2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

« No.189 新人医師のパワハラ自殺事件で勝訴!──鳥取地裁米子支部で判決と記者会見 | トップページ | No.191 気分は同窓会!──1年半ぶりの欠陥住宅全国ネット大会参加 »

2014年5月28日 (水)

No.190 過労死防止法案 ついに衆議院本会議で可決、次は参議院で成立へ!

 2014年5月27日午後1時からの衆議院本会議で、過労死防止対策推進法案(過労死防止法案)が可決されるのを傍聴した。
140527_5
 昨年、参院の厚生労働委員会を傍聴したことはあったが、本会議を傍聴するのは初めて。紹介議員が必要だったり、持ち物が厳しくチェックされる(ハンカチと貴重品以外は、携帯電話もカメラも一切持ち込めない。)のは、国民主権の理念からは多少抵抗感があるが、いろいろな危険を考えるとやむを得ないのだろう。傍聴席は高い2階にあり、広い議場全体が見渡せるようになっている。30人近い私たちのグループはまとまって傍聴席に陣取った。寺西さん、中原さん、西垣さんはそれぞれ遺影を胸に抱いて座った。両脇から、たくさんのカメラがこちらに向けられている。
140527_6
 午後1時、次々と議員たちが議場に入ってくる。議連代表世話人の馳浩議員をはじめ、お世話になったたくさんの議員がいる。中には微笑んでくれたり、手を振ってくれたりする方もいる。心なしか、皆さん晴れやかな表情に見えた。
 厚生労働委員会から満場一致で上がってきているので、厚生労働委員会の後藤茂之委員長が趣旨説明をしただけで、あっさりと可決されたが、その重みは、ずしんと来るものがあった。遺族たちに向けられたカメラのフラッシュが激しく光る。みんな目に涙をためていた。
140527_3
 終了後、午後3時から記者会見。これまでにないほど、たくさんの記者が集まってくれた。これまでいくつもの記事を書いてくれた記者さんたちの笑顔を見ていると、これまで一緒に取り組んできた仲間のように感じた。
 当然のことながら、これまでになく多くの新聞・テレビが報道してくれた。
140527_4
 これからまだ、参議院の厚労委員会と本会議が残っている。大きな障害はないと思うが、会期末が6月22日(この日は日曜なので、実質は6月20日までであろう。)に迫っているので、間に合うかだけが気になるところである。
 参議院本会議での可決・成立の瞬間を見に来るのは、ちょっと難しそうである。大阪の地で、歴史的な瞬間を待ちたいと思う。
 以下、マスコミ報道の一部を紹介しておきたい。

◆過労死防止対策法案 衆院で可決

 NHKニュース 5月27日 17時18分

 過労死や過労自殺をなくすため、国が実態調査を行って効果的な防止対策を講じることなどを定めた法案が、衆議院本会議で全会一致で可決されて参議院に送られ、審議が順調に進めば、今の国会で成立する見通しです。
 27日の衆議院本会議では、自民党の後藤茂之厚生労働委員長が、過労死や過労自殺をなくすための国の取り組みを定めた法案を提案し、「近年、過労死が多発し大きな社会問題になっている。本人や家族だけではなく社会にとっても大きな損失だ」と述べました。
法案では、過労死や過労自殺の実態調査を行って効果的な防止対策を講じることを国に義務づけているほか、遺族や過労で重い病気を経験した人などをメンバーとする協議会を設け、政府は協議会での意見を踏まえて防止対策の基本方針を盛り込んだ大綱を策定し、閣議決定するなどとしています。
 法案は、過労死や過労自殺の遺族で作る団体の代表らが傍聴に訪れるなか、採決が行われた結果、全会一致で可決されて参議院に送られ、審議が順調に進めば、今の国会で成立する見通しです。

◆過労死防止法案:衆院で可決、成立へ…傍聴の遺族、喜び
 毎日新聞 2014年05月27日 19時57分(最終更新 05月28日 02時02分)
140528
 過労死等防止対策推進法案などが全会一致で可決された衆院本会議が散会し、喜びを分かち合う「全国過労死を考える家族の会」の寺西笑子代表(左から2人目)ら関係者=国会内で2014年5月27日午後1時18分、藤井太郎撮影

 過労死や過労自殺の防止対策を国の責務で実施する「過労死等防止対策推進法案」が27日、衆院本会議で可決された。法案は今国会中に成立する見込み。
 法案は超党派の議員連盟が提出。同日の衆院本会議には、家族の遺影を抱いた被害者の遺族ら約30人が傍聴。法案が可決されると抱き合って涙を流した。
 記者会見した過労死防止基本法制定実行委員会の委員長、森岡孝二関西大名誉教授は「法制定で過労死は社会問題であるという意識が生まれる。法制定は極限まで広がっている過労死防止の出発点だ」と訴えた。【東海林智】

◆過労死防止法案、衆院可決…遺族「大きな一歩」
 読売新聞 2014年05月27日 23時17分

 過労死防止策を初めて国の責務と定めた「過労死等防止対策推進法案」が27日、衆院本会議で全会一致で可決された。超党派の議員立法で提案され、今国会中に成立する見通し。傍聴席で見守った遺族らは「働き過ぎで命を落とすことのない社会に変える、大きな一歩」と期待を込めた。
 法案が可決されると、傍聴席で遺影を抱いていた「全国過労死を考える家族の会」の寺西笑子代表(65)(京都市)らメンバーは涙を流し、手を握り合って喜んだ。
 寺西さんの夫彰さん(当時49歳)は、飲食店で調理場の責任者を務めていたが、大規模店の店長に異動後、仕入れ管理や経費削減、営業などを任された。長時間労働でうつ病を発症し、1996年2月、自ら命を絶った。
 27日の記者会見で、寺西さんは「夫は二度と帰ってこないが、夫が生きた証しに、こういうことを防ぐ法律を作ろうと頑張ってきた。法律を成立させるだけではなく、きちんと運用していただきたい」と強調した。

◆過労死防止法 衆院通過
 テレビ東京

 過労死や過労自殺の対策が国の責任であることを初めて法律に明記した「過労死等防止対策推進法案」がきょう、衆議院本会議で可決されました。この法案は、国に対して過労死の調査研究や防止策の実施を求める一方で、労働時間の制限など、企業に対する規制は盛り込まれませんでした。法案はこの後、参議院に送られ、今国会で成立する見通しです。15年前に夫を過労自殺で亡くし、「東京過労死を考える家族の会」の代表を務める中原のり子さんはほかの遺族とともに本会議場で、法案の成立を見守りました。

◆亡き息子の声聞こえた 過労死防止法案衆院通過に遺族
 神戸新聞NEXT 5月27日(火)22時11分配信

 「おかん、よく頑張ったな」‐。過労死を防ぐ国の責務を明確にした「過労死等防止対策推進法案」が採決された27日の衆院本会議。可決の瞬間を傍聴席で見守った全国過労死を考える家族の会兵庫代表の西垣迪世さん(69)=神戸市=は、息子が声をかけてくれたような気がした。「成立するまで、もう少し息子に応援してもらう」。悲願の法律制定に向け最後まで努力を続けることを、母はあらためて誓った。
 西垣さんは2006年、一人息子の和哉さん=当時(27)=を過労が原因で亡くした。
 本会議後、防止法制定を訴えてきた家族の会の仲間とともに、厚生労働省内で会見。傍らには、傍聴席で胸に抱いていた和哉さんの遺影を置いた。
 「親として息子が戻ってこない悲しみはあるが、それでも法案の衆院通過は本当にうれしい」と涙ぐんだ西垣さん。「過労死で息子や娘を亡くした親がどれほど苦しい思いをしているか。亡くなった息子や娘は、どんな思いでこの世を去り、私たちにどんな信号を送っているのか。そのことを考えてきた」とこれまでの活動を振り返った。
 遺族や労働問題に詳しい弁護士らと12年に「過労死防止基本法制定兵庫実行委員会」を結成。防止法を求める意見書の採択を県内地方議員に働きかけ、兵庫県議会が都道府県議会で初めて、神戸市議会が政令市議会で初めて可決した。何度も街頭に立ち、県内で東京に次ぐ約7万6千人の署名を集めた。全国では約55万人の署名が集まり、議員立法の大きな原動力となった。
 法案は参議院に送られるが、今国会の会期は6月22日までと残り少ない。家族の会東京代表の中原のり子さん(58)=東京都=は「ここでぬか喜びしている場合ではない」と表情を引き締めた。
 参院議員への働きかけを続けるという西垣さんは「法案には不十分な点もあるが、過労死のない社会を目指して一日も早く成立し、対策が実施されることを切に願います」と訴えた。
(段 貴則、中部 剛)


 写真は、上から
 ① 衆議院の本会議場(テレビ東京のニュースから)
 ② 傍聴する遺族ら
 ③・④ 記者会見の様子
 ⑤ 採択後、喜ぶ遺族ら(毎日新聞より)


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.189 新人医師のパワハラ自殺事件で勝訴!──鳥取地裁米子支部で判決と記者会見 | トップページ | No.191 気分は同窓会!──1年半ぶりの欠陥住宅全国ネット大会参加 »

3-5 「過労死防止基本法」制定運動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« No.189 新人医師のパワハラ自殺事件で勝訴!──鳥取地裁米子支部で判決と記者会見 | トップページ | No.191 気分は同窓会!──1年半ぶりの欠陥住宅全国ネット大会参加 »

無料ブログはココログ