2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« No.268 歌は楽しい。Let's sing together! | トップページ | No.270 未来を切り開く連帯~若者たちの運動から学びあう~ »

2016年1月14日 (木)

No.269 5年ぶり開催の「大阪憲法ミュージカル」が大きく新聞報道

151108


 「大阪憲法ミュージカル」が5年ぶりに開催されることになったことについて、毎日新聞(1月9日付け朝刊)、朝日新聞(1月14日付け朝刊)がいずれも、写真付きで大きく紙面を割いて紹介してくれた。

 朝日新聞には、共同代表の一人として私のコメントも掲載されている。
151108_2
 1月24日にオーディションが予定されている。これらの記事を読んで、たくさんの人たちがオーディションを受けてくれることを期待したい。

大阪)憲法ミュージカル、5年ぶり復活へ 出演者を募集

朝日新聞2016年1月14日付け朝刊 大阪版

 歌い、踊って、憲法の明日を考えよう――。安全保障関連法の成立など憲法をめぐる状況が大きく変化する中、大阪の弁護士らが企画し、市民が演じる「憲法ミュージカル」が5年ぶりに開かれることになった。戦前の大阪で映画制作に夢をかけた若者が戦争の荒波にのまれる姿を描き、平和の尊さを訴える。6月に公演予定で、今月24日に開く出演者オーディションの参加者を募っている。
160114_2
 「憲法ミュージカル」は2008年に始まった。最初の上演作品は慰安婦問題をテーマにした「ロラ・マシン物語」。長崎・諫早湾の干拓事業を扱った「ムツゴロウ・ラプソディ」(09年)▽アフガニスタンで医療と農業の支援に取り組む中村哲医師の活動を描いた「ドクターサーブ」(11年)と続いた。市民延べ約350人が出演し、延べ約2万人が鑑賞したという。

 13年1月、この3作の脚本や演出を手がけた演出家が亡くなり、新作の制作は止まっていた。しかし、今年が憲法公布70周年にあたることや、政府による集団的自衛権の行使容認などを受けた憲法への関心の高まりを背景に、大阪の弁護士ら約50人が呼びかけ人となって「復活」を進めた。
160114_3

 4作目となるミュージカルは「無音のレクイエム」。戦前・戦中の大阪・千日前を舞台にした作品で、無声映画の制作に情熱を傾ける若者3人が主人公という。6月2~5日、大阪ビジネスパーク円形ホール(大阪市中央区)で計7公演を予定している。

 憲法ミュージカル共同代表の岩城穣(ゆたか)弁護士は「直接戦争を知る世代が年々少なくなる中、多くの人に舞台を通じて『あの頃の空気感』をリアルに感じてほしい。憲法に込められた平和への願いを共有し、憲法に関心を持ってもらうきっかけになれば」と話す。

 オーディションは24日午後2時半から天王寺区民センター(大阪市天王寺区)で。2月から始まるレッスンや本公演に参加できることが条件で、参加費は1万5千円。問い合わせは「憲法ミュージカル」事務局(080・9607・2016)。(阪本輝昭)


◆憲法ミュージカル 今こそ 大阪で5年ぶり、参加者募集
毎日新聞2016年1月9日 大阪朝刊
160109_2
 憲法公布70年を迎える今年、平和憲法を身近に感じてもらおうと、市民が舞台に立つ「憲法ミュージカル」を、大阪の弁護士らが5年ぶりに復活させる。過去3作を手掛けた演出家が亡くなるなどして中断したが、改憲論議も取りざたされる中、「今こそ憲法の精神を伝えよう」と復活を決めた。6月の公演に向け参加者を募っており、今月24日に出演者約100人を決めるオーディションを開く。

 弁護士約50人でつくるグループ「大阪憲法ミュージカル」が主催。これまで平和や環境保護など、人間の尊厳を守ることをテーマにしてきた。初公演の2008年は慰安婦問題、09年は長崎県諫早湾の干拓事業、11年はアフガニスタンで農業支援などに取り組むNGO「ペシャワール会」の中村哲医師の半生を描いた作品を公演した。

 過去3作で子どもからお年寄りまで計約350人が出演し、約2万人が鑑賞した。新作のタイトルは「無音のレクイエム」。昭和初期以降の大阪・千日前を舞台に、無声映画の製作に青春をかける若者らが戦争に巻き込まれていく姿を描く。6月上旬に7回、大阪市中央区の大阪ビジネスパーク円形ホールで公演する。

 出演者は大阪大空襲の被害者から話を聞くなどして演技に生かすという。事務局長の田中俊弁護士は「憲法には平和を実現する力がある。演じる人も見る人も憲法への理解を深めてほしい」と話す。

 オーディションは24日午後2時半、大阪市天王寺区の区民センターで。経験不問だが、週末練習への参加が条件。参加費1万5000円。問い合わせは事務局(080・9607・2016)。【堀江拓哉】

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.268 歌は楽しい。Let's sing together! | トップページ | No.270 未来を切り開く連帯~若者たちの運動から学びあう~ »

2-1 日本国憲法」カテゴリの記事

2-6 大阪憲法ミュージカル」カテゴリの記事

5-1 コンサート・演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/63066900

この記事へのトラックバック一覧です: No.269 5年ぶり開催の「大阪憲法ミュージカル」が大きく新聞報道:

« No.268 歌は楽しい。Let's sing together! | トップページ | No.270 未来を切り開く連帯~若者たちの運動から学びあう~ »

無料ブログはココログ