2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

« No.220 「いきなり解散」で総選挙へ──小選挙区制のもとで野党は「連携」模索を | トップページ | No.222 第1回過労死防止推進協議会での私の発言 »

2014年12月18日 (木)

No.221 「過労死等防止対策推進協議会」の記念すべき第1回会合に出席して

141217_3


 12月17日午前10時~12時、「過労死等防止対策推進協議会」の第1回会合が、厚労省9階の「省議室」で開かれ、私は委員の一人として初めて参加した。
 この協議会は、今年6月に成立し11月に施行された「過労死等防止対策推進法」(過労死防止法)において、政府が「過労死等防止対策大綱」(第7条)の案を作成するに際して意見を述べる機関である(第12条、第13条)。

141217_2


 委員は20人で、当事者委員(4人)は過労死家族の会から(寺西笑子さん、中原のり子さん、西垣迪世さん、中野淑子さん)、使用者代表委員(4人)は経済団体から、労働者代表委員(4人)は連合(日本労働組合総連合会)及びその傘下の労働組合から、専門家委員(8人)は過労死等に関する専門的知識を有する研究者、弁護士、医師などから選出された。この中に、旧実行委員会の中心であった森岡孝二先生(関西大学名誉教授)と川人博弁護士(過労死弁護団全国連絡会議幹事長)と、不肖私も専門家委員として選任された。

 協議会の会合は今後月1回程度のペースで開かれ、来年6月ころには「大綱案」に対する意見をまとめることになっている。
 第1回目の会合である今回は、塩崎厚生労働大臣のあいさつで始まり、会長選出などの形式的な手続と資料の説明のほか、出席した委員が、1人3分程度、自己紹介と自由意見を述べた。どの意見も、経験と知見に裏づけられたすばらしいものであり、一周回って意見を聴くだけで、議論が相当に深まった気がした。

 思えば、厚労省の会議室で、過労死遺族、経営者側、労働者側、過労死についての専門家が集まり、過労死をなくすための方策を話し合うというこのような場が開かれるのは、長年の私たちの夢であり、本当に感慨深いものがある。
 改めて、法律ができるということの重さと、実効性ある大綱案にしていく責任を痛感する。微力ながら、頑張っていきたいと思う。

 以下は、この会合についてのマスコミ報道である。

過労死防止対策の協議会が初会合 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141217/k10014045601000.html

 先月、施行された過労死防止法に基づいて、遺族や専門家が参加して対策について話し合う協議会の初めての会合が開かれ、遺族から「勤務時間が適切に管理されているか調査すべきだ」といった意見が出されました。
 過労死防止法では、国に対して過労死の実態を調査し、対策を講じることが義務づけられていて、過労死で家族を亡くした遺族や専門家が参加する協議会が設置されました。
 17日は初めての会合が開かれ、塩崎厚生労働大臣が「痛ましい過労死を防ぐために知識や経験に基づいた貴重な意見をいただきたい。関係省庁とも連携して過労死防止に全力で取り組んでいく」とあいさつしました。
 会合では、過労による自殺で息子を亡くした女性が「息子は勤務時間が適切に管理されておらず徹夜しても休むことができなかった。そうした実態を調査することが過労死防止につながる」と意見を述べました。
 また、長年、過労死の問題に取り組んでいる弁護士は、「労働時間が把握されておらず過労死の立証が困難なケースも多い。そうした場合の救済策も検討すべきだ」と話しました。
 厚生労働省は、今後、協議会の議論を踏まえ、来年6月にも過労死防止のための具体的な対策を取りまとめることにしています。


過労死防止法:協議会初会合で「労働時間管理が不適切」も
毎日新聞 2014年12月17日 21時34分

 過労死等防止対策推進法(過労死防止法)に基づき労使や過労死した人の遺族らが国の施策について話し合う協議会の初会合が17日、東京・霞が関の厚生労働省で開かれた。「働く人の労働時間管理が適正にされていない」などの意見が出た。

 会合で、「全国過労死を考える家族の会」の寺西笑子代表は「夫は年間4000時間働いて亡くなった。労働基準法が守られていない」と述べた。医師の夫を亡くした中原のり子さんは「裁量労働の名の下に労働時間把握も残業代もない中で骨身を惜しまず働いた」と話すなど、働いた時間が把握されていない状況への指摘が相次いだ。

 連合の新谷信幸総合労働局長は「過労死を何年までにどうするという具体的な目標を設定すべきだ」と述べた。経団連の川口晶労働法制本部長は「企業の競争力の源泉は人材であり、過労死はあってはならない」と表明した。政府は協議会での意見を踏まえ、来年夏をめどに過労死防止策の具体的な内容を大綱として策定する。【東海林智】

 ※ 画像上は、協議会委員の名簿。厚労省のホームページに掲載されている。
   画像下は、厚労大臣名の任命書。こういうのをもらったのは、司法修習生になった時以来のような気がする(笑)。

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.220 「いきなり解散」で総選挙へ──小選挙区制のもとで野党は「連携」模索を | トップページ | No.222 第1回過労死防止推進協議会での私の発言 »

3-6 過労死等防止対策推進法」カテゴリの記事

コメント

 当職も新聞で拝見していましたが、20人の中で5人に選ばれたのですよね。森岡教授と川人先生と岩城先生と、使用者側2人が選任されたと、20日の過労死弁護団会議の後に玉木弁護士から伺いました。

 岩城先生が本当に尽力された結果です。
当職ら、心ある社労士は全員応援していますから、本当に頑張ってください。

 当職ら社労士にもやっと「法廷陳述権」が付与され、補佐人として先生方と法廷に一緒に立てることになりました。
まだ、施行期日が確定していませんが、法案は通りました。

 当職は、社労士が経営者の狗のように言われるのが悔しくてなりません。弁護士だって、経営法曹は過労死事件で酷い主張するじゃないですか。

 社労士とて是々非々で判断する者は大勢いて、先生方の活動に賛同しています。

 当職は、社労士でも全国から相談、依頼が来ています。
共に手を取り合い、絶対に「過労死」はこの日本の労働社会から撲滅しなければならないと考えています。

 企業は、人がいるからこそ成り立っています。
どんなに科学技術が発達しても、モノは人に代わることはできません。

 今回の法律制定や取り組みが、一部のブラック企業に投げ掛けた影響は大きかったと思っています。ワタミやゼンショーの「すきや」も労務管理を見直さざるを得ない状況に追い込んだのは、世論と過労死弁護団の活動であったと考えています。

 ご自身の業務もご多忙な中、大変であると存じますが、社会のために、今後も頑張ってください。いつも陰ながら応援しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/60827018

この記事へのトラックバック一覧です: No.221 「過労死等防止対策推進協議会」の記念すべき第1回会合に出席して:

« No.220 「いきなり解散」で総選挙へ──小選挙区制のもとで野党は「連携」模索を | トップページ | No.222 第1回過労死防止推進協議会での私の発言 »

無料ブログはココログ