2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

« No.204 「老い支度」の始まりを思う──高校クラス同窓会 | トップページ | No.206 お世話になった元裁判官との思いがけない再会に感激! »

2014年8月24日 (日)

No.205 法律制定を喜び合い、新しい活動のスタートを!──実行委員会の「発展的解散式」

1408231


 8月23日(土)、東京・四ツ谷の主婦会館(8階)で、「過労死防止法制定実行委員会 新たな活動への一歩を! 発展的解散式」が行われた。
 参加者は、ここ数日で急速に増えて60名を超え、大変な盛会であった。
14082313

 第1部は会議。前半は「実行委員会解散総会」で、2011年11月の結成からこの2年9か月の活動を総括した。
 森岡実行委員長のあいさつ、私の基調報告に続いて、寺西、中原、西垣の御三方(合体した「寺西垣のり子」で有名になった)が前に並んで、ロビー活動についてそれぞれ個性豊かな(?)報告を行い、拍手に包まれた。

 後半は、「(仮称)過労死防止センター結成準備会」として、過労死防止法制定後の活動について議論を行った。
 最初に私から総論的な報告と「(仮称)過労死防止センター」についての提案、森岡先生から「(仮称)過労死防止学会」についての提案を行い、続いて川人弁護士から、既に厚労省内に設置され活動を開始している「過労死等防止対策推進室」のスタッフの人たちとの協議状況の報告がなされた。
 こちらの方は、初めての取り組みになるため、活発な意見交換や決意表明が行われた。
1408232

 第2部は、場所を7階に移しての「懇親会」。
 司会はPOSSEの佐藤さんと、東京家族会の中原さんの絶妙ペア。

 最初に、司会の中原さんの提案で、大阪で長年過労死問題に取り組まれた医師の田尻俊一郎先生、大阪過労死家族の会のキタジンさんこと北村 仁さん、昨年ジュネーブの社会権規約審査委員会でお世話になりつい最近亡くなられた吉田好一さんなど、これまで過労死運動に大きく貢献をされて亡くなった人たちを偲んで、黙祷を行った。突然の提案であったが、これらの人たちのことを思い出して胸が熱くなった。
1408232_2

 続いて、過労死弁護団代表幹事の岡村親宜先生の発声で乾杯。
 その後は、マスコミ記者の方や過労死弁護団の弁護士、家族の会の会員、関係団体の人たちから、次々と祝辞や喜びの発言が述べられた。
1408232_3
 その合間に、森岡先生が編集した、実行委員会の結成総会から法律制定までの懐かしい映像やTV報道を編集したものがスクリーンに映され、参加者みんなで楽しんだ。

 約2時間はあっという間に過ぎ、最後に過労死弁護団代表幹事のお一人である水野幹男先生が閉会のあいさつ。熱い余韻を残しながらの散会となった。
1408232_8


 この取り組みを始めたときは、こんな日がやってくるとは思っていなかった。
 このような仲間たちと、法律制定後の新しいステージに勇躍、飛翔できる喜びを噛みしめ、ちょっと涙もろくなった「解散式」であった。
1408232_7


 ※写真は、上から
①第1部での森岡先生あいさつ
②寺西、中原、西垣さんのロビー活動報告
③第2部での岡村弁護士の乾杯あいさつ
④乾杯
⑤玉木弁護士のあいさつ(その左は順に尾林、川人、佐久間各弁護士)
⑥水野弁護士の閉会あいさつ
⑦最後に全員で集合写真
⑧解散式を報じた京都新聞記事
140823_2

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.204 「老い支度」の始まりを思う──高校クラス同窓会 | トップページ | No.206 お世話になった元裁判官との思いがけない再会に感激! »

3-5 「過労死防止基本法」制定運動」カテゴリの記事

コメント

 岩城先生、本当にお疲れ様でございました。
ただ、ここで終わった訳ではありません。

 私も今も過労死裁判を2件玉木弁護士と一緒に闘っています。当職が、玉木弁護士に事件のお願い致しました。

 絶対に過労死などあってはならない。根絶しなければならないと思っています。過労死認定や裁判は非常に難しい問題であると分かっていますが、先生方が今日まで頑張られ、行政通達や判例法理を変えたことに、深く敬意を表しています。

 当職は社労士で裁判所での代理権はありませんが、過労死の労災認定を勝ち得たこともあり、今後も社労士でも、頑張っていきたいと思っています。
理念が同じであるから、いつまでも支持しています。

 いつまでもお元気で、岩城先生、頑張ってください(笑)。
(最近、ちょっと太りすぎ・・・痩せるべし。)

ご無沙汰しております。
筑波大学時代に院生としてお世話になりました池谷でございます。
今春から、浜松学院大学に着任し、保育士および幼稚園・小学校・特別支援学校の教員養成に関わっております。

本ブログの解散式の記事について、私のFacebookでシェアすることを許可いただけないでしょうか。
実行委員会のHPにはまだ上がっていないようなので、できるだけタイムリーに広めたいとの思いです。

今は新しい職場であたふたしておりますが、発展形としての過労死防止学会や防止センターに関して、また改めて何かしらの形で関わらせていただければと思っております。
とりいそぎ、シェアのお願いまで。

◆池谷美衣子 様
ご無沙汰しております。
コメントありがとうございます。
フェイスブックでのシェア、まったく問題ありません。
よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« No.204 「老い支度」の始まりを思う──高校クラス同窓会 | トップページ | No.206 お世話になった元裁判官との思いがけない再会に感激! »

無料ブログはココログ