2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« №335 軍隊が市民に銃を向ける恐怖──韓国映画「タクシー運転手」を観て | トップページ | №337 熱気あふれた札幌での過労死防止学会第4回大会 »

2018年5月19日 (土)

No.336 「歩くだけダイエット」に挑戦中!

 私は身長が177㎝ほどで、体重は25歳頃までは50㎏台半ばだったのが、その後徐々に増え始め、ここ10年ほどは70㎏台半ばで推移していた。
 ところが、ここ半年ほどは80㎏超(!)という前代未聞の数字になってしまった。原因は、加齢による新陳代謝の減少、食事やアルコールの節制の不十分(少しは努力しているが‥‥)であることは自分でもわかっているが(一昨年6月に「RI○AP」での減量に失敗した挫折感が影響しているという説もある(笑))、ちゃんとした運動ができていない私にとって、何かよい策がないか悩んでいた。
1805172
 そんなとき、3月24日(土)にあった欠陥住宅関西ネットの総会でゲストとして記念講演をしてくださった須藤桂一さん(マンションの大規模修繕についてのコンサルティング業務をしている株式会社シーアイピーの代表取締役)が、総会後の懇親会で、両足首に装着した「アンクルウェイト」を披露して、「歩くだけダイエット」を紹介してくださったのである。
180519
 アンクルウェイトとは、ウォーキングやランニングの際に足首に装着して負荷をかけるための「おもり」である。
 私は、「これはいい!」と直感し、その場でスマホで、アンクルウェイトと須藤さんの「歩くだけダイエット」という本をアマゾンに注文し、それが届いた3月28日から装着し始めたのである(なお、須藤さんの本を見ると、須藤さんにアンクルウェイトの使用を申し出た人には、アンクルウェイトをプレゼントしてくれることになっていたようであるが、それを知らず、ちょっと惜しいことをした(笑))。
 最初は片方1.5㎏のものを付けたが、4月下旬から片方2㎏のものにした。

 須藤さんがおっしゃるように、これだったらそこそこ続けられるような気がする。
 難点は、
①装着するのを忘れて自宅を出てしまうことが時々あること
②装着中ズボンの裾から見えることがあること(最初は事務所の人たちに、「ズボンの下にジャージを履いていて、それが見えている」と思われたようである)
③家や職場にいる間ずっと付けておくと足がだるくなったり痛くなったりすること、である。

 付け始めて2か月近く経った。まだ体重の数字に効果は表れていないが、下半身に心地よい疲労感があり、何となく足腰が強くなった気がする。
 須藤さんの本によれば、直ちに目立った効果が出るわけではなく、数か月後から、少しずつではあるが着実に効果が出てくるとのことである。
 だから、しばらくはこのまま継続してみたいと思っている。
 半年か1年後くらいに、結果報告の記事を書きたい(沈黙している場合は、途中で挫折してしまったと考えて、深く追及しないでください)。

 ※画像は上から
 ①私が購入したアンクルウェイト(上が片方2.0㎏、下が片方1.5㎏)
 ②須藤桂一さんの本

         ↓   ↓   ↓  

♪ここまで読んで下さった方は・・・ワンクリックしていただけたらとっても嬉しく、励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« №335 軍隊が市民に銃を向ける恐怖──韓国映画「タクシー運転手」を観て | トップページ | №337 熱気あふれた札幌での過労死防止学会第4回大会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573062/66736620

この記事へのトラックバック一覧です: No.336 「歩くだけダイエット」に挑戦中!:

« №335 軍隊が市民に銃を向ける恐怖──韓国映画「タクシー運転手」を観て | トップページ | №337 熱気あふれた札幌での過労死防止学会第4回大会 »

無料ブログはココログ