めてであり、地域的にも広がりを見せている。
 昨年末までで76自治体であったので、一気に86自治体に増えたことになる。
(これまでの採択自治体の一覧表は、ストップ!過労死 実行委員会のホームページに掲載されている。)

 いずれも、各地の過労死遺族や、支援に取り組んでいる人たちが地元議会に働きかけて下さった結果である。ご協力下さった関係者、地方議員の皆様に心から敬意を表したい。

 この「意見書採択」という制度について若干説明しておくと、市町村や都道府県などの地方議会は、公益に関する事項について意見書を採択して国会、または関係行政庁に提出することができる(地方自治法第99条)。国民や住民にとって重要な問題について地方議会の意見という形で国政への反映を図る、民主的な制度として活用されている。

 現在、過労死防止基本法制定の取組みは、国会で大詰めを迎えているが、各地の自治体でこの意見書が採択されることは、次の点で大きな意義があると思う。
① その地域における過労死防止基本法の制定の世論を、地元議会の総意として確認し、確かなものとする。
② 地元選出の国会議員に、基本法制定を制定してほしいという住民の総意を付託することになる。
③ 基本法制定後、地方自治体として過労死防止のための施策を積極的に推進ことにつながることが期待される。

 この3月24日には、私の地元である大阪府議会でも、意見書が採択される予定である。
 一つでも多くの自治体で意見書が採択され、過労死防止基本法の制定と各地での施策が確かなものとなることを願っている。

 ※画像は、京都市議会の意見書採択を報じる、2014年3月18日付け産経新聞朝刊(京都版)


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2014年3月14日 (金)

No.170 至福の宴と身に余る謝辞──事件解決の美酒に酔う

 28歳の若者の過労自殺事件(Nさん事件、No.45No.158で紹介)の全面解決を記念して、2月28日、Nさんご一家(ご両親とお姉さん)が私たち弁護団を、打ち上げの宴に招待して下さった。

 事件でよい解決を勝ち取り、祝宴にお招きいただけることは、弁護士として最も嬉しい場である。私たちはある意味、最後にこんな場が持てることを夢見て頑張っているように思うし、こんな場が実現したら、またしばらくは頑張れるような気がする。

140313
 しかし、この日の宴は、また特別であった。
 場所は、西梅田の和食店。この日私は、過労死防止基本法制定の取組み(会議とロビー活動)で東京に日帰り出張に出かけた帰りであったが、迎えて下さったNさんご家族の笑顔と心尽くしの歓待に、出張の疲れは吹き飛び、楽しい至福の時間を過ごさせていただいた。おいしい料理を楽しみながら戴いた数々の日本酒は、文字どおりの美酒であった。
 楽しい時間は瞬く間に過ぎ、最後のお礼の挨拶では、思わず感極まってしまった。

 そのうえ、すばらしい記念品までいただいた。超高級プレミア焼酎といわれる「魔王」と、それを注ぐための手づくりの徳利とお猪口。それも弁護士3人とも色が違う。お姉さんのY子さんから「家に帰ってから読んで下さい」と渡された手紙には、次のように書かれていた。

 5年前のあの日、私は自分の持つあらゆる「愛」を失いました。捨てようとしました。この世の全てを憎んだから。(中略)

 そんな私に先生は手を差しのべ、光の方向に導いて下さいました。遠い所からではなく、常に近くで手が届く所に居て下さいました。人の心を捨てかけた私と共に歩み、悩み、涙を流して下さいました。私が今「人」として在るのは、先生方のあたたかな息吹きを常に感じることができたからです。(中略)
 たくさんの“ありがとう”をささやかな品と共に贈ります。
 (中略)先生方を思い浮かべながら作りました。

 草原を優しく翔ける風と、それを支える強い大地。柔らかな心と、強い意志を併せ持つ須井先生には青磁と黒い天目を。
 世界を優しい太陽に染め上げる夕暮れの空と、その先に待つ優しい母の記憶。永遠の母性で包みこむ上出先生には紅と赤天目を。
 命を生み育み、包み込む海。深く雄大で力強い北の海を思わせる岩城先生には、瑠璃とわら灰を。
140311_2

 これは、ろくろではなく手びねりで作りました。(中略)どこか不器用ですが、その存在は唯一無二の美しさがあります。
 先生たちの生き方は、この手びねりのようだと思います。
 これから私は、そんな素敵な先生の生き方に励まされながら、そして負けないように歩みます。

 まるで、美しく壮大な叙事詩の主人公の一人にしていただいたような感覚に陥る。
 身に余る光栄であり、このように言っていただけることこそ、本当の弁護士冥利に尽きるものである。
 心のこもった手作りの作品と、過分な感謝の言葉は、私たちにとってかけがえのない宝物になるだろう。

 思えば、Nさんのお父さんが、2011年11月18日の過労死防止基本法制定実行委員会の結成総会(No.53)の場で遺族として訴えたのは民事訴訟提訴の2か月後であり、再び訴えた2013年11月19日の第8回の院内集会は、和解解決の1か月前であった。その間、Nさんご家族が集めた「ストップ!過労死署名」は、数千名に及ぶ。街頭署名活動でも、いつもNさんご家族の姿があった。
 このように、Nさんご家族の闘いの期間は、過労死防止基本法制定の取組みの期間とも重なっているのである。
 法律制定の取組みが大詰めを迎えている時だけに、Nさん事件の解決には感慨深いものがある。

 Nさんご家族には、今はしばらく、疲れた体を休めていただくとともに、今後は、自分たちの経験を生かして、過労死家族の会の後進の人たちを導いてあげてほしいと思う。
 N家の皆さん、本当にお疲れさま。そして、ありがとうございました。


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2014年3月 9日 (日)

No.169 未来の法曹たちとの「一期一会」

 3月の第1週、わが あべの総合法律事務所は、大変な「人口密度」であった。
 元裁判官の森野俊彦先生が客員弁護士として入所し、この1月から活動を開始されたところへ、私が2~3月に弁護修習を担当している司法修習生のH君と、京大ロースクールから3月前半の2週間エクスターンシップで来ているT君の2人が事務所に来ているのである。
 そのうえ、上出弁護士のところに神戸大、中森弁護士のところに阪大のロースクールからそれぞれエクスターン生が来ているので、事務所は4人の若者たちであふれ返っているのである。
140308_2

 修習生用の机は1つしかないので、他の人たちは相談室の一室に一緒に入ってもらって記録を読んだり勉強したりしてもらっているが、狭くて申し訳ない気持ちである。
 聞くところでは、我が事務所は修習生やロースクール生には結構人気があるとのことである。

 せっかく来てくれているのだから、少しでも多くのことを教えてあげたいと、一生懸命説明したり議論したりするようにしている。それに、食事もできるだけあちこちのお店に連れていってあげるなど、大事にしてあげているつもりである(もっとも、キャリーバッグや記録を持ってくれたりするので、移動は少し楽であるが)。

 私は、2000年(平成12年)に大阪弁護士会と青年法律家協会大阪支部がそれぞれ行っていた「入所前研修」(旧司法試験時代に修習期間が短縮されたことから、4月に修習が開始する前に、独自に弁護修習のようなものを行った)を担当して以降、若い人たちのお世話をするようになってもう15年目になる。
 改めて数えてみると、これまで担当した人は、事前研修15人、京大ローのエクスターン14人、司法修習生6人の合計35人になっていた。

 第1号の事前研修を担当したHさんは、弁護士になって今でもたくさんの過労死事件を一緒に担当してくれているし、兵庫のTさんも過労死弁護団のメンバーとして頑張っている。沖縄で弁護士になったNさんは、欠陥住宅全国ネットの沖縄支部を作って頑張ってくれている。とてもうれしいことである。
 裁判官や検察官になった人もいるし、それ以外の人たちも、いろんな地域、分野で頑張っている。そんな話を聞いたりすると懐かしく、また頼もしく思う。

 先日は、昨年修習を担当し、この1月から九州で弁護士になったO君から、仕事の悩み相談の電話があった。また、数日前は、上記のH君とT君の2人を連れて裁判所の近くを歩いていたら、数年前にエクスターンを担当し、この4月から弁護士になったMさん(女性)とばったり出会って、お互いに懐かしがった。

 もともとエクスターン生は20代前半、修習生は20代後半から30代が多いのであるが、いつの間にか私が年をとったために(T_T)、既に自分の子どもたちの世代になっている。
 しかし、そんな若い人たちと接していると、自分自身も気持ちが若くいられるように思う。

 一緒に過ごすのは修習生が2か月、エクスターンは2週間ほどで、長い人生のごく一時期にすぎないが、お互いに何かを残しあうことができると信じて、未来の法曹たちとの「一期一会」を、これからも大切にしていきたいと思う。

 ※画像は、司法修習生のバッジ。ジュリスト(jurist)の「J」の大文字の筆記体を図案化し、法曹三者である裁判官(青)、検察官(赤)、弁護士(白)の3つの色からできているそうである。デザインとしてとてもよくできていると思うし、このバッジを見ると、自分も修習生時代に戻ったような不思議な気持ちになる。

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2014年3月 8日 (土)

No.168 「長すぎた春」の総仕上げ──長男の卓球「ヨーロッパ遠征」を見送る

 28歳の長男が、「第20回国公立大学卓球連盟ヨーロッパ遠征」の総勢16名の団長として、3月9日(日)~20日(木)、ハンガリーとドイツ(デュッセルドルフ)に出かけるようである。
 数年前には、学生の一人として参加させてもらったことがあり、今回は団長としての参加である。
140307

 思えば、確か小学5年生の時に自宅に卓球台を買ってしまったことが運命の始まりで、その後中学・高校(奈良学園)、大学(神戸大学)を通じて、実に17、8年間のほとんどを卓球とともに過ごした青春であった。
 特に選手として輝かしい成績を挙げたわけではないけれど、傍で見ていて、その熱意だけは誰にも負けないものがあった。多くのすばらしい先輩、友人、後輩という宝物も得たと思う。

 高校や大学の様々な大会に出場するたびに、遠くは愛知や福岡など全国各地に応援に出かけ、親として楽しませてもらったことも事実であるが、一方で、完全に「体育会系」の学生時代を過ごし、勉強は二の次になり、進路の点でも、私たち親の漠然とした思いとは違った方向に進むことにもなっていった。

140307_2


 そんな進路選択の試練に就職難が重なり、大学卒業後も数年間、就職浪人を続けながら卓球部の監督を続けてきた長男も、ようやくこの4月から社会人になる予定である。

 そんな長男が、社会人となる前の最後の春に、伝統ある海外遠征に団長として参加できることは、本人にとってはもちろん、私たち親にとっても感慨深いものがある。

 せっかくいただいた光栄な機会である。「長すぎた春」の総仕上げとして、楽しんできてもらいたいと思う。
 そして、事故や粗相なく、責任を果たして無事帰ってくることを願う。


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

無料ブログはココログ