2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

« No.174 障害者に勤務配慮の継続を命令する判決! | トップページ | No.176 世界各地の人権闘争を交流し合う意義───IADLブリュッセル大会とポーランドの旅(その1) »

2014年4月25日 (金)

No.175 超党派議員連盟総会が自民党WT案を確認、各党内の最終承認手続きへ

140423
 4月23日、過労死防止基本法制定をめざす超党派議員連盟は第1衆議院議員会館で総会を開き、先日自民党内の過労死問題等ワーキングチーム(WT)がまとめた「過労死等防止対策推進法案」の内容と経過の説明を受け、今後各党に持ち帰って最終承認手続きに入ることを確認した。

140423_2
 衆議院第1議員会館の「多目的ホール」の前方には議連の世話人が並び、前方に向かって右に私たち実行委員会が6名、衆議院法制局や厚生労働省の担当者など4名が並ぶ。そして前方に向かって会員議員が次々と入室。後方にはマスコミ関係者や秘書の皆さんが陣取る。
 多忙な国会の中で、参加した世話人と議員は決して多くなかったが、「ようやくここまで来た」と実感する、重みのある総会であった。

140423_3
 各党の手続きが終われば、衆議院厚生労働委員会→衆院本会議→参議院厚労委→参院本会議と次々に採択・可決され、最後の参院本会議で可決されれば、ついに「過労死等防止対策推進法」が成立するのである。

 仮に5月中に成立すれば、施行は半年後の今年11月となり、最初の「過労死等防止啓発月間」の実施とセットにすることができることからも、何とか5月中に成立することを願う。

(以下、マスコミ報道の引用)

過労死防止法案 超党派で提出へ  NHKニュース詳細 4月23日 15時45分

 過労死や過労自殺の防止対策の法制化を検討している超党派の議員連盟は、実態調査や相談体制の整備など、政府の取り組みを定めた法案を今の国会に議員立法で提出し、成立を目指すことを確認しました。

 過労死や過労自殺で亡くなった人がここ数年、高い水準で推移するなか、防止対策の法制化を検討している超党派の議員連盟は23日、会合を開きました。
会合には、与野党の国会議員のほか、過労死や過労自殺で家族を亡くした遺族など、およそ40人が出席しました。
 この中で自民党の馳浩衆議院議員は、過労死や過労自殺の防止に向けた政府の取り組みを定めた自民党案を説明しました。
 それによりますと、政府は専門家をはじめ過労で重い病気を経験した人や遺族らで作る協議会を設置し、協議会で出された意見を踏まえて基本方針を大綱として閣議決定するとしています。
そのうえで政府は、実態調査や効果的な防止策の研究、相談体制の整備や啓発活動、それに民間団体の活動の支援などを行うとしています。
 これに対し各党の出席者から異論は出されず、今後、自民党案を軸に各党内で調整を進めたうえで、今の国会に議員立法で法案を提出し、成立を目指すことを確認しました。

過労死防止法案の早期制定を 兵庫の遺族ら署名提出
 神戸新聞NEXT 2014/4/23 18:40
140423544409
 過労死や過労自殺を防ぐ対策の法制化を目指す超党派の議員連盟が23日、総会を開き、議員立法で法案を今国会に提出し、成立させる方針を確認した。兵庫県内の遺族らは早期制定を求め、約54万4千筆の署名を与野党議員に手渡した。

 総会では、自民党がまとめた「過労死等防止対策推進法案」について討議した。国が対策実施の責務を負うことを明確にし、過労死を防ぐための大綱を定めることなどが柱。

 すでに民主党など野党6党が国会に「過労死等防止基本法案」を提出しているが、今後は自民党案を軸に議員立法で成立を目指す。

 27歳の息子を過労死で亡くした女性(69)=神戸市垂水区=は「過労死のない社会にしたいという遺族の思いを受け止めてもらい、ようやくここまで来た。一日も早く成立をさせてほしい」と話した。(段 貴則)

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.174 障害者に勤務配慮の継続を命令する判決! | トップページ | No.176 世界各地の人権闘争を交流し合う意義───IADLブリュッセル大会とポーランドの旅(その1) »

3-5 「過労死防止基本法」制定運動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« No.174 障害者に勤務配慮の継続を命令する判決! | トップページ | No.176 世界各地の人権闘争を交流し合う意義───IADLブリュッセル大会とポーランドの旅(その1) »

無料ブログはココログ