2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« No.292 44年ぶりの再会に、最高に盛り上がった中学同窓会 | トップページ | No.294 人生60年目の光栄と至福──後輩の仲間たちによる還暦祝賀会 »

2016年8月31日 (水)

No.293 過去への旅路

160831
 この表題は、私が一時ハマった韓国ドラマ「冬のソナタ」の第15話のタイトルである。
 交通事故で過去の記憶を失っていたチュンサン(ペ・ヨンジュン)は、2度目の交通事故の結果、自分がチュンサンだった記憶を取り戻し始めるが、なかなか思うように戻らないことから、恋人のユジン(チェ・ジウ)と2人で、高校時代に過ごした懐かしい場所を次々と訪れ、記憶を取り戻す旅に出るのである。

 この8月は、私にとっての「過去への旅路」が4回もあった。
①まずは8月13日(土)、中学校(現・紀の川市立打田中学校)の同窓会。1972年(昭和47年)の卒業から実に44年後、1学年4クラス160人のうち31人が集まった(「No.292 44年ぶりの再会に、最高に盛り上がった中学同窓会」)。私が中心メンバーの一人として頑張り、開催にこぎつけられたこともあって、感慨深いものだった。
160831160820
②翌週の8月20日(土)には、高校(和歌山県立那賀高校)のクラス同窓会があった。かつては4年に一度(オリンピック開催の年)だったが、最近は2年に一度開かれている。参加者は15人と、若干少なめだったが、心がくつろいだ。

 これに加えて、この夏は私にとって特別な友人2人と旧交を温めることができた。
③8月18日(木)、中学時代のクラスメートのM君(昔のニックネーム「モッカン」)と会い、妻と3人で食事をした。和歌山県紀の川市(当時は打田町)にあったM君の実家は妻の実家と数百メートルしか離れておらず、妻とは保育園時代からの幼なじみである。私は中学校に入って知り合ったが、仲がよかった。最後に会ったのは、確か私の結婚式(1982年)にM君が来てくれた時だったので、34年ぶりということになる。M君に①の中学校同窓会のことで電話をした際、同窓会には行けないが別途会おうか、ということになったのである。

 M君と私は別々の高校に進学したが(私は那賀高校の普通科、M君は隣の粉河高校で開設2年目の理数科に進んだ)、疎遠になった感じはしなかった。同じ国立大学を受験したが(学部は別)どちらも不合格。私は浪人の道を選んだが、M君は名古屋にある別の国立大学(当時は国公立大学は「一期校」「二期校」の2つを受験できたのである。)に進学した。M君は大学卒業後、巨大企業のK電力に就職。原子力発電所関係の要職を歴任し、現在は同社のトップに近い役職に就いている。
 大学卒業後は全く違う道を歩んできたが、会えば10代の頃のままだった。小学校時代から高校までの懐かしい話に花が咲いた。

④8月29日(火)には、浪人時代の友人のS君と会って会食をした。お互いに前に会ったのがいつか、はっきり覚えていなかったが、1994年前後ではないかと思われ、そうすると22年ぶりの再会である。

 私は京都で浪人時代、京都駿台予備校の上賀茂寮で生活していたが、4人部屋だったこともあり勉強に集中できなかったためか、秋の終わりころ寮を出て、当時の下宿屋に転居したのである(転居の理由も時期も、よく思い出せない)。「新井寮」と言われていたその下宿屋には、10人くらいの浪人生が下宿していただろうか。S君はその中の一人だった。
 同じ京大法学部志望ということもあって、なぜかS君とはウマが合い、短い期間だったが親しくなったが、私は合格したが彼は不合格となり、S君は中央大学の法学部に入学した(ちなみに、私も京大に合格できなければ中央大学に行く予定で、入学金も納付済みだった)。
160831_2
 S君とは大学時代もつながっていたが、S君は司法試験は受験せず埼玉新聞社に就職。Jリーグ発足前から「浦和レッズ」の担当記者となり、2005年に同社を退社してフリーランスになった後も、サッカー専門のスポーツライターとして活躍し、「浦和レッズの歴史を間近で見続けたジャーナリストの一人」として、その世界では有名になっているようである。
 あのとき、一緒に京大に合格していたらどうなっていただろうかとか、2人で中大に行ってたらとか、入れ代わっていたらどうだっただろうかなどと、ふと考えてみることもある。
 そんなS君と20数年ぶりに会い、浪人時代と大学時代から現在までの来歴について話した。続いてスナックに行き、尽きない話をし、懐かしい歌を歌った。本当に楽しいひとときだった。

 この9月13日私は還暦を迎える。そんな時期に4回も過去に旅ができたのは、私にとって本当に感慨深いことだった。あとどれだけ人生が与えられているかわからないが、これまでの60年間、その時々に家族とともに友人たちがいたからこそ今の自分があるということを噛みしめながら、一日一日を大切に生きていきたいと思う。


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.292 44年ぶりの再会に、最高に盛り上がった中学同窓会 | トップページ | No.294 人生60年目の光栄と至福──後輩の仲間たちによる還暦祝賀会 »

6-1 思いつきエッセイ」カテゴリの記事

6-2 イワキ君のルーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/64139719

この記事へのトラックバック一覧です: No.293 過去への旅路:

« No.292 44年ぶりの再会に、最高に盛り上がった中学同窓会 | トップページ | No.294 人生60年目の光栄と至福──後輩の仲間たちによる還暦祝賀会 »

無料ブログはココログ