2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« No.243 花巻・盛岡のプチ観光とグルメ | トップページ | No.245 原発被災後の老夫婦を描く──劇「東の風が吹くとき」を観て »

2015年6月13日 (土)

No.244 「大綱(案)」が完成、パブコメに積極的にご意見を!

 6月11日(木)、「過労死等防止対策大綱(案)」が完成し、7月10日(金)までの30日間、パブリックコメント(パブコメ)の受け付けが開始された。
 ※「意見募集中案件詳細」・「大綱(案)」・「意見募集要項」はこちら

 この「大綱(案)」は、過労死防止法に基づいて設置された「過労死等防止対策協議会」が昨年12月から約半年の間5回にわたって(第1回=2014年12月17日、第2回=2015年2月20日、第3回=4月6日、第4回=4月28日、第5回=5月25日)議論し、その中で述べられた意見を取り入れつつ作成されてきたものである。

 この法律制定に取り組んできた旧「過労死防止基本法制定実行委員会」からこの協議会に委員として参加した私たち7名(寺西、西垣、中原、中野、森岡、川人の各氏と私)は協議会で積極的に意見を述べ、提案を行ってきた。
 今回完成した「大綱(案)」には、その大部分が取り入れられたと評価している。
 もっとも、過労死ラインを超える時間外労働をする雇用者をゼロにする、過労死ラインを超える36協定をゼロにする、勤務間インターバルの導入促進(勤務と勤務の間に最低限の間隔を確保しなければならないとする制度)など、法律の改正をまたなくても具体的な目標をもって取り組んでほしいと求めたものについては取り入れられなかったが、随所で具体的な取り組みの内容に反映されている。

150613


 パブリックコメントは、国の行政機関が政令や省令等を定めようとする際に、事前に、広く一般から意見を募り、その意見を考慮することにより、行政運営の公正さの確保と透明性の向上を図り、国民の権利利益の保護に役立てることを目的とする制度で、平成17年6月の行政手続法改正により法制化されたものである(行政手続法 第6章 意見公募手続等(第38条~第45条))。

 提出された意見は、氏名・法人名、住所・主たる事務所の所在地及び連絡先を除き、原則として公表されることになっている。
 大綱(案)が更にブラッシュアップされ、またひろく周知されるとともに、充実した運用が行われるようにするためにも、一人でも多くの皆さんから、積極的にコメントが寄せられることを期待したい。


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.243 花巻・盛岡のプチ観光とグルメ | トップページ | No.245 原発被災後の老夫婦を描く──劇「東の風が吹くとき」を観て »

3-6 過労死等防止対策推進法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/61735354

この記事へのトラックバック一覧です: No.244 「大綱(案)」が完成、パブコメに積極的にご意見を!:

« No.243 花巻・盛岡のプチ観光とグルメ | トップページ | No.245 原発被災後の老夫婦を描く──劇「東の風が吹くとき」を観て »

無料ブログはココログ