2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

« No.306 観客を飽きさせない、シックな歌声と知的な語り──小椋佳コンサート | トップページ | No.308 誇らしい3人の過労死事件「卒業生」たち »

2017年1月11日 (水)

No.307 初めての過労死防止啓発授業で高校に行ってきました

1701102img_2776
 1月10日夕方、過労死防止法に基づき、教育活動における啓発として今年度から始まった高校等での啓発授業に、過労死遺族である小池江利さんと2人で行ってきた。

 授業をしたのは、大阪府和泉市にある大阪府立和泉総合高校の定時制課程。昼間働きながら勉強し、この春卒業して本格的に働く予定の3,4年生約40人に、視聴覚教室で授業をした。
 教室に入っていくとき、「こんばんわ!」と声をかけると、「こんばんわ!」と大きな声で返してくれた。
1701103img_2778
 最初に、小池さんが約20分間、介護老人福祉施設で事務の仕事をしていた夫が、長時間労働の末に過労死した事例について話した。最初、少しざわついたり私語をしていた生徒たちも、だんだん真剣に聴き入るようになり、特に、父を失った小池さんの3人の子どもたちの手記やブログの一部を読み上げたときは、シーンと静まり返った。
1701101img_2774
 続いて、私が約40分間、「仕事に命を奪われないために」と題して、スライド(パワーポイント)を使って講義をした。

 できるだけ具体的な事例を話そうと、小池さんの件を含めて5件の過労死・過労自殺の事例を紹介したうえで、「過労死の悲しみと損失」「過労死はなぜ起こる?」「どんな働き方をしたら過労死する?」「過労死の労災認定と雇用主の責任」「過労死から自分を守るには」といったことについて話した。
 先に小池さんが自らの辛い経験を話した後だったこともあり、生徒たちはとても熱心に聴いてくれた。
170110
 私が最後に、
「命より大切な仕事はありません。
 生きるための仕事であり、仕事のために生きるのではありません。
 あなたの周りには、あなたが守りたい人がおり、また、あなたを守りたい人がいます。
 現在認められている労働者の権利は最初からあったのではなく、歴史の中で闘いとられてきたものです。
1701103img_2787
 過労死・過労自殺は、決して個人の問題ではありません。国、社会全体の問題なのです。
 あなたも社会の一員として、過労死等がなく、仕事と生活を調和させ、健康で充実して働き続けることのできる社会をともに作っていきましょう。」
と述べて話を締めくくると、生徒たちは拍手をしてくれた。
1701102img_2784
 限られた時間での駆け足の授業ではあったが、本格的に社会に出て働く予定の若い人たちに、過労死するような働き方をしてはいけないというメッセージを伝えることはできただろうか。
 終了後、今回の啓発授業を準備してくれた清水先生、山野教頭先生、加納准校長先生にご挨拶をして、すっかり暗くなった学校を後にした。
1701101img_2792


         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« No.306 観客を飽きさせない、シックな歌声と知的な語り──小椋佳コンサート | トップページ | No.308 誇らしい3人の過労死事件「卒業生」たち »

1-2 法教育・出張授業」カテゴリの記事

3-1 働き方・過労死一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/64748838

この記事へのトラックバック一覧です: No.307 初めての過労死防止啓発授業で高校に行ってきました:

« No.306 観客を飽きさせない、シックな歌声と知的な語り──小椋佳コンサート | トップページ | No.308 誇らしい3人の過労死事件「卒業生」たち »

無料ブログはココログ