2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月の4件の記事

2016年10月29日 (土)

No.299 「みっともない!」の正体──「電車内での化粧はマナー違反」キャンペーンについて

161029
 東急電鉄が9月中旬から10月末まで、電車内で化粧する女性を「みっともない」と批判する広告を大々的に行っていることについて、ネット上で激しい論争が起こっている。

 問題となっているポスターや動画を観た(→動画はこちら)。
 「都会の女はみんなキレイだ。でも時々、みっともないんだ」の手書きのキャッチコピー。そして、若い女性が突然、座席に座って化粧する女性2人の前で踊りだす。BGMの歌詞は「教養ないない」「みっともないない」「あなたの変身見られてます」「あなたはマナーができてない」‥‥。

 私は4年前にこのブログでこの問題について書いたことがあったので(「No.97 電車内の化粧が不快な理由」)、この論争を興味深く読んでいるが、賛否それぞれの根拠について、必ずしも噛み合っていないように思う。
 私は弁護士なので、基本的人権や権利の観点を踏まえつつ、問題点を整理してみたい。

①物理的被害を周囲にもたらす化粧は、論外である。
 人は、他の人の権利を侵害しない限り自由に行動できるのであり(憲法第13条)、電車内での「化粧の自由」も幸福追求権に含まれる人権であるといえる。
 しかし、ファンデーションの粉が舞ったり、強い臭いによって他の乗客に物理的な被害を及ぼす場合は、他人の人権を侵害するものであり、許されないことは当然である。乗客の中には化学物質過敏症の人もいるかもしれない。
 ただ、これは、電車の混み具合や化粧の内容にもよるので、どんな化粧も絶対にダメだという根拠にはならない。この点では、動画の電車内は比較的空いていることから、「いったい誰に迷惑をかけているのか」という批判はもっともである。
161029_4
②他の乗客に不快感を与えるのは、化粧に限らないという批判がある。
 車内で大声で会話する、酔っぱらって騒ぐ、イヤホンから音漏れさせながら音楽を聴く、スポーツ紙のポルノ紙面をこれ見よがしに広げる、混んでいるのに足を広げて座ったり荷物を置いたりして座席を独占する、などである。
 これは、多かれ少なかれ他人の権利を侵害するものである。車内には静かに過ごしたいと思ったり考え事をしている人もいるし(特に、単なる騒音ではなく嫌でも中身を聴いてしまう、会話や音楽などの「意味騒音」は不快感が大きい)、ポルノ紙面を広げるのは明らかな「環境セクハラ」だし、座席には平等に座る権利がある。だからこそ東急も他の公共交通機関でも、これらの迷惑行為はやめましょうとキャンペーンをしているのである。

③「見たくないものを見せられたくない」という周囲の乗客の感受性は尊重されるべきである。
 電車内の化粧は、①のような物理的被害を与える場合は別にして、直ちに誰かの権利を侵害しているわけではなく、与えているのは純粋な「不快感」である。

 私が前回のブログで書いたのは、この点である。


 そもそも、化粧は文字どおり「化ける」ことであり、自分を実際以上に見栄えよく見せるために行うものである。見栄えよく見せるのは、公的な場(役者であれば舞台や撮影の場)であり、化粧は「楽屋裏」で行うものだろう。電車の中は、「舞台の上」なのか、「楽屋裏」なのか。
 「私は役者ではなく普通の個人なんだから、関係ない」と言うかもしれない。だったら、その人は、自分の恋人やその両親、会社の上司、男性の同僚、取引先の担当者を前にして、化粧するだろうか。しないとしたら、それはなぜだろうか。
 そう考えてくると、その女性が私の前で堂々と化粧をするのは、その人が私のことを「恥ずかしいところを見られても構わない、どうでもいい人間」と判断しているからである。
 私が不愉快になるのは、「私の大切な人には見られたくないけど、あんたなんか私と関係ない「石ころ」みたいなものだから、見られても全然構わない」というメッセージを感じるからなのである。

④多様な人がいてよいという社会全体の包容力、他人のマナーへの許容度が低下しているのではないか、という議論がある。
 その例として、ベビーカーを押して乗る母親や、車いすに乗った障害者、泣き叫ぶ赤ちゃんを連れた親に対する冷淡な態度が引き合いに出されることもある。しかし、これらの社会的ハンディキャップを負った人たちも公共交通機関を利用する権利があり、これを許容することは社会の責任であるが、電車内の化粧はこれと同じ性格の問題だろうか。
161029_5
⑤女性に対して、より美しさや身だしなみを強要するのはおかしいのではないか、「オッサン目線」からの批判ではないかという意見もある。
 そのような風潮があることは否定しないが、だからといって、電車内の化粧を直ちに正当化するのは飛躍があるように思う。
 また、電車内の化粧に対しては男性より女性の方が批判的である(日本民営鉄道協会の2015年度のアンケートでは、電車で迷惑と感じる行為の第8位が車内化粧だったが、男女別では男性は第9位、女性は第7位であった)。

⑤仮にマナーの改善を図るにしても、上から目線の攻撃的なキャンペーンをするのはおかしいのではないか。
 私が最も違和感を感じるのは、この点である。いくら広告用の動画とはいえ、化粧中の女性の前に立って見下ろしながら、「みっともないない」「教養ないない」と声を張り上げて踊るというのは、他人をバカにするもので、一種のイジメに近いものを感じる。
 「オッサンのパワハラ的なもの」を感じるとすれば、この点ではないだろうか。

 以上のように、戦わされている議論は、「ミソもクソも一緒」になされているきらいがある。「人は、他の人の権利を侵害しない限り自由に行動できるが、他人の権利や正当な利益を侵害してはならない」、「権利と権利が衝突したときは、どのように調整するかを考えなければならない」という、憲法第13条の「公共の福祉」の考え方に立ち返って議論されるべきであり、それによって建設的な議論が可能になると思う。
 広告キャンペーンは、泣いても笑ってもあと3日ほどである。
 見ていない人は、ぜひ見ていただいて、一緒に考えてみませんか。

 ※画像は上から
 ①東急電鉄の今回のポスター
 ②東急電鉄の今回の動画より
 ③東京メトロのマナーポスター(私が一番見たくないのは、これをしているところです(^_^;)

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2016年10月16日 (日)

No.298 過労死防止啓発シンポジウム、今年は全国43か所で開かれる──「過労死落語」も目玉の一つに

161016

◆2014年11月に施行された過労死等防止対策推進法(過労死防止法)では、毎年11月を「過労死等防止啓発月間」と定めている。これを受けて、11月を中心に全国各地で国主催でシンポジウムが行われ、またそれ以外の地域でも、民間主催のシンポジウムが行われる場合には、国や地方自治体が後援をすることになっている。
 初年度の2014年度は国主催1か所、自主開催28か所であったが、2年目の昨年度は国主催29か所、自主開催13か所となり、3年目の今年度は国主催43か所(うち東京では中央集会と2回開かれる。)、自主開催3か所まで増える予定である。

 各地のシンポジウムでは、様々な講演や遺族の体験談、パネルディスカッションなどが多彩に行われる予定である。私も、このうち大阪(11月11日)、徳島(11月12日)、和歌山(12月9日)で「過労死防止法施行から2年」と題して、講演をさせていただくことになっている。

 全国の国主催シンポジウムは、受託業者のプロセスユニークの特設サイトで、内容の紹介と参加受付が行われている。全国どの会場にも、何度でも参加でき、参加費はすべて無料である。
 なお、自主開催は、沖縄(既に8月20日に開催済み)、鹿児島(12月10日)、高知(来年1月21日)で行われる。なお、福島と香川は未定である。

◆その中でも、今年の目玉の一つといえるのは、「過労死をテーマにした落語」の上演である。
 奈良(11月10日)、大阪(11月11日)、岡山(11月12日)、兵庫(11月22日)、福岡(12月3日)の各会場で上演される予定である。
 以下に、神戸新聞と産経新聞に記事を紹介しておく。
 ぜひ、多くの皆さんにご来場いただき、聴いてほしいと思う。

過労死遺族の思いを落語に 落語家桂福車さん 2016/10/7 11:20神戸新聞NEXT 161007_2

 落語を聞いて過労死問題を考えて-。落語家桂福車さん(55)=大阪市=が11月22日、神戸・元町である「過労死等防止対策推進シンポジウム」で、新作「エンマの願い」を披露する。過労死を扱った「エンマの怒り」を改作し、神戸市の遺族らが過労死等防止対策推進法の成立に奔走した姿を盛り込んだ。(段 貴則)

 同法は2014年11月に施行され、毎年11月が「過労死等防止啓発月間」となった。「怒り」「願い」を書いた落語作家の小林康二さん(76)=大阪市=は「法律づくりに遺族がどれほど努力したかを知ってもらうことが、法律に魂を込めることになる」と話す。

 「願い」に登場する人物のモデルは、過労死等防止対策推進兵庫センター共同代表幹事の西垣迪世さん(72)=神戸市=と、過労が原因で亡くなった西垣さんの一人息子。生前、システムエンジニアだった27歳の男性が死後、死因が働き過ぎだったことなどを鬼から知らされる-という展開。小林さんと桂さん、西垣さんが、落語の細部を詰めて完成させた。

 桂さんは「遺族の思いに少しでも近づけられるように演じ、法律施行がゴールではなくスタートだと伝えたい」と意気込んでいる。

 シンポは同日午後2時から、神戸・元町の県民会館で。定員360人。参加無料。専用ホームページ(https://www.p-unique.co.jp/karoushiboushisympo/)から申し込む。


過労死問題に“一席” 異色の創作落語で防止呼びかけ
2016.10.8 13:05 産経新聞WEST
161008
 上方落語の作家らによるお笑い集団「笑工房」(大阪市淀川区)が、過労死防止を呼びかける異色の創作落語を作った。題して「エンマの願い」。過労自殺して冥土に来た若者と現世で暮らす母親のために、閻魔(えんま)大王や鬼が一肌脱ぐという人情噺(ばなし)だ。重くて暗くなりがちな社会問題に、笑いあり涙ありの“一席”を投じる筋書きとなっている。(小野木康雄)

鬼の目にも…
 あらすじは、こうだ。

 《うちの会社、仕事がキツうてね。あの日もそうでした…》
 三途(さんず)の川を渡った若者が、閻魔大王の手下である鬼の取り調べを受け、自殺した経緯を説明する。長時間労働やサービス残業を強いていた会社の実態が分かると、鬼は「鬼やなあ。いや、鬼はわしか」とあきれ、若者にこう諭す。

 《まじめに働くことは悪いこっちゃない。けどな、命まで会社にささげてるわけやないんや》
 冥土から現世を見る「浄玻璃(じょうはり)の鏡」には、過労死防止に向けた署名活動に取り組む大勢の遺族たちと、やつれ果てた母親の姿が映し出された。若者は涙する。

 《アホやったなあ…なんであんな無理してしもうたんかな。お母ちゃん、ごめんな》
 その一部始終を見ていた閻魔大王は、一計を案じ、あることを鬼に命じた-。

励ましの笑い
 「エンマの願い」は、桂米朝さんが得意とした古典落語「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」から着想を得て、落語作家で「笑工房」代表の小林康二さん(76)が書いた。

 小林さんは労働組合の専従を31年間務めた経験があり、54歳で早期退職した後、労働問題を扱う作品を多く作ってきた。目指すのは「励ましの笑い」だ。

 演じるのは桂春団治一門の桂福車さん(55)。古典から新作まで幅広い噺を持ちネタとする一方、社会派の落語家として講演などでも活躍している。
161008
 2人が過労死問題を落語で扱った背景には、平成26年に議員立法で成立、施行された「過労死等防止対策推進法」がある。50万人を超える署名を集め、国会議員を動かした遺族たちの頑張りを、多くの人に知ってほしいとの願いがあった。

講演よりも関心
 だが、過労死・過労自殺はここ数年、高止まりの状態が続いている。

 政府が7日に公表した「過労死等防止対策白書」によると、27年度に労災認定された過労死は96件、未遂を含む過労自殺は93件。一方、自殺につながる精神疾患の労災申請件数は1515件にのぼり、3年連続で過去最多を更新した。

 「どんな立派な法律でも、生かされなければないのと同じ」と小林さん。8月から遺族らへの取材を重ね、9月には福車さんが全国の弁護士らが集まる会議で一席を披露した。

 制作に協力した遺族の西垣迪世さん(72)=神戸市=は「苦しくて悲しい問題だからこそ、何ともいえない面白さは救いになる。講演はしんどいと思う人にも、落語なら関心を持って聞いてもらえるのでは」と期待を寄せる。

 一般向けのネタ下ろし(初演)は、11月に各地で開かれる厚生労働省主催の「過労死等防止対策推進シンポジウム」。奈良(10日)、大阪(11日)、岡山(12日)、兵庫(22日)の各会場で上演される。問い合わせは笑工房((電)06・6308・1780)。

◇過労死等防止対策推進法 過労死・過労自殺の防止対策を国の責務で進めるとの理念を打ち出した法律。規制や罰則は設けず、調査研究、啓発、相談体制の整備、民間団体への支援の計4項目に取り組むと明記した。事業主は協力し、国民は関心と理解を深めるという努力義務も定めている。議員立法で成立し、平成26年11月に施行された。

 ※画像は上から
 ①全国の啓発シンポジウムを紹介するプロセスユニークのサイト(リンクは本文に)
 ②神戸新聞の記事
 ③弁護士らの会議で「エンマの願い」を演じる桂福車さん=9月30日、神奈川県箱根町(産経新聞より)


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2016年10月10日 (月)

No.297 25年後に再び電通で若者が過労自殺──企業責任の重さと過労死防止の喫緊性

161010_4
◆史上初めての「過労死白書」の公表をトップで報じた10月8日付け朝日新聞記事のすぐ下に、電通に入社後わずか9か月足らずで過労自殺した女性社員の労災認定が報じられた。

電通の女性新入社員自殺、労災と認定 残業月105時間 朝日新聞デジタル 10月7日(金)21時50分配信

161010


 広告大手の電通に勤務していた女性新入社員(当時24)が昨年末に自殺したのは、長時間の過重労働が原因だったとして労災が認められた。遺族と代理人弁護士が7日、記者会見して明らかにした。電通では1991年にも入社2年目の男性社員が長時間労働が原因で自殺し、遺族が起こした裁判で最高裁が会社側の責任を認定。過労自殺で会社の責任を認める司法判断の流れをつくった。その電通で、若手社員の過労自殺が繰り返された。

 亡くなったのは、入社1年目だった高橋まつりさん。三田労働基準監督署(東京)が労災認定した。認定は9月30日付。

 高橋さんは東大文学部を卒業後、昨年4月に電通に入社。インターネット広告を担当するデジタル・アカウント部に配属された。代理人弁護士によると、10月以降に業務が大幅に増え、労基署が認定した高橋さんの1カ月(10月9日~11月7日)の時間外労働は約105時間にのぼった。
161010_2
 高橋さんは昨年12月25日、住んでいた都内の電通の女子寮で自殺。その前から、SNSで「死にたい」などのメッセージを同僚・友人らに送っていた。三田労基署は「仕事量が著しく増加し、時間外労働も大幅に増える状況になった」と認定し、心理的負荷による精神障害で過労自殺に至ったと結論づけた。

 電通は先月、インターネット広告業務で不正な取引があり、広告主に代金の過大請求を繰り返していたと発表した。担当部署が恒常的な人手不足に陥っていたと説明し、「現場を理解して人員配置すべきだった」として経営に責任があるとしていた。高橋さんが所属していたのも、ネット広告業務を扱う部署だった。

 電通は00年の最高裁判決以降、社員の出退勤時間の管理を徹底するなどとしていたが、過労自殺の再発を防げなかった。代理人弁護士によると、電通は労基署に届け出た時間外労働の上限を超えないように、「勤務状況報告書」を作成するよう社員に指導していたという。電通は「社員の自殺については厳粛に受け止めている。労災認定については内容を把握していないので、コメントは差し控える」としている。(千葉卓朗)


161010sns
 高橋さんが亡くなる前にSNSに行ったとされる書き込みや、記者会見に臨むお母さんを見ていると、無念の涙を抑えることができない。

◆この件については、既にあちこちで紹介・論評がなされているが、私なりに思うことを何点か書いておきたい。

①25年前にも若者の過労自殺を発生させながら、今回再び同様の事件を引き起こした電通の責任の重大性
 電通では、1991年にも入社2年目の24歳の男性社員が過労自殺し、両親が民事訴訟を起こし、東京地裁(平成8年3月28日原告勝訴判決)→東京高裁(平成9年9月26日原告一部勝訴判決)→最高裁(平成12年3月24日原告敗訴部分破棄差戻し判決)→東京高裁(平成12年6月23日和解成立)、という経過をたどった。
 この和解において、電通は遺族に謝罪し、過失相殺なしの賠償金全額を遺族に支払い、同社はその後労働時間管理を徹底しているとされていた。
 しかし、今回の事例も、膨大な仕事量と長時間労働によって高橋さんは精神障害を発症し、過労自殺に至っている。
 広告業界の最大手で日本の代表的な企業でありながら、25年後に再び同様の過労自殺事件を引き起こした電通の責任は、極めて重大というほかない。
161010_3
②前回の事件以降、多数の裁判例や認定基準の制定・改定、過労死防止法や大綱の制定が行われてきたにもかかわらず本件の発生を防止できなかったことの痛恨さ
 1988年の「過労死110番」開設以降、全国の過労死遺族や弁護団が、上記の裁判を含めた多数の過労死・過労自殺の労災認定を求める裁判や企業責任を追及する裁判などに取り組み、過労死・過労自殺の労災認定基準の改正や勝訴判決を積み重ねてきた。また、2010年から過労死を防止する法律の制定運動に取り組み、2014年6月「過労死等防止対策推進法」(過労死防止法)が制定され、2015年7月には「過労死等防止対策大綱」が閣議決定されるなど、過労死防止に向けた取り組みが本格的に始まっている。
 その間、「日本海庄や」や「ワタミ」での過労死・過労自殺事件が社会的な批判を浴びてきたが、それに追い討ちをかけるような今回の過労自殺の発生は、痛恨の極みである。
 このことは、法律や大綱ができただけで過労死・過労自殺がなくなることはなく、日本社会全体を変えていかなければならないことを示している。

③高校・大学等での過労死問題や自らを守るワークルールについての教育の重要性
 上記にも関連するが、高橋さんは東大文学部を卒業して電通に就職したのであるが、これまで高校や大学で、過労死・過労自殺についての知識や、自らを守るワークルールについてしっかりと学ぶ場を与えられていたら、違った結果になっていたのではないかと思わずにいられない。
 前回の過労死事件が発生したときは、高橋さんはまだ生まれていなかった。その後の25年間で、彼女が過労死の恐ろしさを学び、自らの働き方を問う教育、また職場で過労死を防止できるだけの啓発が行われていたら、彼女は自ら助けを求め、また周囲が彼女を救うことができたかもしれない。
 今年の秋以降、全国の高校等で過労死防止とワークルールについての啓発授業が一定の予算措置を伴って行われていくことになっている。このような悲しい事件が、今度こそ最後になるよう、私も力を尽くしていきたいと思う次第である。

 ※画像は上から、
 ① 高橋まつりさんの写真(ニュース報道より)
 ②・③ 高橋さんの過労自殺の労災認定を報じた朝日新聞記事(2016・10・8付)
 ④ 高橋さんの死亡前のSNSの書き込み(毎日新聞より)
 ⑤ 高橋さんの両親と川人博弁護士の記者会見

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2016年10月 8日 (土)

No.296 国が初めて「過労死白書」を作成し公表──過労死防止のために活用を

 昨日10月7日、厚労省は過労死の実態や防止策の実施状況などを報告する「平成28年版 過労死等防止対策白書」(過労死白書)を初めてまとめ、公表した。
161007

 これは、2014年11月に施行された過労死等防止対策推進法(過労死防止法)第6条が、「政府は、毎年、国会に、我が国における過労死等の概要及び政府が過労死等の防止のために講じた施策の状況に関する報告書を提出しなければならない。」と定めたことを受けて、これから毎年作成されるもの(法定白書)であり、同法7条に基づいて昨年2015年7月24日に閣議決定された過労死防止対策大綱と並んで、国の過労死防止対策の推進力になっていくものである。

 過労死白書は、その「概要」と「本文」のいずれも、厚労省のサイトで閲覧・ダウンロードすることができる。
161007_2

 今回の白書(全280ページ)は、初めての報告であることから、「第1章 過労死等の現状」に続いて「第2章 過労死等防止対策推進法の制定」、「第3章 過労死等の防止のための対策に関する大綱の策定」について詳しく説明している。

 そのうえで、「第4章 過労死等の防止のための対策の実施状況」として、①調査研究、②啓発、③相談体制の整備等、④民間団体の支援の4つの過労死防止対策の到達点を報告している。
 最後に、末尾の資料編には、関係法令等や関係指針・通達等も掲載されている。

 大綱が教科書とすれば、この白書はその副読本のようなものだといえよう。

 この白書の作成に当たっては、過労死遺族や私たち過労死防止全国センターのメンバーも加わった過労死等防止対策推進協議会でも議論がなされ、私たちも積極的に意見を述べた。

 また、今回の白書には12の「コラム」が掲載されているが、以下の8つは、私たち過労死弁護団全国連絡会議、全国過労死を考える家族の会、過労死防止全国センターのメンバーが書いたものである。
161007_3

<コラム1> 「過労死110 番」から始まった過労死の救済・予防の取組(72ページ)
<コラム2> 励まし合い、社会に過労死問題を訴えてきた四半世紀 ~全国過労死を考える家族の会の歴史と活動~(73ページ)
<コラム3> 過労死防止法の制定にかけた過労死遺族たちの思い(76ページ)
<コラム4> 各地の過労死家族の会の紹介(87ページ)(今回は北海道、東北、大阪の会が紹介)
<コラム6> スタートした過労死防止学会(95ページ)
<コラム10> 第2回過労死等防止啓発月間、過労死防止シンポジウムが全国各地で多彩に開かれる(124ページ)
<コラム11> 過労死遺児交流会(かいじゅうの会)(125ページ)
<コラム12> 各地の過労死等防止対策センターの紹介(127ページ)(今回は全国センターと兵庫センターが紹介)

 この過労死白書が、多くの国民の皆さんに読まれ、話し合われ、活用されることを願っている。

 奇しくも同じ昨日、広告大手の電通に入社してわずか8か月で自殺した女性新入社員の過労死が労災認定されたことの記者会見がなされた(労災認定は9月30日付)。
 電通では、1991年にも入社2年目の男性社員が長時間労働が原因で自殺し、遺族が起こした民事訴訟で最高裁が下した判決が使用者の過労死を防止する安全配慮義務を認めた(最高裁平成12年3月24日判決)。この最高裁判決から15年が過ぎたが、電通は過労死の再発を防げなかった。
 このことは、まだまだ過労死を防止するのは容易ではないことを示している。

 今回の過労死白書の公表を受け、過労死の防止と救済に、いっそう力を尽くしていきたい。

 ※画像1・2枚目は、過労死白書の「概要」から、3枚目は過労死遺族の記者会見(毎日新聞より)


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

無料ブログはココログ