2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

« No.295 「絶望の中でも希望を」──アニメ「君の名は。」人気の理由 | トップページ | No.297 25年後に再び電通で若者が過労自殺──企業責任の重さと過労死防止の喫緊性 »

2016年10月 8日 (土)

No.296 国が初めて「過労死白書」を作成し公表──過労死防止のために活用を

 昨日10月7日、厚労省は過労死の実態や防止策の実施状況などを報告する「平成28年版 過労死等防止対策白書」(過労死白書)を初めてまとめ、公表した。
161007

 これは、2014年11月に施行された過労死等防止対策推進法(過労死防止法)第6条が、「政府は、毎年、国会に、我が国における過労死等の概要及び政府が過労死等の防止のために講じた施策の状況に関する報告書を提出しなければならない。」と定めたことを受けて、これから毎年作成されるもの(法定白書)であり、同法7条に基づいて昨年2015年7月24日に閣議決定された過労死防止対策大綱と並んで、国の過労死防止対策の推進力になっていくものである。

 過労死白書は、その「概要」と「本文」のいずれも、厚労省のサイトで閲覧・ダウンロードすることができる。
161007_2

 今回の白書(全280ページ)は、初めての報告であることから、「第1章 過労死等の現状」に続いて「第2章 過労死等防止対策推進法の制定」、「第3章 過労死等の防止のための対策に関する大綱の策定」について詳しく説明している。

 そのうえで、「第4章 過労死等の防止のための対策の実施状況」として、①調査研究、②啓発、③相談体制の整備等、④民間団体の支援の4つの過労死防止対策の到達点を報告している。
 最後に、末尾の資料編には、関係法令等や関係指針・通達等も掲載されている。

 大綱が教科書とすれば、この白書はその副読本のようなものだといえよう。

 この白書の作成に当たっては、過労死遺族や私たち過労死防止全国センターのメンバーも加わった過労死等防止対策推進協議会でも議論がなされ、私たちも積極的に意見を述べた。

 また、今回の白書には12の「コラム」が掲載されているが、以下の8つは、私たち過労死弁護団全国連絡会議、全国過労死を考える家族の会、過労死防止全国センターのメンバーが書いたものである。
161007_3

<コラム1> 「過労死110 番」から始まった過労死の救済・予防の取組(72ページ)
<コラム2> 励まし合い、社会に過労死問題を訴えてきた四半世紀 ~全国過労死を考える家族の会の歴史と活動~(73ページ)
<コラム3> 過労死防止法の制定にかけた過労死遺族たちの思い(76ページ)
<コラム4> 各地の過労死家族の会の紹介(87ページ)(今回は北海道、東北、大阪の会が紹介)
<コラム6> スタートした過労死防止学会(95ページ)
<コラム10> 第2回過労死等防止啓発月間、過労死防止シンポジウムが全国各地で多彩に開かれる(124ページ)
<コラム11> 過労死遺児交流会(かいじゅうの会)(125ページ)
<コラム12> 各地の過労死等防止対策センターの紹介(127ページ)(今回は全国センターと兵庫センターが紹介)

 この過労死白書が、多くの国民の皆さんに読まれ、話し合われ、活用されることを願っている。

 奇しくも同じ昨日、広告大手の電通に入社してわずか8か月で自殺した女性新入社員の過労死が労災認定されたことの記者会見がなされた(労災認定は9月30日付)。
 電通では、1991年にも入社2年目の男性社員が長時間労働が原因で自殺し、遺族が起こした民事訴訟で最高裁が下した判決が使用者の過労死を防止する安全配慮義務を認めた(最高裁平成12年3月24日判決)。この最高裁判決から15年が過ぎたが、電通は過労死の再発を防げなかった。
 このことは、まだまだ過労死を防止するのは容易ではないことを示している。

 今回の過労死白書の公表を受け、過労死の防止と救済に、いっそう力を尽くしていきたい。

 ※画像1・2枚目は、過労死白書の「概要」から、3枚目は過労死遺族の記者会見(毎日新聞より)


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.295 「絶望の中でも希望を」──アニメ「君の名は。」人気の理由 | トップページ | No.297 25年後に再び電通で若者が過労自殺──企業責任の重さと過労死防止の喫緊性 »

3-6 過労死等防止対策推進法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/64315811

この記事へのトラックバック一覧です: No.296 国が初めて「過労死白書」を作成し公表──過労死防止のために活用を:

« No.295 「絶望の中でも希望を」──アニメ「君の名は。」人気の理由 | トップページ | No.297 25年後に再び電通で若者が過労自殺──企業責任の重さと過労死防止の喫緊性 »

無料ブログはココログ