2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

« No.248 忘れられない「アイドル」たち──①天地真理 | トップページ | No.250 忘れられない「アイドル」たち──②南沙織 »

2015年8月13日 (木)

No.249 日航機墜落事故30年に思う

150813_2
 1985年8月12日、東京・羽田発のJAL123便が伊豆半島手前付近で垂直尾翼が吹き飛んで制御不能に陥り、迷走の末、群馬県御巣鷹山の山中に墜落し、乗客・乗員524人中520人が亡くなった。この事故から昨日で丸30年が過ぎた。

 この年は、私がようやく司法試験に合格した年であり、5月の択一試験、7月の論文試験を終え、次は9月下旬に論文試験の合格発表があり、合格していれば10月中旬に口述試験を受けに行く、それまでの狭間の時期だった。
150813_7
 事故のあった時間帯は、和歌山県の私の実家(那賀郡打田町、現在の紀の川市)で、家業のアルバイト(学習塾の夏期講習)を終えた直後だった。テレビで「羽田を出た‥‥便が消息を絶ちました」のようなニュースが流れ、茜がかった夕空を見上げた記憶がある。

 事故の生々しい詳細は、山崎豊子の小説「沈まぬ太陽」の第3巻「御巣鷹山篇」に、綿密な取材に基づいて書かれている。
150813_8
ボイス・レコーダーもほぼ完全に再現され(123~128ページ)、読んでいると苦しくなる。山腹に激突した時の速度は時速600キロ、新幹線の2倍の速度である。幼い子どもの遺体の背中には、衝撃で吹き飛んだ母親のものと思われる母親の下顎の歯が食い込んでいたという(140ページ)。

 30年の節目の昨日と今日、テレビや新聞では事故に至る状況や、乗務員を含む犠牲者や遺族の声が紹介されている。犠牲者の無念さや遺族の辛さに触れるにつけ、涙を禁じ得ない。

 しかし、改めて考えると、この事故は天災ではなく明らかな「人災」である。その原因を究明し、再発防止に万全を期してこそ、真に犠牲者や遺族たちに報いることになるはずである。しかし、そのような検証が十分になされてきたといえるだろうか。
150813_9
 国家公務員の労働組合「国交労連」の機関紙である国交労新聞1034号(2000年1月1日号)に、山崎豊子さんのインタビュー記事が載っている。そこで、山崎さんはこの小説を書くための苦労や、その中で感じた憤りについて述べている。
 隔壁の修理ミスで事故を起こしながら、全く反省も贖罪の念も示さないボーイング社。取材への協力を拒否しながら、小説の出版後に「組合側に立った一方的なでっち上げの小説だ」という怪文書を流した会社。このような体質が改善されていないとしたら、再び事故が起こらない保証はない。

 むしろ、懸念は広がっている。熟練した機長や客室乗務員に対する大規模なリストラ、安全性の確立と労働条件の改善を求める労働組合の敵視、格安航空会社(LCC)の参入をはじめとする「規制緩和」、そのような中でのパイロットや整備士の不足と過重労働、客室乗務員への契約社員の導入などなど‥‥。
150813_6
 「沈まぬ太陽」は、2009年に渡辺謙主演で映画化され、映画館まで足を運んで観た。涙が止まらなかった。

 今この時期、改めて、この小説と映画が多くの人々に読まれ、観られてほしいと思う。


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.248 忘れられない「アイドル」たち──①天地真理 | トップページ | No.250 忘れられない「アイドル」たち──②南沙織 »

6-1 思いつきエッセイ」カテゴリの記事

コメント

先生、実は7月17日に自宅で転倒し、救急車で運ばれ(自分で119しました)
18日から入院、左腕脱臼骨折で手術をして、おととい退院しました。

21歳の男性看護師の子はとても面白い子で、ムードメーカー。
彼は熊本の専門学校を卒業し、奨学金の事で病院に奉公しないと
いけません。で、私が入院した病院だった訳ですが、夜勤の拘束
時間は、16時から翌朝9時です。17時間勤務で、仮眠をとるのが
1時間あるそうですが、初任給が7万だそうで、辞めたい~と
言ってました。

地方から来た看護師さんが多く(イントネーションが違います)
、学費を人質に使われているんだなぁと、なんとも言えない
気持ちになりました。

退院して、ご近所さんが私を晩御飯に招待(手が不自由なので)
してくれた時に、上記の話をしたら、匿名で訴えたれ!(私が)
日本の働かせ方は問題が多すぎると、ご主人が私に言いました。

看護職は、奉仕精神に乗っかっているところがありますものね。

彼のお陰で入院も面白かったです。
大阪は怖い、薬の売人がいる。とか、
総理大臣になったら、日本を鎖国する。戦争しないために。とか、
お風呂に入れない私の身体を拭くのに、照れて拭いてくれなかったり。
(右腕だけ拭いてくれました)

私は病院に職場改善の投書したほうが良いのですかね?

明日でリハビリは最後なので、考えてます。

◆五十嵐さん
 コメントありがとうございます。
 奨学金の返済を人質にした拘束という問題もありますが、残業代はちゃんと払われているのでしょうか。夜勤が17時間勤務で初任給7万円というのは、労働時間数で割ると最低賃金を大幅に下回るのではないでしょうか。
 匿名の投書もいいですが、労基署にきちんと相談してもよいかもしれません(労基署は、病院側に伝わらないよう十分に配慮してくれます)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/62074363

この記事へのトラックバック一覧です: No.249 日航機墜落事故30年に思う:

« No.248 忘れられない「アイドル」たち──①天地真理 | トップページ | No.250 忘れられない「アイドル」たち──②南沙織 »

無料ブログはココログ