2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

« No.276 「政治の春」を呼ぶには──谷口真由美さんをお招きして<「ゆうあい会」結成総会> | トップページ | No.278 分野・世代を超えた連帯はできる、社会は変えられる──働き方ASU-NET第24回つどい »

2016年3月15日 (火)

No.277 公立八鹿病院事件の高裁・地裁判決が「判例時報」に掲載!

 新人医師が長時間過密労働と上司のパワハラでうつ病を発症し、赴任してわずか70日後に自殺した事件(公立八鹿病院34歳青年医師パワハラ自殺事件)について、1審・鳥取地裁米子支部平成26年5月26日判決、2審・広島高裁松江支部平成27年3月18日判決が下されたことは、それぞれについて紹介したところである(地裁判決につき「No.189 新人医師のパワハラ自殺事件で勝訴!──鳥取地裁米子支部で判決と記者会見」、高裁判決につき「No.230 新人医師のパワハラ自殺事件、控訴審判決は「過失相殺ゼロ」と判断!」)。

 これらについては、既に判例雑誌「労働判例」に掲載されている(地裁判決につき労働判例1099号5頁以下、高裁判決につき同1118号25頁以下)。
1603151
 そして、今般、「判例時報」2281号(平成28年3月11日号)にも、これらの両判決が掲載された(高裁判決につき43頁以下、地裁判決につき同55頁以下)。

 「判例時報」は日本で最も権威のある判例雑誌であるうえ、2つの判決が同時に掲載されることで、その違いを比較できるとともに、高裁判決で引用している地裁判決の該当箇所も参照することができるので、ありがたく思っている。
1603152
 なお、本件は、高裁判決が、パワハラを行った上司である医師の個人責任を、国家賠償法が適用されることを理由に認めなかったことから、最高裁に上告受理申立を行い、現在結果待ちの状態である。

 この点について、今回の判例時報の「コメント」欄には、「公立病院の診療行為については、私経済活動であるとして国賠法の適用がないと介されているが(最一判昭57・4・1民集36・4・519等)、公立病院内部における医師・職員の任用・雇用関係及びこれに付随する安全配慮義務の履行に関して、その実態は民間病院と異ならないとした一審と、公務員関係としての規律を重視した本件判決とで判断が分かれた。Xらは、この点を不服として上告をしており、最高裁の判断が待たれる。」と記載されている。

 最高裁には、ぜひ我々の上告を受理して口頭弁論を開き、パワハラ医師の個人責任を認めてほしいと願っている。

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.276 「政治の春」を呼ぶには──谷口真由美さんをお招きして<「ゆうあい会」結成総会> | トップページ | No.278 分野・世代を超えた連帯はできる、社会は変えられる──働き方ASU-NET第24回つどい »

3-4 過労死・過労自殺事件」カテゴリの記事

コメント

 岩城先生、ご無沙汰しております。
ますますのご活躍を拝見して嬉しく思っております。

 違うことで岡山地方検察庁の検事とお話することがありまして、岩城弁護士が弁護士の弁護過誤事件でお世話になったことで、これも「判例時報」に掲載されましたが、検事とも盛り上がっている次第です(笑)。

 あの事件も山陽新聞に大々的に掲載され、家裁のマニュアルまで変更されたと聞いていますから、岩城先生のご尽力の賜物です。最高裁まで行ったけど、高裁判決が確定して素晴らしい内容でした。

 当職ら、社労士の間では岩城先生の和歌山新宮事件の国家賠償請求は伝説となっています。

 当職らも日々クライアントのために、是々非々で闘っています。

 岩城先生、頑張ってください。当職らもこのうえなく頑張っています(笑)。また、酒席で御一緒できるときがあれば、良いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/63351411

この記事へのトラックバック一覧です: No.277 公立八鹿病院事件の高裁・地裁判決が「判例時報」に掲載!:

« No.276 「政治の春」を呼ぶには──谷口真由美さんをお招きして<「ゆうあい会」結成総会> | トップページ | No.278 分野・世代を超えた連帯はできる、社会は変えられる──働き方ASU-NET第24回つどい »

無料ブログはココログ