2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

« No.251 和歌山の介護老人施設職員過労死事件で勝訴判決! | トップページ | No.253 今の時代ゆえに、いっそうの感動──ミュージカル「レ・ミゼラブル」 »

2015年8月17日 (月)

No.252 忘れられない「アイドル」たち──③太田裕美

150816
 私の「忘れられないアイドル」の3人目は、太田裕美さんである。
 彼女は1955年1月生まれとのことなので、私よりも学年で2歳上(南沙織と同学年)ということになる。

 デビュー曲は「雨だれ」(1974年11月)だが、大ヒットしたのは、ご存じの「木綿のハンカチーフ」(1975年12月)である。
 このころ、私は大学受験浪人中で、京都で1年間浪人生活を送っていた。それまでのエスカレーターから外れ、置いてきぼりになったような寂しさと孤独感、後がないという不安と焦りに苛まれながら、ひたすら勉強した(せざるを得なかった)1年間であった。その浪人時代の最終盤、大学入試を目前にした冬に、あの、ちょっと舌足らずの爽やかな声で歌うこの歌が、飛び込んできたのである。
150816_2
 高校時代までを和歌山で過ごし、切ない浪人時代を京都で過ごして、受験の結果次第でさらに旅立っていくというこの時期(私は京大に合格する前に中央大学法学部にも合格していたので、もし京大に合格していなければ中央大学に行く予定だった。)、太田裕美のこの歌は心に染み、すぐにファンになった。
150816_3
 あこがれの京大法学部に入学し、世界が輝いて見えたころ、何とゴールデンウィークに太田裕美が京大の時計台ホールに来てコンサートをするという。大学ってすごい、こんな人も来るんだと感動し、飛びつくようにチケットを買った。ところが、私の母方の祖母が病気でもうあまり長くないという知らせが入り、涙をのんで秋田にいた祖母に会いに行ったため、このコンサートには行けなかった。病床にいたおばあちゃんはとても喜んでくれ、その年の8月に亡くなったので、行っておいてよかったのだが、コンサートに行けなかった痛恨の思いもまた、忘れられない。
150816_4
 その後、大学時代から司法試験受験時代にかけて、何枚もLPを買ったり借りたり(昔はレンタルレコード店がたくさんあった)、CDを買ったり借りたりして現在に至っている。
 2002年ころにはたしか大阪のIMPホールでのコンサートに行き、2012年9月には大阪城ホールでのコンサート「君と歩いた青春」(他に伊勢正三、南こうせつやイルカさんなど)にも行った。

 太田裕美さんは今でも現役で活躍していて、あのちょっと舌足らずの甘ったるい声は健在である。2004年から伊勢正三(元かぐや姫)、大野真澄(元ガロ)との3人でユニット「なごみーず」を組んでコンサートを開催しているという。ぜひ、これからも歌い続けてほしい。

 最後に、私の好きな太田裕美さんの曲のベスト10(ほぼ時系列順)を挙げると、以下のとおりである。
 ①木綿のハンカチーフ
 ②赤いハイヒール
 ③九月の雨
 ④あなたに夢中(「まごころ」所収)
 ⑥オレンジの口紅(「手作りの画集」所収)
 ⑦茶いろの鞄(「手作りの画集」所収)
 ⑤恋の予感(「12ページの詩集」所収。なお、同名の安全地帯の曲があるが別である。)
 ⑨あさき夢みし(「12ページの詩集」所収)
 ⑧さらばシベリア鉄道(「十二月の旅人」所収)
 ⑩メロディ・スモーキン(「十二月の旅人」所収)


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.251 和歌山の介護老人施設職員過労死事件で勝訴判決! | トップページ | No.253 今の時代ゆえに、いっそうの感動──ミュージカル「レ・ミゼラブル」 »

5-9 音楽」カテゴリの記事

6-1 思いつきエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/62094594

この記事へのトラックバック一覧です: No.252 忘れられない「アイドル」たち──③太田裕美:

« No.251 和歌山の介護老人施設職員過労死事件で勝訴判決! | トップページ | No.253 今の時代ゆえに、いっそうの感動──ミュージカル「レ・ミゼラブル」 »

無料ブログはココログ