2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

« No.257 44年ぶりの「和歌山国体」に思う | トップページ | No.259 「女性のみの再婚禁止期間」を乗り越え、再婚を果たしたAさんのこと »

2015年10月14日 (水)

No.258 第2回過労死防止啓発月間、全国各地でシンポジウム開催

151013_2
 昨年成立・施行された過労死等防止対策推進法(過労死防止法)に基づく第2回「過労死防止啓発月間」が、この11月を中心に行われる。
 その目玉は、全国各地の都道府県で行われる「啓発シンポジウム」である。

 まず、下記の29の都道府県(ここでは「Aグループ」と呼ぶことにする。)では、厚労省が主催し、地方自治体や弁護士会、過労死家族の会、過労死弁護団、いのちと健康を守るセンターなどが後援して行われる。
 これらは、昨年の第1回啓発月間でシンポジウムや集いを行った実績を踏まえて、今年は国が主催するのである。

151005_2
 国からこのシンポジウム事業の委託を受けた(株)プロセスユニークは、これらのシンポジウムの詳細を紹介するとともに、チラシのダウンロードができ、インターネットで参加申込みもできるサイトを開設している(こちら)。

 なお、このうち、18番の大阪、21番の和歌山、23番の島根、24番の岡山の4つのシンポジウムでは、不肖私が基調講演やコーディネーターを務めることになっている。精一杯役割を果たしたい。

【Aグループ】(国主催、自治体・民間団体など後援)

1 北海道 11月21日(土) 14:00-16:30 自治労会館
2 宮城 11月12日(木) 18:30-20:30 エルパーク仙台
3 秋田 11月24日(火) 14:00-17:00 ホテルメトロポリタン秋田
4 栃木 11月14日(土) 13:00-16:30 栃木県弁護士会館
5 埼玉 12月 7日(月) 13:00-17:00 さいたま共済会館
6 千葉 11月25日(水) 13:30-16:30 京葉銀行文化プラザ
7 東京 11月19日(木) 13:00-16:00 イイノホール
8 神奈川 11月 1日(日) 13:30-16:30 神奈川県民ホール
9 石川 11月14日(土) 13:30-16:30  労済会館ホール
10 福井 11月21日(土) 13:30-16:30 フェニックスプラザ
11 山梨 11月29日(日) 13:30-16:30 山梨地場産業センター
12 長野 11月28日(土) 13:30-16:30 長野県教育会館
13 静岡 11月27日(金) 18:00-20:30  静岡県男女共同参画センター
14 愛知 11月23日(月祝) 13:00-16:00 名古屋国際センター
15 三重 11月14日(土) 13:00-16:00 じばさん三重
16 滋賀 11月23日(月祝) 13:30-16:30 大津市旧大津公会堂
17 京都 11月 3日(火祝) 13:30-16:40 京都テルサ
18 大阪 11月 9日(月) 14:00-17:00  コングレコンベンションセンター
19 兵庫 11月13日(金) 18:00-20:30 神戸市教育会館
20 奈良 11月17日(火) 13:30-16:30 奈良商工会議所
21 和歌山 11月24日(火) 14:00-17:00 ビッグ愛
22 鳥取 11月22日(日) 13:30-16:00 とりぎん文化会館
23 島根 11月21日(土) 13:30-16:00  島根県市町村職員共済組合宿泊所 ホテル白鳥
24 岡山 11月28日(土) 13:30-16:00 岡山市勤労者福祉センター
25 広島 11月14日(土) 13:00-15:10 広島YMCA
26 愛媛 11月10日(火) 18:00-20:00 コムズ大会議室
27 福岡 11月21日(土) 13:00-16:30 福岡商工会議所
28 大分 1月17日(日) 13:30-16:00 ホルトホール大分
29 宮崎 11月 6日(金) 18:00-20:00 宮日会館

 次に、上記以外でも、以下の県では、昨年のように民間団体が主催し、国(労働局)や地方自治体などが後援する形で行われる。

【Bグループ】(民間団体主催、国・自治体など後援)

1 青森 1月23日(土)16:00-17:30 青森県観光物産館アスパム
2 岩手 11月14日(土)13:30-16:10 盛岡市勤労福祉会館
3 岐阜 12月12日(土)13:30-16:00 ハートフルスクエアーG
4 長崎 11月14日(土)14:00-16:30 長崎タクシー会館

 これ以外にも、山形、茨城、新潟、山口、徳島、佐賀、熊本、鹿児島などでも開催の可能性が追求されている。

 全国で、一人でも多くの皆さんがこれらシンポジウムに参加されることを、心から願っている。

 ※画像は、東京会場のチラシの表・裏面である。
  Aグループの29会場のチラシは、上記のプロセスユニークのサイトで閲覧・ダウンロードできる。


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.257 44年ぶりの「和歌山国体」に思う | トップページ | No.259 「女性のみの再婚禁止期間」を乗り越え、再婚を果たしたAさんのこと »

3-6 過労死等防止対策推進法」カテゴリの記事

コメント

 岩城先生、毎日お疲れさまでございます。

 当職も先般顧問先IT大企業で、グループで2000人ほどいるのですが、過重労働の件でそのうち一度に同日3社の呼び出しがあり、朝から晩まで監督署にずっとおりました。

 ただ、当職が助言・指導をしておりますの、全て真実を報告して、全て時間外労働手当も支払っているので、監督官も「厳しくは言えないけれども、時間外労働を減らす対策を考えてください。」というのみでした。

 SEは納期があり、例えばメガバングの合併に伴うシステムやATMとか、今回はこのIT企業が地方自治体,岡山県からの委託を受けている岡山では最も大きいIT企業です。

 それでも過重労働者はいるものの、月に40時間以上残業したものについては面談をし、また専属の産業医が月に1度、定期的に訪問しているので、社員の身体、精神を守るべく当職も頑張っています。

 監督署もアフターフォローまで鑑みて、ある程度は致し方ないと言ってくれました。当職の顧問先会社では、決して「過労死」「過労自殺」は出さないと社労士としての矜持として、心に深く誓っています。

 岩城先生が、岡山に来岡される日は当職の事務所の勤務社士らと共に、また、そんなことはないでしょうが、満杯にならないのであれば、いつでも当職が岡山県社労士会の有志の皆様に声を掛けます。

 それよりも、9月から来た勤務社労士は能力もありますが、凄い別嬪です(笑)。11月に来岡されるセミナーでは、是非、岡山県社労士会の皆と飲みましょう。

 来岡を、心よりお待ちしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/62470966

この記事へのトラックバック一覧です: No.258 第2回過労死防止啓発月間、全国各地でシンポジウム開催:

« No.257 44年ぶりの「和歌山国体」に思う | トップページ | No.259 「女性のみの再婚禁止期間」を乗り越え、再婚を果たしたAさんのこと »

無料ブログはココログ