2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月の2件の記事

2016年9月21日 (水)

No.295 「絶望の中でも希望を」──アニメ「君の名は。」人気の理由

160921default_3e2ba644fc64728af640d
 3連休中日の9月18日(日)、今話題のアニメ「君の名は。」を観てきた。
 8月末に観た「シン・ゴジラ」と並ぶ今年最大のヒット作と聞いていたが、事前の予備知識をまったく持たずに出かけたので、かえって新鮮だった。

 驚いたのは、午後9時半ころからのレイトショーなのに、席が7割方埋まっていたこと。こんなにたくさんの観客を見るのは昔、子どもたちを連れて夏休みに観に行った「ジュラシックパーク」以来のような気がする。
160921355058_004
 作品は、まず、ストーリーが意外性があって面白い。思春期の同世代の男女が入れ替わるという展開、どこの誰かもわからない相手への想い、地方の山深い田舎での生活と大都会での生活の対照、地球に最接近した彗星の一部が分裂して落ちてくるというSF性、大惨事を知った男の子(立花瀧)が過去にいる女の子(宮水三葉)に入れ替わって救出しようとするタイム・パラドックス、それぞれ仲間の友人たちと力を合わせて運命(大災害)や権威(父親)に立ち向かっていく友情、神社や組ひも、黄昏(たそがれ)時といった神秘性など、楽しめる要素が満載である(もちろん、厳密に考えれば理屈上での突っ込み所はいろいろあるが、それを議論するのも楽しいだろう)。
16092161268733
 それに加えて、大都会の喧騒や田舎の懐かしい風景、天空を横切る彗星など、絵が実に美しい。日本のアニメの美しさを改めて実感する。
 そして、作品全体が、スピード感と音楽性、リズム性にあふれていて、ノリがいい。

 ストーリーが、最後の最後までハラハラさせたうえで、ハッピーエンドになるのも気持ちがいい。最後に2人が揃って「君の名は?」というセリフでエンディングというのもニクい。
16092120160826224007
 私がこの映画を観た翌日の9月19日(月)には「ニュース23」で、翌9月20日(火)には「報道ステーション」でもこの映画が取り上げられていた。
 開始後1か月で既に観客動員は690万人、興業収入は91億円を突破したとのことである。

 「報ステ」でインタビューに応じた新海誠監督は、「今の生活が明日どうなってしまうかわからない」という不安をみんなが感じている中で、「希望を持ってポジティブに今を生きよう」という思い(絶望の中での希望)を伝えたかった、それを求める若い人たちの心の穴にちょうどはまったと思う、という趣旨のことをおっしゃっていた。
160921main_vsl02
 そのように考えると、この映画は、東日本大震災や熊本地震などの自然災害や無差別殺人などによって人々が感じている暗い空気の中でも、希望を持って挑んでいきたいという「時代的気分」と重なり合ったのかもしれない。その意味では、「ありのままで」「自分を好きになって生きたい」というメッセージが共感を読んだ、一昨年の「アナと雪の女王」の大ヒットと共通するものがあるのではないだろうか。

 そうだとすると、この「君の名は。」は、今後いっそう「国民現象」になっていく可能性もある。
 そんな話題性十分のこのアニメ、皆さまもぜひご覧ください。


       ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2016年9月 3日 (土)

No.294 人生60年目の光栄と至福──後輩の仲間たちによる還暦祝賀会

 こんなに幸せなことがあってよいものだろうか。
11img_2130
 9月2日、四天王寺の「トラットリア・イル・カンポ・ダ・シゲ」という(一度では覚えられない名前だが)とっても素敵なイタリア料理のお店を借り切って、私たち夫婦の還暦を祝う会を開いてくださった。
2img_2136
 あべの総合法律事務所の同僚だった上出さん、中森さんが、過労死問題や欠陥住宅問題などで一緒に頑張ってきた後輩の弁護士や、現在の事務所のメンバーなどに声をかけてくれたのである。忙しい人たちばかりなのに、24人もの人たちが集まってくれた。
3img_2126
 乾杯のあいさつをしてくれた田中俊さんをはじめ、参加者一人ひとりが、時にはスパイスを効かせながらも、心のこもったお祝いの言葉をくださった。
 また、今回参加できなかった方から寄せられた、温かいメッセージも読み上げられた。
4img_2151
 弁護士になってからの28年半は、私の生きてきた60年間のほぼ半分にあたる。
 この間、過労死問題や欠陥住宅問題などを中心に、微力ながら、様々な活動や事件に取り組んできた。日本全体や世界から見れば取るに足りないささやかな歩みであるが、それができたのは、ここに集まってくれた仲間たちがいてくれたからこそだと、改めて嬉しく思う。
5img_2148

6img_2150

7img_2146
 お皿にチョコレートで文字を書いたお祝いのケーキのほか、Aさんから美しいバラエティーの花束、もとあべの総合の後輩で今は広島にいるSさんからは真っ赤な花束、そして参加してくれた皆さん全員からペアのグラスをいただいた。
 本当にありがとう。
8img_3433

9img_2405

10img_2411
 約半数の人たちで、JR天王寺駅の北口にあるジャンカラに移って、カラオケで二次会。
 ここも、すごい盛り上がりだった。ここですべてがご紹介できないのが残念である(笑)。
11img_2451
 しばらくは、この余韻を楽しみたいと思う。
 こんな楽しい会なら、何度でもやりたい(笑)。
 ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。
 また、参加できなかったが温かいメッセージを送ってくださった皆さん、ありがとうございました。
 そして、何よりも、企画と準備をしてくれた上出さん、中森さん、本当にありがとう。
12img_2466

13img_3491_2
 ※写真は上から
 ①乾杯あいさつをする田中俊さん
 ②乾杯
 ③会の呼びかけをしてくれた上出さん、中森さん
14img_3499
 ④~⑦ スナップ
 ⑧いただいたケーキ
 ⑨いただいたグラス
15img_3502
 ⑩寄せ書きを胸に
 ⑪私のお礼のあいさつ
 ⑫全員の写真
 ⑬二次会のカラオケにて
 ⑭いただいた花束1
 ⑮いただいた花束2


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

無料ブログはココログ