2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

« No.209 酒井秀和さん、長い間ありがとうございました | トップページ | No.211 宮崎ホンダ23歳青年過労自殺事件、民事訴訟でも証人尋問──問われる裁判所の「眼力」 »

2014年9月28日 (日)

No.210 過労死の「防止」と「補償」の相乗効果を!──過労死弁護団第27回総会

140926


◆9月26・27日の両日、仙台市の作並温泉で、過労死弁護団全国連絡会議の第27回総会が開かれた。年1回この時期に開かれる、過労死弁護団の最大のイベントである。
 6月20日に過労死等防止対策推進法(過労死防止法)が成立し、11月1日に施行されれば第1回の「啓発月間」を目前に控える中、全国から約100人の弁護士と過労死遺族が参加した。

 川人博幹事長は幹事長報告の中で、過労死防止法の成立を「過労死をなくす活動にとって歴史的な成果」であるとし、「今後、これまで以上に過労死防止のための独自の活動を強化し、防止活動(啓蒙活動等)と労災補償活動(労災認定等)を車の両輪として活動を行うことが大切になっている」「このような活動を続けることによって、相乗効果が生まれて、両方の活動が発展する条件ができる」と述べた。
 本当にそのとおりだし、そのようにしていかなければならないと、改めて思った。

140926_7


 その最初の取り組みとして、①法律が施行され最初の啓発月間となる11月に全国各地で記念シンポジウムや集会を行うこと、②11月1日(土)に「過労死防止法施行記念・過労死・過労自殺110番」を全国的に実施すること、③10月29日に「(仮称)過労死等防止対策推進全国センター」(略称:過労死防止全国センター)を結成することなどが議論され決定された。

 特別講演として、早稲田大学教育学部の黒田祥子教授(労働経済学)が、「労働時間の経済分析 超高齢社会の働き方を展望する」と題して講演をされた。
 日本人の労働時間の実態はどうなっているのか、日本人は働くことが好きなのか(環境要因と労働時間)、労働と健康(長時間労働の健康への影響、従業員のメンタルヘルス悪化と企業業績への影響)といったことを話された。統計分析の基礎知識的なお話も含めて、大変面白く、勉強になった。

140926_2

 総会で一番盛り上がるのは、やはり具体的な事件の報告と質疑である。勝訴判決について学んで知識と元気をもらえることもうれしいが、敗訴判決についての議論も、それに劣らず貴重である。経験交流と意見交換の価値というものを、改めて実感する。

 来年の総会は、夕食懇親会で自ら名乗りをあげ、ジャンケンで勝った福岡に決まった。
 法律の施行後、過労死問題はどのように変化しているのだろうか。
 それを楽しみに、これから1年間、頑張っていきたい。

 なお、NHKが次のように報道してくれた。

 過労死ゼロに向け啓発運動へ - NHK 東北 NEWS WEB 09月26日 15時42分

過労死の裁判を担当する全国の弁護士が仙台市で総会を開き、ことし6月に過労死の防止を初めて規定した法律が成立したことから、今後は国と連携して過労死ゼロに向けた啓発運動に取り組むことなどを申し合わせました。
この総会は「過労死弁護団全国連絡会議」が裁判の事例などの情報を交換しようと毎年、開いているものです。
過労死をめぐっては効果的な対策を進めるため、ことし6月、過労死の防止を国の責務と初めて規定した法律が成立しました。
総会のなかで連絡会議の幹事長を務める川人博弁護士は「過労死という言葉が入った法律が成立したのは画期的だが、この法律じたいは過重労働を規制するものでなく法律をいかすことができるかどうかは我々の活動にかかっている」と述べました。
そのうえで、「これまで通り被害者の労災認定を勝ち取る活動に力を入れる一方で、今後は、裁判で闘ってきた政府や労働局とも連携して過労死の防止を訴える啓発活動に取り組みたい」と話しました。
弁護団は、ことし11月に過労死に関する全国一斉の無料の電話相談会を実施するということです。


◆2日目終了後は、会場を「エル・パーク仙台」というところに変えて、午後2時から5時30分ころまで、過労死防止全国センター(仮称)の第2回準備会の会議を行った。
 こちらの方も、遅ればせながら、次のとおり結成総会を行う段取りを決めることができた。
 一人でも多くの皆さんのご参加をお願いしたい。

 【名称】 過労死等防止対策推進全国センター(仮称)結成総会
 【日時】 2014年10月29日(水)午後6時30分~8時30分
 【会場】 主婦会館プラザエフ(地下鉄丸ノ内線・南北線・JR四ツ谷駅徒歩1~3分)
140926_3

◆ところで、今回の仙台ツアーでは、1日目は仙台駅の「利久」、2日目は「太助」という有名なお店で「牛タン定食」を食べることができた。大阪にも牛タンを食べられるお店はあるが、やはり仙台で食べる牛タンは格別においしく感じるのは、気のせいだろうか。
 頭も心もお腹も充実して、仙台を後にした。
 仙台の皆さん、いろいろとお世話いただき、ありがとうございました。
140926_4


 ※写真は上から、
 ①仙台駅近くの「アエル」の31階展望テラスからの仙台市内の眺望
 ②総会の会場で演壇を下りる岡村親宜先生(写真を撮るのが遅くなりました・・)
 ③お世話になった仙台の皆さん(夕食懇親会にて)
 ④「利久」の牛タン定食
 ⑤「太助」のお店の入り口
 ⑥「太助」の牛タン定食
140926_5


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.209 酒井秀和さん、長い間ありがとうございました | トップページ | No.211 宮崎ホンダ23歳青年過労自殺事件、民事訴訟でも証人尋問──問われる裁判所の「眼力」 »

3-6 過労死等防止対策推進法」カテゴリの記事

コメント

 いつまでも、いつまでも過労死弁護団を応援しています!

 悲惨な過労死、過労自殺は絶対に撲滅しなければならないと思っています。

 当職は企業の顧問社労士ですが、当職の指導のほうが行政より厳しいと思っています(笑)。何故なら、現場が分かっているので、顧問先会社社長達を脅し?捲くっていますからね(笑)。

 当職は、決して企業に与するような社労士であっては、ならないと思っています。この考え方に顧問先企業が付いて来られないと言われるのであれば、顧問契約を切って貰えば良いと思っています。

 絶対に当職の顧問先会社からは、過労死、過労自殺を出さないことを大前提に人事・労務管理を行っていきたいと思っています。

 当職も全ての顧問先会社を24時間見ている訳ではないので、万一起こった場合は、仮装隠蔽や捏造することなく、被災労働者に対して真摯に対応したいと思っています。

 日本社会の現状は、おかし過ぎる。
当職も夫も、30代の頃は本当に1日16時間くらい働いていることがしょっちゅうでした。

 それは、会社に強制された訳ではなく、責任感で働いていたのです。それでも過酷であった・・・。

 しかしながら、当時は会社もその働き振りに応えてくれていたのです。30代で夫婦揃って管理職であったので、一番多いときは、二人で250万くらいの賞与が出ていました。

 最近の若い子は、可哀相過ぎる。
雇用関係は不安定で、安い賃金で働かされて、長時間労働で、企業はモノとしか考えていない。

 当職は、当職の考え方に顧問先会社が付いて来られないと言うのであれば、社労士を辞める決意さえあります。

 幸いなことに、当職の顧問先会社は当職を誰一人否定される経営者はいないので、本当に嬉しく思っています。

 それでも、ひっきりなしに来る相談に対して、岩城先生を始め弁護士の方々にもの申したいことがございます。

 先生方が立派なのは、良く分かっています。
それでも、若手をもっと早急に育てないと駄目でしょう。

 当職如きに相談が来るようであれば、弁護士は何をしているんだ!と言われても仕方ないと思います。先生方の能力は本当に特筆すべきものがあり、当職も尊敬していますが、真に過労士撲滅に取り組むのであれば、早く大勢の若手も育てないといけないでしょう。

 やはり、岩城先生方と同じ能力になるように若手弁護士も育てないと、判例法理は変わって行かないと思うのです。

 若手弁護士の教育にも尽力してください。
当職は、それを過労死弁護団に望みます。
 
 生意気申し上げ、非礼の数々、お許しください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/60391175

この記事へのトラックバック一覧です: No.210 過労死の「防止」と「補償」の相乗効果を!──過労死弁護団第27回総会:

« No.209 酒井秀和さん、長い間ありがとうございました | トップページ | No.211 宮崎ホンダ23歳青年過労自殺事件、民事訴訟でも証人尋問──問われる裁判所の「眼力」 »

無料ブログはココログ